« 後立山:爺が岳・鹿島槍・五竜岳 その1 | トップページ | 飛騨:焼岳 »

2009年11月20日 (金)

後立山: 爺が岳・鹿島槍・五竜岳 その2

2日目 キレット小屋から五竜岳を目指す。そして、遠見尾根から下りる。

昨日のH氏とは遠見尾根のどこかで2時半頃落ち合う予定。

山小屋では当然だが、朝飯をしっかりとおかわりし、ゆっくりと出発する。

124
いきなり気の抜けない鎖場や足場。

雲海の上に、鹿島と五竜を結ぶ稜線が連なる。剣岳もしっかりと照らされている。

129_2

134
口ノ沢のコルで少し休憩。

140

五竜岳がかなり近づいた。ここからが核心部。

142

G5G4の通過など高所恐怖症や技能不足は否定できない。

149 154 158

しかし、五竜への登りは得意だ。対向者は10人ぐらい、トレランさんもいた。
168

五龍岳頂上では景観も一変。

172 174

白馬三山方面に後立山連峰は延びていく。思わず長居したくなるわけだ。
ずっと同行のふたり連れともようやく落ち着いて話す。しまった、名前を聞くのを忘れていた。

191

五竜岳の下りってこんなに気が抜けなかったとは。
H氏との待ち合わせ時刻を考えると急がねばならない。
でも黄紅葉も綺麗でデジカメりつつ下る。

199 210 216 217

西遠見から大遠見ではないのは青空だけ。

220 226

そこで蛭川氏に会い、あとはブルーベリなどをつまみつつゆっくりと下る。

237
ゴンドラ駅周辺でもこんなに綺麗だから、観光客も多いわけだ。

ゴンドラで下りた後、白馬の展望風呂に寄る。
そして神城のカントリーロードで、上手すぎるピザと野菜と明太と椎茸を。
H氏の人脈と情報網とその本当に贅沢な生活に驚く。 30千歩。

|

« 後立山:爺が岳・鹿島槍・五竜岳 その1 | トップページ | 飛騨:焼岳 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後立山: 爺が岳・鹿島槍・五竜岳 その2:

« 後立山:爺が岳・鹿島槍・五竜岳 その1 | トップページ | 飛騨:焼岳 »