« 2010年 あいさつ | トップページ | 香港:覚え書き »

2010年1月 4日 (月)

三河:三ヶ根山

新年最初の山歩きは定例山行である。
単族の自分には貴重なひとときである。
『麗人街カヌー倶楽部』の例会。
もとはカヌー仲間なので、初漕ぎが正当。
いつの頃からか山歩きになり、何年もそのまま。
御在所方面まで出たのは遠い昔のことだ。
ここ数年は近場でお茶を濁す程度の歩きで、満腹になっている。
最初、西尾茶臼山へ向かったがそうなると三年連続になる。
茶々が入り、三ヶ根山に変更。
なるほど誰もが登ってはいるが、山歩きした自覚はない。

001

【山行日】 2010年1月2日(土)
【山 域】 三河:三ヶ根山
【天 候】 曇り 冷たい風が吹き付ける
【形 態】 ピストン 構成員はH君、N君、自分
【コース】 市境、深溝登山口出発11:30--16:00帰着

JR三ヶ根駅付近のコンビニで準備し、ラブホの近くから取り付く。
指示表示がなければとてもわからない登山口だ。
踏みあとはあるがほとんどヤブコギに近い。

先頭は図体のでかいH君に任せる。
昔はピラニア・マスターに乗っていた。ブーム消滅前に上手く売却。

貧しい少年時代、蛇を捕まえては売り、小遣いとしていた。

次にN君が続く。
まじめな彼は遊びカヌーが興じて国体選手になってしまった。

アホな大学生相手の仕事に疲れ、働く農業青年に転職した。

ふたりの露払いを得て後ろを楽に歩く自分。
ノアAQという安定性だけの艇を所有し、向上心がないのは現在も同じ。
すると前の二人がよけた伸び放題の笹や巻いた枝のバチン攻撃を受ける。

支尾根に上がると明瞭な踏みあとが現れる。
しかし、倒木が多くて何度も迂回する。
大きい木が倒れているが、根の張りは表面だけである。
根こそぎといっても、べらっとカツラがめくれたような感じだ。
ススキの原で展望が開ける。
観光地として有名なこの山だが、結構、自然も豊かだ。

N君が小学校2年生の頃、親に連れてきてもらった話をする。
「ふもとからロープウェイに乗ったことを覚えている」とも。
とても信じられない話である。
ふもとというのは蒲郡、形原だ。
東京中心に考えると
「昔、新婚旅行は熱海・伊東で、金持ちが蒲郡、その後、大分や沖縄になった」
だから、全国的な観光地だったわけだ。
「そういえば、猿ヶ島とかウサギ島というのもあった」
「そこなら行ったことがある。よく覚えている」
そんな何十年も昔の話をしながら上がっていくとコンクリートにぶつかった。

002

「何だこれ」
「出たあ、これだこれ」

003

それは、まぎれもなくロープウェイ駅の廃墟、遺跡だった。
建造物は所々壊れ草木が繁茂しているが、面影を残している。
終点のコンクリートゲートの間から町と海の展望が開ける。
昔、ロープウェイで上がったときは思わず歓声があがったことだろう。

006

我々のハイキングはここから、ハイキョング(廃墟ング)へと転向する。
他の遺物を求めて草むらをかきわける。
ワイヤーロープが少しとか、一升瓶が何本も埋もれている。
つぶれた飯盒が転がっている。
コンクリートが張られ手すりがあるから展望台なのかも。

007

まだ、山頂を踏んでいない、どこだ。
しかし、ここで立派な車道が現れ、車が走っていく。
これがこの山の特徴なのだ。
ふもとから山を貫いて三ヶ根スカイラインが走っている。
車で安易にあがれる山は観光地になり、登山道は廃れ、自然は残る。

ハイキョングの前に次に現れたのは宗教(?)施設である。
日の丸がはためき、線香の煙がたちこめる。
何十年も前の現実。ゼロ戦のプロペラ他、碑や塔が林立する。
家族連れがたくさん参っている。

009 010 008 012

駐車場の大きさ他に驚嘆しつつ、次を目指す。

すると道沿いに
「しっかり見てね」と媚びをうる獲物がいた。

013_2 016 019

・・・。

廃墟を堪能したからいいようなものの、山頂は未踏だ。

高い位置の電波塔を目指し、車道をさらに歩いていく。
再び広い駐車場が現れる。
このスカイラインは展望台ほか結構な許容量を誇っている。

老夫婦が食事をしている背後に水飲み場があった。

024_2

なんとも至れりつくせりだが、水は止めてあった。
表示も何もないが、ここが最高点だろう。

道なりに進むと下る一方で、広くてよい道の先にこれがあった。

025 027

自分の初詣は結果としてここになってしまった。

|

« 2010年 あいさつ | トップページ | 香港:覚え書き »

山歩き:愛知(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三河:三ヶ根山:

« 2010年 あいさつ | トップページ | 香港:覚え書き »