« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月25日 (月)

山歩き:石山神社から五井山・宮路山

山歩き:石山神社から五井山・宮路山

冬の日だまりハイクは少し距離が伸ばせ、時間も手頃な蒲郡の山へ。
気温は高くてもう春、ただ冷たい寒風が強く吹きぬけた。
人気の定番コースで人が多いなか、同行の士がいてびっくり。
Dsc04365

【山行日】2019年2月23日(土)    
【山 域】三河(蒲郡):五井山、宮路山
【天 候】晴れ時々曇り、冷たくて強い風
【形 態】往復 単族 軽装  
【コース】石山神社周辺の駐車地 起点
P11:35--12:02天満宮--12:30五井山12:38--13:24宮路山13:30--
--14:16五井山14:31--14:50天満宮--15:10P

冬の山歩きは日だまりハイクのみ、自宅から近い山でお茶をにごす。
西尾茶臼山、万灯山がほとんどで、午後から山歩きなので猿投山は遠い。
自宅から猿投山と五井山はほぼ同じ距離、なのに所要時間は半分になる。

23号線バイパスのお陰で、その便利さは高速道路を使っている感じ。
ただ道の空白を埋めるために石山神社周辺の地域は工事真っ最中。
それを知ってからもう2年、様子伺いを兼ねて訪れる。

さらに空き地がなくなり、駐車地に戸惑うがなんとか駐車。
大きな石山神社さんにしばらくお世話になる。
Dsc04352

Dsc04353

それにしてもバイパス工事、急ピッチで進められているんだろうけど。
Dsc04354

Dsc04357

駐車地から神社経由で住宅地の脇を通り抜け、登山口へと急な車道が続く。
里山の末端に入り、歩を進めて、林道をふたつやりすごす。
五井山の長い西尾根に取り付くと、単調で急な上りになる。

踏み跡がしっかりしてきているのは利用者が多いということか。
旧三河湾スカイラインに出る手前で右手の天満宮に寄る。
水が出ていない、ただここからの眺めはほっとする。
Dsc04359


すぐにスカイラインの側道を通り、トンネルを抜けて再び尾根道に取り付く。
Dsc04360

途中、樹間越しに展望のひらけるところがいいアクセントになる。

急な印象があったが普通に歩きやすい道で、どんどん高度を稼ぐ。
Dsc04361

いくつかのニセピークにがっくりしつつも、少し下るとぽんと車道に飛び出す。

パラグライダーだったかハングライダーかの飛び出すところ。
当然、眺めはよい。
Dsc04362

そしてすぐに五井山に着く。

それまで単独の世界なので、ここに来るといつもそのギャップに驚く。
Dsc04363

おそらく皆さん、宮路山方面から来たのではないか。

そして一部は地元の人で、国坂峠とか南の急斜面から来ていると思う。
Dsc04375

この眺望に優れた山頂でゆったりする人々を尻目に自分はトレーニング開始。

宮路山への縦走路を往復する。
山登りではなく、ほとんど普通の散歩感覚で歩けるのがいい。
だから足に負担をかけない忍び足ではなく、普通の大股歩きになる。

標高の高い五井山から低い宮路山へ向かうので、はじめは下りが多い。
途中、ちょっとしたコブを越えていく。
Dsc04366

宮路山に近づくとふたたび上りになる。
ここに出ると眼前に名鉄沿線の住宅地があらわれ、背後には鳥川の山。
Dsc04368

Dsc04369

すぐに宮路山へ。
Dsc04371

珍しく人が少ない。
ここも展望のいい山なので、豊橋方面をパチリ。
Dsc04370

少し休憩したら五井山に戻る。
この戻りの方が上りが多いので後半はきつくなる。
途中、先ほどまで五井山でくつろいでいた人々とすれ違う、当然だけど。

今日、はっきりわかったことがある。
宮路山圏は自然林が多くて緑色の世界であたたかい、ということ。
Dsc04372

逆に五井山圏はスギの植林帯が多く、風をもろに受けるので寒くて冷える。

そんなことを感じながらふたたび五井山へ。
すれ違う人を覚えていたのでもうこちらには人はいないはず、と。
正解だった、ただ新規の人がちょうど来ていて、すぐに立ち去った。

この時刻でもうひとりだけとは、寒風をさけつつたらりんこと休憩する。
Dsc04376

下りはひたすら下るのみ、ただなんとも急な坂だこと。

ふもとまで下りてきたら先ほどの人がいた。
こちらから五井山を往復する人を初めて見た、なんかうれしいな。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月20日 (水)

NZ山歩き:アバランチピーク再び

NZ山歩き:アバランチピーク再び

アバランチピーク(Avalanche Peak1833m)はアーサーズパスでおそらく一番人気の山。
その名のとおり山崩れやなだれが多そうな急峻な山でデイハイク対象として歩き応えがある。
6年前に憧れの山として登り、その充実感をふたたびと期待して挑む。
Dsc04061

【訪問日】2019年2月3日(日)    
【地 域】ニュージーランド南島:アーサーズパス
【天 候】 晴れ
【コース】スコッツ トラック(Scotts Track)往復
登山口10:10--11:45タソック帯--12:30合流点--12:37山頂12:50--
--13:00合流点--13:30タソック帯--14:40登山口

前回はDOC兼ビジターセンター裏のピークトラックから入山し、復路はスコッツトラック。
今回はざれた急登のピークトラックを敬遠し、眺めの良いスコッツトラック往復とする。
一応前回の教訓を踏まえ、そして現在の自分の体力や状態を考慮しての事。
Dsc04018

宿泊したアルパインモーテルから20分ほど峠に向かって歩き、登山口に来る。
Dsc04019

いきなりの急登だがすぐに落ち着き、よく整備された道を進んでいく。
Dsc04020

この季節、ニュージーランドは夏でしかも快晴の上天気、お日様が照りつける。
Dsc04021

帽子やサングラス、汗拭きタオルなどは必携品になる。

ガイドブックか何かに毎年2月の第一土曜日がアバランチピークチャレンジの日とあった。
この山を舞台にして、トレランレースが行われているらしい。
昨日がその日で朝早くからヘリコプターが飛びうるさかったけど、痕跡はなかったような。
土曜日の昨日、たくさんのハイカーがこの地に来ていたのは実感した。
今日も昨日以上に天気がいいので人が多いと思いきや、まだそんな感じではない。

樹林帯を大きくジグザグで上がる道は、時々すばらしい眺望も用意している。
Dsc04029

あの人気の滝も正面からしっかりと見られる。
Dsc04028

そしてロールストン山が昨日よりもぐっと近い位置からはっきりと見える。
Dsc04025

とにかく森林限界のタソック帯に出るまではひたすらがまんの歩きが続く。
Dsc04024

それにしても同好の士がいない、だれにも会わない。
昨日、垣間見たたくさんのハイカーの姿がどうして日曜日の今日はいないのか。

タソック帯に近づく最後の上りで、ようやく前方に人を認める。
Dsc04027

その人は、えっと何、もう下ってきた、ということは朝早くから登っていた!

さらに進んでいくと、自分と同じで上がっていく人がいる、なぜかほっとする。
Dsc04030

よく見るとその2人組は、昨日見た健脚の中国娘さんたち。
大きなリュックを背負い、手にも荷物を持って苦しそうにしている。
ペース配分のミスか、山に慣れていないのか、申し訳ないが抜かしていく。

タソック帯に出ると、ぐわんと景色が広がり、山頂方面が臨まれるようになる。
Dsc04032

少しの間だけ草原のやさしい歩きになる。
Dsc04037

すぐにざれた石ごろごろの急な上りになる。
この頃から、多くの下ってくるハイカーに会うようになる。
Dsc04033

そうか、時刻に左右されないウォーキングと違って、山歩きはこちらでも早出なんだ。
こちらのハイカーのスタイルを見、さらに大きくなるロールストン山を見て上がる。
それにしてもこの上がりがきつい。

下ってくる人には進んで道を譲るようになる。
Dsc04038

前方のピークは、合流点手前の大岩で、にせピーク。
Dsc04040

ずっと向こうのピークトラックも見えるが、タソック帯ではあちらが歩きやすそうだ。
Dsc04034

ふらふらしつつも、ようやく合流点手前の大岩にたどりつく。
Dsc04042

ここまで来ればあと少し、ほっとする。
そこからはピークトラックを歩くたくさんのハイカーの姿を見る。
先回自分がしたように、この山はピークトラックで入りスコッツトラックで下る、らしい。
さて、山頂までの最後の100m。
両側が切れ落ちた高度感のある岩場なので慎重に行く。

なんやかんやあったがなんとかもう一度この山頂に来れた。
Dsc04046

天気はいいし、同好の士が何人もいる、というのは単独よりもいいのではないか。

狭い山頂で一番大きな態度をとっているのがケアという鳥。
Dsc04043

油断も隙もない鳥らしいから、優しそうなふりをしながらも警戒は解かない。

この山域の山がすべて見られるというのはうれしいこと。
Dsc04051

Dsc04052

ロールストン山の青い氷河はこの山頂だからこそ見られるというもの。
Dsc04058

外国の山でそれなりに苦労して登った山というのは、とても満足感は大きい。

あとは無事に下ること。
Dsc04044

やはり疲れが足にきていたのであわてず慎重に下って行く。
Dsc04059

途中、中国娘に会うと辛そうだったが、あと少しと励ます。

スコッツトラックはよく整備されたいい道だと思ったが、疲れてくると厄介ではあった。
Dsc04062

とにかく6年ぶりに、ふたたび登れてひと安心。
ただ満足してしまって更なる登山意欲がどんどん消えていった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月16日 (土)

NZ山歩き:アーサーズパスで軽く歩く

NZ山歩き:アーサーズパスで軽く歩く

デヴィルズパンチボウルトラックはA4のNZウォーキング30選のひとつで人気のコース。
ドブソンネイチャウォークは峠近くの、自然観察中心の容易なコース。
それに少しの歩きで絶景眺望が得られるテンプルベイスントラックを加える。
Dsc03990

【訪問日】2019年2月2日(土)    
【地 域】ニュージーランド南島:アーサーズパス
【天 候】 晴れ
【コース】
デヴィルズパンチボウルウォーキングトラック(Devil's Punchbowl Walking Track)
ドブソンネイチャウォーク(Dobson Nature Walk)
テンプルベイスントラック(Temple Basin Track)

朝ビーリースパートラックの半分を歩き、日中はアーサーズパスのいくつかを歩く。
あまり歩くのが好きではない相方がそれなりにやる気になっている時はそれにあわせる。
とても天気の良い休日の土曜日という事もあってハイカーや観光客がとても多い。
ハイカーの多くは地元ニュージーランドの方であり、装備がいまいち軽いのが観光客。
ビーリー川河川敷のデヴィルズパンチボウルWTの大きな駐車場が起点になる。
Dsc03944

デヴィルズパンチボウルウォーキングトラックは距離は1km、時間は30分が目安。
急勾配のアーサーズパスの山々にはその切り立った地形から滝が多い。
そのなかでも車道73号線からでもはっきり見えるのがこの滝。
駐車場から近く、道もきちんと整備されているのでたくさんの人が気楽に踏み込む。
Dsc03936

ビーリー川の橋を渡ると正面に見えている大きな滝を目指していく。
Dsc03938

まるで問題のない道だが、階段の蹴り上げ幅というのが少し辛い。
体格があり足が長いNZの人向けなので、小柄なアジア人はその段差に悩む。

始めこそ元気よく気楽に進んでいくが、すぐにあごが上がり休憩する人が多い。
ある程度上るとトラバから下りになり、最後は展望台への上りになる。
水量が多くて豪快な滝からは水しぶきがかかる。

下りでは、樹間から垣間見える対岸の山姿に心奪われる。
Dsc03943

この地帯では標高の高い部類のロールストン山2275mで、美形だ。

途中、エイクン山1858mへの入山口がある。
Dsc03940

今見た滝の左岸を詰めたところの山で、登山道は急でとてもきつい。

次のドブソンNWへは車で移動して峠に近い駐車場に停める。
Dsc03949

車道脇のざれた道を歩き、道を横断してトラックに入る。
ドブソンネイチャウォークは距離750m、時間は15分。

いわゆる草木を観察する、山野草が好きな人にはたまらないコースだ。
Dsc03950

Dsc03955

Dsc03957

今の時季は夏で、少しずつ秋に入っていて枯れ始めている。

ジグザグにうまく造られた道を花がほとんどないのを悔やみながらゆったり歩いていく。

眺めはとてもいい。
Dsc03959

対岸というかむこうに見えているのがテンプルベイスンの道。

こちらの山歩きグループらしい老人たちとすれ違う。
Dsc03974

道はループだったが今は閉鎖され、往復になる。
Dsc03961

Dsc03962

Dsc03963_2

歩いていて気持ちがいいし、歩き足りない感じだったのでその先へ進む。
Dsc03973

レイクミゼリートラック(Lake Misery Track)で先に湿地帯が見えた。

これがなかなかいい雰囲気の池塘で、先へ進む。
Dsc03972

Dsc03967

その内、木道が冠水するようになったので引き返す。
Dsc03966

Dsc03969

コースがループだと無駄がないが、往復はどうしても不便な感じがする。

戻って、このコースに接続するアーサーズパスウォーキングトラックにも少し入る。
こちらのコースはデヴィルズパンチPからずっと来ている道で健脚さんが多いとみた。
紹介では距離3.4km、時間は80分、片道なので往復にするとそれなりになる。
脇目もふらずさっさと風のように歩き去っていく若い2人の中国娘。
帽子をかぶりそのスタイルからトレランのようだ。

ここで一旦休憩、この日の宿にチェックインする。
その後まだ日が長くて天気がいいので、自分だけで出る。
お気楽コースながら絶景が見られるというテンプルベイスン(往復3時間)へ。

アーサーズパスでこんな天気がいいのは初めて、でも紫外線がとても強そうだ。
お気楽歩きの最中も、首筋がひりひりしていた。
駐車場は、ドブソンNWと同じ場所。
夕方なので、駐車車輌はぐっと減っていた。

コースはドブソンの時に見えていた急斜面につけられたジグザグの道。
四輪駆動の大きな車ならがんがん上がっていけそうながらがら道。
それもそのはず、テンプルベイスンは冬にはスキー場になるところだ。

もう歩いている人はいないと思ったら、先行者がいた。
Dsc03977

石がごろごろがらがらの道はとても歩き辛い。

必死に歩くのだが、先行者との距離は少しも縮まらない。
Dsc03980

ふと見ると、道の脇にサングラスが落ちている。
そのままにしておいてもゴミになるので拾って一時の借り物にする。
おおいいじゃないか、紫外線をしっかり防御していて暑さがすこし和らぐ感じ。

単調な道をひいひいいいながら進む。
Dsc03987

ベンチで休んでいた人に落し物を尋ねても、違うとのこと。
きつい上りをひたすら進む。
もう少しで台地にあがるところで、デジカメろうとした。
すると、おおマイガッド、カメラがない。

素晴らしいという景色を撮りに来て、その道具を落としている。
先行者はいたが後続者はいない、もう上へ行くのはやめてとにかく探そう。
がっかりぐったりしつつも、必死にもどりながら探す。
やっぱり、サングラスを拾ったのがまずかった。
ただ心当たりのところまで来たら案の定ころがっていた。
Dsc03988

よかった、ほんとによかった。

ということでお気楽というテンプルベイスン。
ウソばっかりだわ、とてもきついコースだった。

その絶景はロールストン山が別の角度から見られた。
Dsc03983

トラブル発生であせったがなんとかなったのでよしよし吉田くんだな。
今日一日、時間的にはそれなりによく歩けたので満足。

夕方、アーサーズパス駅へ行く。
Dsc04014

Dsc03997

ちょうど貨物が停車していて、出発し、トンネルに入っていくのを見る。
Dsc04002

Dsc04005

Dsc04007

なんか、とても懐かしいながめだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月14日 (木)

NZ:ビーリースパー往復

NZ:ビーリースパー往復(Bealey Spur)

ビーリースパートラックはクライストチャーチからだとアーサーズパスへの入口にある。
正面にこれぞアーサーズパスという眺望と、山脈から流れ出る河川敷が雄大だ。
時間に制約があり、トラック中途のピークで折り返すが、雰囲気は充分に味わえた。
Dsc03922

【訪問日】2019年2月2日(土)    
【地 域】ニュージーランド南島:アーサーズパス
【天 候】 晴れ
【コース】ビーリースパートラック(Bealey Spur Track)
P6:45--6:55登山口--7:55ビーリースパー8:05--8:55登山口--9:00P

前日の昼にクライストチャーチで入国、夕方に宿のビーリーホテルに到着する。
レストランでの夕食の時間の制約で、一旦下見に出るが7時には戻る。
ただ夜の9時頃まで明るく、この時季に夏時間を採用しているのを実感する。

チェックアウトは朝10時なので、早朝の7時から入山、9時までに戻る計画。
このトラックの標準歩行時間は4時間なので中間点までの往復とする。

宿から73号線を少し走り、道路脇の指定された駐車場に入る(前日撮影)。
Dsc03900

ここから登山口までの500m、車道をずんずんと上がっていく、長い。

途中、周囲の山を見る、モルゲンロートというやつ。
Dsc03909

最初はかなり急な上りだがすぐに落ち着いた歩きになる(前日撮影)。
Dsc03903

ブナ林の根っこの多い道はよく整備されとても歩きやすい。
苔も繁茂し、これぞニュージーランドの森の山歩きだと感心し、感慨にふける。
また、ここに戻ってこれた。

なだらかな下りになると木道もあらわれ、足元に不安はない。
そこを過ぎるとずんずんと上がりに転じ、左手にすぱっと切れ落ちた深い谷が見え出す。
その向こうには朝日に照らされた大きな山塊があらわれる、雄大だ。
Dsc03912

Dsc03915

そちらに向かうわけではないが、何もないそこに登高意欲が刺激される。
Dsc03916

いつのまにか潅木帯に変わり、さらに上がっていくと稜線の歩きになる。
Dsc03917

Dsc03925

向かう先や左手に立派な山がずんと控えているのでまだ途上なのだが、ここでストップ。
Dsc03926

目印も何もないがこの周囲より少し高いところがビーリースパー921mらしい。

360度遮るもののない丘の上の景色。
Dsc03919

これぞ聞きしにまさるというやつ。
Dsc03923


先へは一度樹林帯に向けてぐんと下って行くと湿地帯になり池塘があるらしい。
Dsc03924

その先は再び上りに転じ、小屋がトラックの終点になる、1時間。
そこからヤブをしっかりと登ればピークに到達できるがさらに1~2時間かかるらしい。

時間のない計画に少し後悔しながら、この場所での休憩に喜びを覚える。
朝8時はまだ早い時間帯らしくガスや雲海が方々にあらわれている。
正面の左の谷がアーサーズ峠に向かう車道やデイハイクの拠点になる。
Dsc03918_2

少しあわてたがなんとかそれなりに歩けて安堵、下山にかかる。
Dsc03930

Dsc03929

なんと、シラタマも見られた。

登山口から駐車場に向けて別荘地の車道を下りて行く。
Dsc03931

そこで2組のハイカーに会う。
Dsc03932

そうか、これが一般的な山歩きの時間帯らしい。
自分もまだまだなんとか歩けそうだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »