« 山歩き:ウクレレ・サミットin西茶 | トップページ | 日記:ゴダールが観られて幸せだが »

2016年2月 2日 (火)

日記:西茶の里に卵塊、クヌギコンダ

日記:西茶の里に卵塊、クヌギコンダ

春が確実に近づいている日の里山歩き。
西尾いきものふれあいの里ではヤマアカガエルの卵塊が見られた。
西尾茶臼山の小茶臼への道ではクヌギコンダが待ち構えていた。
Dsc09397

【山行日】2016年1月31日(日)    
【山 域】三河(西尾・幸田):西尾茶臼山、いきものふれあいの里
【天 候】晴れ
【形 態】周回 単族 軽装  
【コース】平原の滝北駐車場 起点、いきものふれあいの里
P12:35--12:50展望台--西支尾根--13:12反P--13:28小茶臼鞍部--
--城跡--13:38南茶臼山13:59--14:16山頂--西稜線道--14:38P
--14:51西尾いきものふれあいの里15:27--

昼を過ぎた日曜日の西尾茶臼山、駐車している車は多い。

いつもにぎわっているカラオケの前を通り過ぎ、少し行ってから今日は右折する。
Dsc09419

手前にキャンプ場の案内標識があるから右折の道はそこへ行くような錯覚あり。

最初だけ幅広い道はすぐに堰堤にぶつかって行き止まりになる。

左、尾根の芯に上がって上っていく。

枝っぷりがいいというか、根の張り方が豪華というか。
Dsc09398

すぐにニセ木造コンクリートの203展望台に着く。
Dsc09399

ここは東屋や展望台というより出雲大社のあの歴史上の社殿を真似たのかもしれない。

それなりの展望が開けて気分はいい。
Dsc09400

ここからは西の一般稜線道を進み、途中から支尾根に入り反対側Pへ向かう。

その日の気分によっていくらでもコースを選べるのが里山のいいところ。

反対側Pから小茶臼の鞍部にむけて上がっていくと少しびっくり。
Dsc09405

これは、この前来たときには分からなかった。

その時に気がつかなかったのか、ほんの数日の間に仕掛けられたものなのか。
クヌギの枯れ落ちた枝に細工を施していて結構太い蛇様なのでクヌギコンダ。
鞍部にあがるまで少なくても3頭はいた感じ。

猿投山では朴の大きな葉に切れ込みを入れた作品があった。
最近はこんなのが方々で流行っている感じ。
あまりに自然に手を加えすぎるのはまずいと思うが、遊び心は面白い。

一方、この道は右手の細い沢沿いにあるのだが、沢には堰堤が連続している。
Dsc09406

ほんの2~30メートルの間隔で頑丈なコンクリートの堰堤が並んでいる。
沢の流れはほとんどなく、ちょろちょろと水が流れているだけ。
かつて、こんな目立たない所に巨額の工事費を注ぎ込んでいた時代があった。
その時の工事用の道の跡が今歩いている道なんだろうな。
Dsc09410


いつもの休憩場所、南茶臼へ来ると先客があった。
Dsc09414

誰もが考える事は同じだから仕方がない、少しはなれたところで休む。
Dsc09416

帰りは山頂を通り、西一般稜線道で戻る。


その後、西尾いきものふれあいの里に寄る。
Dsc09431

つい数日前にも気になって行った。
冬から春に向けてのこの時季、いきものの動向がいろいろ探れるよい場所なのだ。
こちらも訪れる人は多い。

4日前にはアレはまだだったが、その後、しっかりと雨が降った。
その雨の後だから、なんか期待できそうな気分。
Dsc09429

少しずつ近づいていくがどうもアレはなさそうな感じ。
Dsc09434

と、あきらめていたらさもありなん。

あまり多くはないがしっかりと方々にあった。
Dsc09439

ヤマアカガエルの卵塊。

産み出されてからほんの数日のはずなのに、もうだれっとしている。

でも今年も着実にDNAが受け継がれていっている、安心の世代交代。

こちらもここでしばらく一服する。
Dsc09446

次はヒキガエルだけどどうかな。
昨年は4月に入っても産卵がなく、その後は来なかったので確認できなかった。
センターの人の話では、わずかだが産卵の確認はできたそうな。
Dsc09444

|

« 山歩き:ウクレレ・サミットin西茶 | トップページ | 日記:ゴダールが観られて幸せだが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1288679/63763562

この記事へのトラックバック一覧です: 日記:西茶の里に卵塊、クヌギコンダ:

« 山歩き:ウクレレ・サミットin西茶 | トップページ | 日記:ゴダールが観られて幸せだが »