« 映画『奇跡の2000マイル』 | トップページ | 映画『群青色の、とおり道』 »

2015年7月24日 (金)

山歩き:燕岳デビュー

山歩き:燕岳デビュー

山の週間天気というのは変りやすいもので、予定していてもがっかりすることが多い。
明日こそはと意気込んでいたら急転、落ち込み、何気なく他の山の天気を見る。
ほう、あの方面ならなんとかもちそうなんだ、ということで当該地区の山を調べる。
車移動と登山で日帰りが可能なのは・・・燕岳、人気の山なのが少し不安。
Dsc06546_3

【山行日】2015年7月22日(水)    
【山 域】飛騨山脈:燕岳、中房温泉
【天 候】晴れ時々曇りのち雨
【形 態】往復 単族 中装
【コース】中房・燕岳登山口第1駐車場、起点
P5:50--6:05登山口--6:42第2ベンチ--7:45合戦小屋7:51--8:45燕山荘9:00--
--9:25燕岳9:51--10:10燕山荘10:20--10:46合戦小屋10:52--
--11:43第2ベンチ--12:13登山口--12:22P

平日とはいえ人気の山なので駐車場が心配、歩き始めも朝早くがいいだろう。
ということで逆算すると、高速利用で4時間だから、家を1時半に出発する。
深夜の東名・中央道はともに静かで、PAで駐車している車両だけは多かった。
予定通り順調に進み、安曇野あたりで常念山脈にモルゲンロートが見られた。
Dsc06448_2

天気はまだ大丈夫、ただ駐車場までの10キロの道がとても時間がかかった。
有明荘周辺から駐車車両が増えたが、第1Pには幸運にも数台の空きがあった。

駐車場から10分ほど歩くと中房・燕岳登山口で、立派なトイレや休憩所がある。
Dsc06452_2

すでに何人もの人が食事をしたり、準備をしたりで、にぎわっている。
登山口も間違えようがないので、さっさと入っていく、出発。

樹林帯の薄暗く湿っぽい中を登山道はジグザグに上がっていく。
木の根っこの張り出しが多くて、人工の階段とともに足場になっている。
Dsc06453_2

少しカラフルな装備の二人連れや、仲間連れが目立つのはどこでも同じか。
道はよく整備されていて、ベンチなど休憩場所も随所適所にあり、よく利用されている。
Dsc06456

さすがに標高があるので暑さを感じることもなくどんどん上がっていく。
枝尾根に上がり足元の影を見ると、自分の身体から後光がさしている。
Dsc06454_2

まいったな、また仏に近づいたか。
この山の登山道は東斜面にあるので樹林帯に関係なく朝日をしっかりと浴びる。
まだ帽子をかぶるほどではないので、首だけ手ぬぐいで覆う。

平日の登山道だから人は多くはないが、朝早くから下りて来る人にどんどん会う。
Dsc06463_2

Dsc06477_2

樹間からは時々、谷を隔てた向こうの山並みが見える。
Dsc06472_2

歩いたことのない山脈で、大天井岳とか常念岳という名前を知っているだけ。
でもまあそんな美しい山姿を垣間見るだけでも気がまぎれていい。

少し開けてきて確かな尾根にのると、合戦小屋に着いた。
Dsc06481_2

小屋といっても峠の休憩茶屋みたいなもので、休んでいる人が多い。
朝からずっとひっきりなしに聞こえていたヘリコプター音はここではなかった。
Dsc06487_2

汗でびっしょりとぬれた手ぬぐいをここで交換して、先へ進む。

道は徐々になだらかになり、樹木が低くなって視界が広がるようになる。
Dsc06495_2

ガスがところどころで湧き上がるが天気はまだ上々、抜けた青空は気分がいい。
左右に後ろに、ずっと遠くまで景色が見えるが、山座特定はとても難しい。
やがて尾根の山腹をトラバースしながら進む道の傍らに花畑が見られるようになる。
Dsc06503_2

Dsc06519_2

そして前方の行き着く先の崖上に立派な砦のような山荘が見えた。
Dsc06501_2

ただ目的地が見えていても距離はあり、なかなか近づかない。
少し進むと、山荘から右手の稜線上には特異な岩石峰が連なり、見事なものだ。
Dsc06511_2

なるほど、求められるものがきちんとそろっている、人気の山になるわけだ。

そんな間も、下山する人の途切れる事はなく、みなさん満足して帰っていく。
Dsc06517_2

Dsc06518_2

Dsc06520_2

昨日も今朝も素晴らしい天気だったそうだ。

花畑の上方には大きく手をふり、泊まった人に声をかけて見送るスタッフの姿があった。
Dsc06522_2


稜線の鞍部に出ると、前方にはとにかく雄大な景観が広がった。
Dsc06527_2

飛騨山脈の北部の山々で、裏銀座とかなんとか呼ばれているのが眼前にある。
そこは、燕山荘と燕岳の分岐にもなっていて、山の交差点でもある。

まずは要塞のような燕山荘の広場に上がり、景色を楽しむことにしよう。
Dsc06529_2

Dsc06531_2

泊まった人を送り出して、次の仕事の前のほんの少しの休息を過ごす燕山荘スタッフ。
Dsc06533_2

それにしても眺めのよい場所で、周囲にある岩の造形も面白い。
Dsc06539_2

人気の縦走コース、表銀座の始まりだけすこし見ることにする。
Dsc06542_2

さて次は、燕岳山頂を目指すとしよう。
Dsc06546_4

小屋どまりで軽い荷物しか持たない人も多いが、通りすがりの自分は来たままに進む。
山頂までは1キロ、ざーっと見ただけで、石庭のようなこの稜線の見所の多さがわかる。
ガイドブックや雑誌でみたことのある名前の付いた岩をいくつみつけられるだろうか。
花崗岩の白いざれた道をたらたらと進む。

白砂の斜面にはピンクのコマクサが一面にまばらに咲いている。
Dsc06553_2

へえ、これがイルカ岩、らしい。
Dsc06556_2

燕山荘のすぐ南にもよく似た岩があったけど、目と口が違うのだろうか。

先へ進むと、屏風に二つ穴が開いたような岩がある。
この穴から向こうを臨むような構図が面白そうだけど、岩に上がるのは禁止らしい。
Dsc06617_2

平板に撮るが、傍らには過去の文字の彫り後が生々しい。

踏み跡は千千に乱れるが、なんやかや燕岳山頂にむかっているらしい。
Dsc06560_2

Dsc06564_2

Dsc06554_2

遠くから見てるともっと分かりやすかったが、幾重にも岩が重なっていた。
Dsc06574_2

Dsc06573

回り込んで、岩の間を通り、高みを目指して上がっていく。
Dsc06579_2

山頂には先客がふたり、ずっと前を歩いていた大阪のおねえさんもいた。
Dsc06580_2

話を聞いていると、テレビで放映中の田中陽希の話題が出た。

見てはいないが、百名山一筆書きの人であり、現在二百名山に挑戦中なのだと。
だからその内、彼はここ燕岳に来ることになる。
その時、燕岳がどうして百名山に選ばれなかったか明らかになるかもしれない、だって。
ふーん、じゃあ今日、下山後、あまりこだわりのない俺が、先に意見を提示しておこう(後述)。

ふたりが去り、自分ひとり、ここでゆっくり昼食を取る。
Dsc06592_2

それにしても見渡す限りとはよく言ったもので、360度、見事な展望なこと。

北側に続く稜線が荒々しくも美しく、北燕岳が指し呼の位置にある。
Dsc06586_2

Dsc06588_3

当初はそこへも行く予定だったが、面倒くさくなってしまった。
往復1時間はかかりそうだし、天気も気になる、と都合のよい理由をいっぱい考える。

ふと下を見ると、あらまあ、雷鳥さんじゃあーりませんか。
Dsc06596_2

母は子をしっかりと見張りながら、ゆったりと歩いていった。
Dsc06603_2

さてと再び山頂に戻り、荷を整えたら、帰ることにしよう。
山頂から稜線を通してむこう燕山荘へ続く眺めもそれはそれでいい。
Dsc06590_3

ぽつりぽつりと、小屋泊まりの山頂散歩組の人に会う。
Dsc06567_2

Dsc06618_2

それにしても砦と見間違えた燕山荘だが、こうやって見るとそれ以上だ、威容で異様。
Dsc06611_3

まさしく現代日本版マチャピチュ遺跡ではないか。

彼は満足のいく写真が撮れただろうか。
Dsc06612_2

山の交差点でもう一度、雄大な景色を見ながら、他の人と山座を特定する。
Dsc06607

裏銀座コースは以前、フォッサマグナ縦走の時に歩いているからよく分かる。
Dsc06633_2

ガスがどんどん上がってきてあきらめかけていた時、その山頂が一度も見えなかった山が見えた。
すぐ目の前の山で、近すぎて、でもだれもが知っている山だ。
Dsc06634_2

再びすぐにガスに覆われて、てっぺんが隠れると、特徴のない山になってしまった。

なんかようやく踏ん切りがついたようで、ガスとともに下り始める。
Dsc06635_2

合戦尾根はなだらかな歩きやすい道で、足にやさしい。
Dsc06644_2

ガスがかかる前はずっと日差しが強かったようで、日射病手前の方もちらほら。
Dsc06645_2

これで足元に気をつけて下っていけば、と思っていたら大間違いだった。

まだ登ってくる人がいて、すれ違いに気をつけなければならなかった。
まあ下りの分、こちらには余裕があって、その都度、よい休憩になる。
しかし、20人以上の中高年団体が2組、その次に、学校登山で中学生150名。
Dsc06650_2

Dsc06653_2

もっと元気で威勢のいい男子高校生が分かれて3組、そしてその後ろにはJKの一団が。
Dsc06662_2

さすがに人気のある山だとは思うが。
それ以上に、天気が悪くなるのがわかっていても予定を変えられずに入山するみなさん。
いろんな都合や事情があり、北ア入門コースも大切なんでしょうが、ご苦労様です。
早朝、ひっきりなしに荷揚げのヘリコプターが飛んでいたのも必然だな。
合戦小屋のスイカはケーブルで引き上げているらしいが、なんともはや。
それでも一個体の八分の一のスイカ片は、一切れ八百円でどんどん食されている。
そんなことを少し考えたりしていると、ぱらぱらと雨が降り出した。
天気は下り坂、午前中すらもたなかったことになる。
自分としては、よみはあたったことになる。
整備されていても雨で濡れるとすべりやすい道なので、慎重に下る。

下山後、折角なので中房温泉の立ち寄り湯に入っていく。
昔、家族で一般客として訪れたとき、登山者ではないので断られたことがある。
今は、駐車場まで用意して、門戸を広げているらしい。
家への帰り、高速道路は高いのでケチって一般道を使用、眠くてとても辛い6時間だった。

Dsc06550

付録「燕岳はどうして百名山に選ばれなかったか」俺の私見

 だいたい、ふもとから見ても、標高も山姿も目立つ山ではない。
花崗岩の特徴のある山頂は見事だが、空木岳や甲斐駒が岳、鳳凰山、南駒が岳がある。
百名山に選ばれなかった(二百名山だが)から騒がれている部分が大きい。

それは優れた特徴をアピールする営業努力を続けたことで、選ばれなかった弱点を強調したこと。
その特徴とは、ふもとに温泉、途中に休憩小屋、稜線の花畑、頂上周辺の連峰の美しさなど。
Dsc06566

 以上だが、この山を歩いていてよく似た山とそのコースを思い出した。
それは、白山の平瀬道コース。途中の休憩小屋を除けばほとんど同じ特徴になる。
しかも、それぞれを対で比較すると、すべてにおいて白山平瀬道が勝っている。
もちろん、白山平瀬道も人気のコースだから何の文句を付けられるいわれもない。
 ということで、結論。
燕岳が逆に選ばれていたら、凡百な百名山として今日の人気はなかったのではないか。
Dsc06570


|

« 映画『奇跡の2000マイル』 | トップページ | 映画『群青色の、とおり道』 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

燕岳は、どこかで2年前に登りましたが、また行ってみたい所ですね。 餓鬼岳へのピストンを以前から計画していますが、中々実行に踏み出せません・・・。
しかし、昼には下山ですか・・・。 天気が持てば山頂でゆっくり出来たと思いますが、天気が下り坂ではそれも出来ませんね。 何れにしても、この季節は朝一番が勝負ですね。

投稿: おど | 2015年7月25日 (土) 11時58分

おどさん ごぶさたしています。いつもコメントありがとうございます。
貴殿におかれましては幅広く、順調に、軽快に各地を歩かれているのはよく存じております。
計画も目白押しなんでしょうか。山行日が少なくて苛立っているんでしょうか。
ただこの時季は、熱中症対策もあって無理は禁物ですね。
早朝発で歩き出し、午後に入らない程度で切り上げる、と。
雷雨ほか、突然の気候変動には十分注意したいものです。

投稿: 本人 | 2015年7月26日 (日) 17時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山歩き:燕岳デビュー:

« 映画『奇跡の2000マイル』 | トップページ | 映画『群青色の、とおり道』 »