« 映画『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 映画『イエロー・ハンカチーフ』 »

2010年6月27日 (日)

山歩き:猿投山その4 梅雨の切れ間

山歩き:猿投山その4 梅雨の切れ間

今週もしっかりと梅雨で、身体がなまる。
でも運良く、切れ間があった。
足元が悪くてもとにかく出かけることが一番。

27_006

【山行日】2010年6月27日(日)
【山 域】地元:猿投山
【天 候】雨のち曇り時々晴れのち雷雨 
【形 態】一部周回、往復、単族、軽装
【コース】猿投山登山者駐車場
 出発11:15--11:30御門杉--11:49東屋--直道--12:15分岐--東宮--
 12:30頂上12:35--12:44分岐--西宮--13:17東屋--13:32御門杉--13:47着

今日も体調はいまいち、湿度も高いので短いコースとする。
雨の中でも、傘をさしながらでも、歩くことが肝要。
猿投山は結構深い樹林帯に覆われているので、雨も直接あたらない。
足元だけは、充分を越えて川となった部分もある。
それでも、浸透していく部分の方がずっと多い。
自然の山なんだなあ、と思う。
朝方まで残ると言われた雨が、早くに上がったので車が多い。
ランニング組だけでなく一般登山者も入っている。
今日も、栂の大木の林立を眺めながらを中心とする。

27_009

先回の写真を見ても背景の木が結構、大木と気が付く。

それぞれの大木の、根元から1.3㍍部分の胸囲は、直径1㍍以上ある。

大木の根元には、以前、誰かの祀った痕跡がある。

27_005 27_011

これは、ササユリか。

27_013

最後、東の覗きからは雨間の展望が広がった。

27_015

駐車場に着いたら、再び雨が降り始めたから、運が良かった。

来週も、遠くへは無理だし、ここでもう少し歩けたらいいなあ。

|

« 映画『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 映画『イエロー・ハンカチーフ』 »

山歩き:愛知(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山歩き:猿投山その4 梅雨の切れ間:

« 映画『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』 | トップページ | 映画『イエロー・ハンカチーフ』 »