« 映画『死にゆく妻との旅路』 | トップページ | 映画『シリアスマン』 »

2011年3月14日 (月)

うめき:天災と人災

『天災と人災』

東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)において、
被災者の方々ならびに関係者の方々には、
心からお見舞いを申し上げます。
被害に遭われた方々のご無事と
一日も早い復興を心からお祈りいたします。

地震、津波という自然の猛威の前に、
人間のなんと弱いことか。

一方で、福島原発の事故はどうか。
これこそ、この大災害時に火に油を注ぐ人災ではないか。

スリーマイル島やチェルノブイリの被災から、
「まだまにあうなら」ということで反原発運動が起こった。
当時も今も、人間の力では原発も廃棄物処理もコントロールできない。
それが分かっていたからこそ、反原発だった。

いくら反対しても原発を止められない。
身体を張って必死に反対しても、その声は届かなかった。
聞く耳を持たない輩には、何をやっても駄目だった。
でも、必死に反対する人々の存在が、
多少なりとも原発推進へのブレーキになっていた、と思いたい。
恐ろしい原発を少しでも安全に管理させる力になっていた。

でも、事故が起きてしまったら、全てがむなしい。
最悪の事態を起こさないための、反対運動だった。
事故が起きたことは、
反原発運動を行ってきた人々にとっても、大敗北なのだ。

人間の想像力というのは、本当にみすぼらしい。
東日本の災害を、テレビの向こうのものとして見ている。
東海地方に住む者なら、
いつでも自分たちの身に起こりうることなのに、
どこかで他人事としている。
それは、中部電力の浜岡原発への対応で明らかなことだ。
福島の原発以上に危険な要素があるのに、
それすら、すぐに止めろとも、止めようともしない。
そして、
政府も電力会社も、テレビやラジオのマスコミも学者達も、
決して正しい情報を言わない。
嘘も方便?いつまで?

電力会社は言うだろう。
みなさんが使うなら、不便にならないように電気を供給します、と。
確かに今や電気のない生活は考えられない。
でも我々は、電気をふんだんに使う生活を望んでいるのだろうか。
例えば今日、関東で東京電力が、
計画節電を呼びかけたらどうなったか。
予想以上の節電で電気が余り、電力会社が困ってしまった、という事実。

自分たちの生活規模はいくらでも変えようがある、と思う。
できないなら、そこで知恵を働かせ、次の行動を考えよう。
贅沢と欲望のおもむくままでは決してないし、
そんな風にしむける経済政策には、強く反対したい。

原発事故とか戦争は、人間が起こすものだ。
自然に起きるものでないかぎり、人間の手で必ずや止められる。
そう、思いたい。

|

« 映画『死にゆく妻との旅路』 | トップページ | 映画『シリアスマン』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ 2007年7月24日
http://www.jcp-fukushima-pref.jp/seisaku/2007/20070724_02.html

福島原発はチリ級津波が発生した際には機器冷却海水の取水が出来なくなることが、すでに明らかになっている。これは原子炉が停止されても炉心に蓄積された核分裂生成物質による崩壊熱を除去する必要があり、この機器冷却系が働かなければ、最悪の場合、冷却材喪失による苛酷事故に至る危険がある。そのため私たちは、その対策を講じるように求めてきたが、東電はこれを拒否してきた。
 柏崎刈羽原発での深刻な事態から真摯に教訓を引き出し、津波による引き潮時の冷却水取水問題に抜本的対策をとるよう強く求める。

投稿: 情報 | 2011年3月14日 (月) 19時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288679/39227131

この記事へのトラックバック一覧です: うめき:天災と人災:

« 映画『死にゆく妻との旅路』 | トップページ | 映画『シリアスマン』 »