« 日記:パリにいる自分?その1 | トップページ | 日記:パリにいる自分?その3 »

2013年8月 6日 (火)

日記:パリにいる自分? その2

日記:パリにいる自分? その2

美術の教科書や画集、美術全集を見るのが好きだ。
美術館でいろんな絵をみるのも好きだ。
『美の巨人』は大好きなテレビ番組のひとつ。
雑多に詰め込まれたそんな知識でなんの不満もなかった。
まさかホンモノを目の前にするなんて。
えっ、これってあそこで見ていたのだ。
なんだ、あれらはみんなここにあったのか。

おフランス花のパリで、自分に驚いている。
子どものころ評判になっていた絵が目の前にある。

6_208_2

ユトリロ。

最近はほとんど騒がれることがないけど、
日本での展覧会は人気があり結構もりあがっていた。
あれは音楽や芸能界なんかである日本限定の人気?
たとえばジャズ?のサム・テイラーとか!
毎年来日公演する日本在住の外国生まれの方とか。

パリで博物館や美術館をめぐるときとても役立つものがある。
「パリ ミュージアム パス」
それぞれの場所で入場券(10ユーロぐらい)を購入してもいいのだが、
チケットの購入で窓口に並ぶと待ち時間がとても長い。
それだけで1時間以上待たされることもある。
これは2日券32ユーロ、4日券48ユーロ、6日券64ユーロ。
値段は張るが、こんな便利なものはない。
数日間滞在して美術館めぐりだったら絶対お得。
ただ、月の第一日曜日だけは一般無料開放日になっている。
パリ滞在中には、これが重なったので悩んだ。
最初は6日券の予定だったが、はじめの日が例の事件でつぶれた。
でも結局、木金土日の曜日の4日券に決めた。
実質3日券みたいだが、その選択しかなかった。
エッフェル塔や一部のものを除いて有名どころをほぼ網羅している。

最初に向かったのがポンピドー近代美術館。

6_157_2

パリの中心でメトロを降り、コンパスで方角を確かめて行く。
あまりに道迷いが多いので、ヤブコギ用コンパスの出番だ。
距離感はつかめないが方角を間違えなければなんとかなる。
しかし、なんとここでも道迷い。
有名なところだから標識があって、それにも従ったのに。
そう、肝心のこれが違っていた。

6_158_2

美術館はまるで反対の方向、誰かが曲げたのだ。
地元パリ市民にとっては誰もがわかってることかもしれないが、
観光客に対してこれはひどい、早く直せ、怒り。

ここで例のパス、チケットを購入する。
簡単に買えると思ったら、対応がもたもたで、あらまあ。
どうなってるんだ、この地は。
でも作品の鑑賞に入ると、あっこれ知ってる。
えっ、撮影も許されている、なんで?

6_154_2

6_153

これはロンドンでもそう、ただナショナルギャラリーは駄目だったけど。
ぐるい回って、外を見て、まあ満足して外へ出る。
やはり有名な美術館はそれなりに充実している。

次は、観覧が一日ではとても無理のここ。

6_255_2

ルーブル美術館。

これはすごい、建物がでかいし人間がはんぱでない。
チケット売り場も人だかり。
パスを購入していてホントよかった。

日本語版の場内案内図で計画をたてる。
しかしこれはもう、あまりの規模、順路もないからお手上げ。
とにかく近いところからせめていく。

6_167_2

結局、ここへは日を変えて三回くる。
今日は途中で切り上げ。

パスを持ってる安心感と、本当に行きたい所にいけるかという焦燥感。
となると、地理道順からここに。

6_173_2

オルセー美術館。

ここも日を変えて三回寄ったが、これは満足しての再訪というやつ。

他の有名どころでは、ここの入場もできた。

6_183_2

ここの大きさは百聞は一見に如かず、かな。
昔見た映画で、ここを飛行機で通り抜けていたが、でかい。
交差点道路の中央にでんと構えている。
どうやってあそこに行くのか?
道路を歩いて渡るのはだめ、地下通路を使う。
ここでもチケット売り場に長い行列ができていた。
そんな行列を横目に、狭い階段を上がっていく。
近くで見上げると、また感慨は大きい。

6_192_2

6_193_2

内部に入り、屋上へも行ける。
この階段が狭くて急なのは、観光目的で作られたものではないから。
トイレだってこんなにたくさんの観光客に対して、ひとつ。

6_190_2

6_186_2

屋上からの眺めはさすがにいい。

交差する道路の中心だから、道路はすべて広がって伸びていく。
道路は平行ではなく、狭角30度。

そんなパリで確かめたいことがあった。

というわけで、つづく・・・。

|

« 日記:パリにいる自分?その1 | トップページ | 日記:パリにいる自分?その3 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288679/52772493

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:パリにいる自分? その2:

« 日記:パリにいる自分?その1 | トップページ | 日記:パリにいる自分?その3 »