« 山歩き:真西尾根から雨乞岳 | トップページ | 山歩き:北の島の山、利尻山へ »

2019年5月25日 (土)

山歩き:新緑の大川入山

山歩き:新緑の大川入山

ずっと天気がよくて気温は夏日を示す日々、初夏新緑の山を歩く。
三遠信の真ん中の山、眺めてよし登ってよし、しかもお手頃。
決してなめていたわけではないが、標高差などがきつく感じる。

Dsc05071

【山行日】2019年5月25日(土)    
【山 域】南信州:大川入山、阿智村
【天 候】晴れ、気温は夏日
【形 態】往復 単族 軽装
【コース】治部坂峠駐車場、起点
P8:18--8:22登山口--9:06横岳--9:57最低鞍部--10:32山頂10:55--
--11:15最低鞍部--12:04横岳--12:42登山口--P

どうしても行きたい山が思い浮かばない、となると過去ログが頼り。
鈴鹿方面を意識しつつも心そこにあらず、山の引出しが少ないと変な苦労をする。
心配は道路事情だけ、最近の153号線は休日、車列がずっと続く。

豊田市内はラグビーのワールドカップ関連で道路工事が方々で行われている。
工事や迂回路、広がった道にカーナビの地図がまったく追いつかない。
しかも困ったことに女子ゴルフの大会があって、シャトルバスがのそのそだわ。

ずっと続く車列は、稲武で一気に減って、少し安心。
ただ「根羽る!」や「平谷レジャーランド」「ひまわり」はバイク天国。
キャンピングカーや車中泊仕様の車もうんと増えている感じ。

世の中、政治に希望がまるでなく、残り少ない人生を趣味に生きる、てか。

高度感のある柳川橋を過ぎると新緑がてかる治部坂峠はすぐ。
峠の登山者用駐車場はほぼいっぱいのにぎわいで、先客の山ヤさんが準備している。
この立派ながら無料、しかも東屋付きには感心する、他でもこうだといいのに。

Dsc05059

もたもた準備して出発、車道を数分歩いていくと登山口に来る。

Dsc05061
そんなほんの5分くらいの歩きなのに、もう足が重たい感じ。
登山口からは舗装が崩れて荒れた道をよろよろとあがっていく。

水源になっている川にかかる橋をわたると登山道に取り付く。
穢れのある人はこの沢でしっかり清めてから入山するといい。
少しの上りで尾根に上がり、印象的な根っこの入り乱れた道になる。

Dsc05062

湿っていると滑って危ない道だが今日は安心、疲れないように足を運ぶ。
高度をあげるとあたり一面新緑があふれ、ジグザグの道を上がっていく。
ところどころ通行禁止のテープがあり、巻き道が切り開かれている。

道に穴があくなどして危険なので対応処置が取られ、よく整備されている。
ロープのかかった崩落箇所の巻き道からは右手遠くに大川入山がのぞまれる。

Dsc05090
上りが緩やかになってくると少し開けた広場のような横岳に着く。

Dsc05063

いつも静かな新緑の落葉松の世界。
ここまでが大川入山登山の三分割の前半で、地味で苦しい上り部分。

三分割の真ん中は長い尾根の稜線歩きでアップダウンを何度もくりかえす。

Dsc05064
十数個のコブのような小さなピークを越えて行く尾根歩き。
時々左右に展望が少しだけ開け、日光に照らされるが、日陰になる時間のほうがずっとながい。

深い谷をはさんでむこうに、長者峰や高嶺の稜線を見る。

Dsc05065
こちらの稜線は歩きやすい道で、森の中の遊歩道という雰囲気ではある。
あちらの道よりもコブが多い分、アップダウンが激しい。

尾根歩きの中盤後半は上り下りが長くなり、樹間からの展望もほとんどなくなる。
ただ落葉松の樹間のむこうに大川入山のラインがうっすらと見えてくると鞍部が近い。

Dsc05066
どんどん下がっていくと最低鞍部になり、少し右にねじれていく。

谷側に新緑の視界が開けるが、尾根のつなぎ目の不安定な部分である。

Dsc05085

大川入山登山三分割の残りは、斜度が急にあがりひたすら我慢ののぼりになる。

Dsc05069
暗い樹林帯の上りを少し我慢すると、開けて明るいところに出る。

Dsc05070
太陽の光も十分で、振り返れば蛇峠山と歩いてきた尾根が見える。

ここからは背後から強い日差しが照りつけるので日除けの帽子があるといい。
さらに斜度があがると笹原があらわれ、ぐんと展望が広がる。
この眼前・眼下の笹原の広がりがこの山というかこの山域の特徴。

Dsc05076_1

風に波打つ笹原はきれいな芝生のようだけど、本当はとても手強い。
少しむこうに見える禿げたようになだらかなラインが馬沢山なんだろう。
見る分には素敵な景色だから、急な上りの苦しさもまぎれるというもの。

山頂手前の低い潅木帯を回り込むように進むと山頂広場に着く。

Dsc05072
先客がくつろいだ感じで休んでいる。
手前のおねえさんなんか、「お疲れ様」って声をかけてくれる。
ありがたいことだ。

この山頂からの展望は見事で、木曽山脈の中心の山々にはまだ残雪が見える。

Dsc05074

とにかく休憩しよう、靴を脱いで、と。
今日ものどがひりひり、気温も高くて食欲はあまりなし。
どこでも湯をわかしてカップ麺をすする人は多いが、自分にはありえないこと。
そういう間にもどんどん人が上がってきて、逆に下っていく人もあり、よきにぎわい。

もう一度、周囲の展望を確かめて、下山とする。

少し足はだるいような、でも気持ちの良い下り道なので一気に行く。
この山の一番の眺望はこの下りのわずかな時間に集約されるので忘れずに。

Dsc05081

最低鞍部からの稜線歩きはふたたびアップダウンの繰り返し。

Dsc05087
上り返しに負担に感じれば、不調というか体力不足、疲れている証拠。
それは下りの足の裁き方にも関係する。
下りこそ自分のような者にはリスクが大きいので慎重に置き場を考えて行く。
引きずるように歩いていても、最低限の上げは必要で、怠るとずっこける。

長い下りの後、沢の水でお清めしたのは当然のこと。

Dsc05091

 

|

« 山歩き:真西尾根から雨乞岳 | トップページ | 山歩き:北の島の山、利尻山へ »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山歩き:真西尾根から雨乞岳 | トップページ | 山歩き:北の島の山、利尻山へ »