« 豪州:菜の花畑とBoyagin Rock | トップページ | 映画『レイン・オブ・アサシン』 »

2011年9月 7日 (水)

戯れ言:撮影は機材か場所か?

戯れ言:撮影は機材か場所か?

「ブログに載ってる写真、きれいだね」って言われた。

ありがとうごぜえます、冗談でもうれしい。

でもそれは・・・

撮影の腕前があるのではなくて、きれいな場所に行ったから。
そう、きれいな写真を撮ろうと思ったら、きれいな場所に行けばいい。
そこでなら、だれが撮ってもきれいな写真が撮れると思う。
対象がいいから、カメラは選ばない。普通に撮れればいい。
個人で楽しむのや、ブログでならそれで十分だと思う。

以上で回答は終了。

114

以下はどうでもいい話。

オーストラリアに行く前に愛用のカメラを壊してしまった。
コニカミノルタDiMAGE X60でなんということもない普通のデジカメだ。
有効画素数が約500万というのも今の水準では低い。
焦点距離は35ミリフィルム換算で38ミリ(~114ミリ)相当だから、狭角なのか。
修理に出そうにも、元の会社がソニーに取り込まれてしまい存在しない。
初めてのデジカメではなかったが、初めてよく使ったデジカメなので愛着は大きい。
2005年8月、オーストラリアに初めて行く直前に購入していたのは、因縁か。

数年後に、広角で望遠の大きいのが欲しくなりルミックスDMC-TZ3を購入した。
山歩きや海外で今でもしっかりと活躍しているが、なにせ重いのが困る。

コニカミノルタの後継として購入したのは、ルミックスFH-5。
有効画素数は1610万で広角28ミリ(~112ミリ)だ。
TZ-3が720万画素の広角28ミリ(~280ミリ)だから上級なのか?
いいえ、TZ-3の半額以下のお手頃価格だから、安物の部類。
撮った画像を見比べても、気のせいか、ぐっと落ちる感じがする。

110

このようにカメラを画素数や焦点距離だけで比べているのは、自分が素人だから。
はっきり言うと詳しいことや細かいことは何も分かっていない。
購入の目安は、カメラを手にとった時に、使いやすいかどうかだけ。
手にしっくりおさまって、価格が安ければそれで納得だ。
なぜならスナップ写真しか撮らないから。
風景や草花、動くもの、建物などどれもが通りすがりにカシャッと撮るだけ。
三脚でじっくり構図を決めてなどという面倒なことは一切しない。
どんなものでもお気軽簡単お任せモードなのだ。
しかも撮る枚数は最低限のみ。
いつまでも昔のフィルムカメラの感覚だから必要最小限しか撮らない。
帰ってきてからパソコンに取り込んで見直すのも大変だ。

世はカメラ女子も出て、一眼レフ・高級デジカメの時代らしい。
街や山で会う人も結構、高級なカメラを持って撮りまくっている。
ブログやホームページでその良さが味わえないのが素人の目で見ても惜しい。
でも、基本はあくまで、対象だと思う。

145

ど素人が少し生意気を書いた。

|

« 豪州:菜の花畑とBoyagin Rock | トップページ | 映画『レイン・オブ・アサシン』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288679/41558457

この記事へのトラックバック一覧です: 戯れ言:撮影は機材か場所か?:

« 豪州:菜の花畑とBoyagin Rock | トップページ | 映画『レイン・オブ・アサシン』 »