« 山歩き:夏、屈辱の御嶽(黒沢口) | トップページ | 山歩き:猿投山、真夏のヤブコギ »

2012年8月 5日 (日)

山歩き:夏の大川入山

山歩き:夏の大川入山

暑い日が続く。
遠出のはずが、寝坊してしまった。
かつてはよく来た山、今の自分にはどうか。

004

【山行日】2012年8月5日(日)
【山 域】南信濃:治部坂
【天 候】晴れのち曇り
【形 態】往復 単族 軽装準急
【コース】治部坂高原駐車場
 登山口8:11--8:56横岳--9:47最低鞍部--10:19山頂10:42--
--10:58最低鞍部--11:42横岳--12:18登山口

足助から稲武を抜け、根羽、平谷を過ぎると治部坂峠。
木曽山脈、恵那山からもっと南へ下った所にある。
歩き易さ、展望では恵那山よりいい。ずっといい。
交通の便も、治部坂峠というか高原からすぐに歩き出せる。
ただ標高は1908㍍なので、この季節では少し辛い。

近くの保養施設が私有地を主張してか、登山口表示は大きい。
登山道の整備も行き届いていてとても大切にされていることがわかる。

001

歩き出しはがらがらに崩れた、元舗装されていたらしい道。

002

雨後は川になり整備が追いつかないのにきちんと手が入っている。

沢にかかる橋を渡ると尾根へ取り付く道になる。

支尾根に出るとおびただしい根っこの道になる。

003

雨後など滑りやすくて注意だが、今日はすたすた上がれる。
回り込むようにトラバすると猿が多い所だが、今日はいない。
一部崩れやすいところにはロープがかかる道を上がる。

一瞬、右側に開け、その先に三角錐の美しい大川入山が姿を現す。

004_2

あと少し先へ進み、緩やかになると横岳に出る。

横岳は、大川入山の長い南尾根の末端の山という感じ。
展望も何もなく、なぜ横岳かと悩むが、よい休憩地になっている。

005

ここからは(かつては)快適な稜線尾根歩き、だった。
尾根は明るく、左右に展望が開けていた。
しかし今は、樹木もササものびて展望は期待できない。

少しの高低差をもったコブをいくつもいくつも越えていく。
カラマツとササの中、きちんと整備された道を歩く。

006

ずんずん下るようになると最低鞍部で、緑が濃い。

007

鞍部からは上りが少しきつくなる。

ササがきちんと刈られているのでかつての歩きにくさはない。

009 010

笹原に出るとぐわんと展望が開けていいが、足も上がらなくなる。

ゆっくりゆっくり高みをめざしてがまんする。

012

少し開けたところにぽんと出ると、そこが山頂であっけない。

東西に展望が開けるが、今日はあいにくガスが出てきていた。

016 017

北から東へ、あららぎ高原へ道は続くがここでやめ。
恵那山もガスで見えなかった。

日陰のない山頂では長居もできず、そうそうに戻る。

021

なんともあっけない山歩きだったが、下りもながいことだし。
そもそも今朝、2時間も寝坊してしまって急遽ここへ来た。
山の引き出しが少ないので、ここしか思い浮かばなかった。
愛知県の山を中心に歩いていた時、ここはきつい山だった。
久しぶりに来てもそれは同じ、でも往復だけではさみしい。
あららぎ高原まで縦走すると、足の手配が難しい。
それ以上に、この季節は虫が多い。

026

暑くはなかったが、太陽が顔を出すとじりじりときた。
歩いていて今日も調子は出ず、きつかった。
暑い季節に無理は禁物、本当にそう思う。

|

« 山歩き:夏、屈辱の御嶽(黒沢口) | トップページ | 山歩き:猿投山、真夏のヤブコギ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

 大川入山と恩田大川入山をセットにして、春に登ったことがある所です。(2年ほど前だったかと) その時と比べても、道標が新しくなったり、道がよく整備されていたりと行き届いていますね。
 以前登った時には生憎の曇り空だったので、また雪の被った時期の晴天にでも狙って登りたいと思っています。 しかし、ここの最後の登り道の気持ちよさは抜群ですねぇ。 先日登ってきた北アルプスでも、気温はそれほどでもなかったのですが太陽の照りつけにやられて途中退場となってしまったので、この季節は(というか今年は?)直射日光に注意ですね。

投稿: おど | 2012年8月 6日 (月) 10時26分

大川入山の最後の登り?ではなくて、頂からの下りで見られる景色がいいですね。最近、暑い中での上りはアップアップで苦しくていけません。そこが、元気なおどさんとの大きな差です。
ところでおどさんは休暇で裏銀座とか、針ノ木~烏帽子~でしたか。レポアップを楽しみにしています。

投稿: 本人 | 2012年8月 6日 (月) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山歩き:夏の大川入山:

« 山歩き:夏、屈辱の御嶽(黒沢口) | トップページ | 山歩き:猿投山、真夏のヤブコギ »