« 山歩き:北の島の山、利尻山へ | トップページ | 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 »

2019年7月 9日 (火)

山歩き:花の島、礼文島歩き

山歩き:花の島、礼文島歩き

花の島で有名な礼文島は、ハイキング対象としてはほぼ完璧な観光名所だった。
貴重な高山植物が咲き、稜線では視界が開け、歩道はとてもよく整備されている。
標高が低いので山歩きというよりは遊歩道、ただ人気の場所だけに人がとても多い。
山歩きやトレッキングの入門がここだと、老爺心ながら、その後のことが心配になる。

Dsc05353

【山行日】2019年6月23・24日(日・月)    
【山 域】北海道、礼文島
【天 候】23日曇り強風、24日晴れ
【形 態】周回とか往復 軽装
【コース】桃岩展望台コース、ゴロタ・スコトン岬めぐりコース
「桃岩展望台コース」約3時間、香深から登山口までは宿の送りで
 桃岩展望台--キンバイの谷--元地灯台--知床
そして「北のカナリアパーク」へ寄って、差閉バス停へ下りる
「ゴロタ・スコトン岬めぐりコース」約3時間、江戸屋バス停から
 ゴロタ岬へ往復、その後スコトン岬へ、その後は車道を江戸屋バス停へ

礼文島香深へは、利尻島鴛泊からフェリーで渡る。
わずか1日、離島するだけなのに、船の旅は情緒があっていい。

Dsc05328

Dsc05327
鴛泊9:20出港、フェリー2等料金は910円、香深には10:05着港。

観光バスやレンタカーなどは予約でいっぱいなので路線バスを利用する。
礼文島へのアクセスも含めて、計画段階でしっかり詰めておくことが大切。
ただ、気象条件その他でどんどん変化するのでむずかしい。

ガイドブックやパンフには「礼文島のお花畑を歩こう」と6コース紹介されている。
「桃岩展望台コース」「岬めぐりコース」「礼文林道コース」「礼文滝コース」
「久種湖畔コース」「8時間コース」
これらを参考にして、礼文島滞在時間から選んだのが上記の2コース。

スコトン岬往き路線バスが10:50なのでそれを利用する。
紹介では最初にスコトン岬まで行き、ゴロタ・澄海岬経由で江戸屋バス停へと縦走。
予定4時間コースに同行者が不安を覚え、江戸屋から逆走のショートカット歩きとする。

バスの乗客には数日、島に滞在してトレッキングしている人がいて、熱く語る。
なんでもいくつかのコースをほぼ歩いていて、その魅力にどんどんはまっている。
どこどこで会った人とはほかの場所でも会い、島の人との交流も楽しくて・・・と。

江戸前バス停で降りて、ゴロタ岬へは最初、ずっと車道を歩いていく。
途中から車道をそれて、かなり急な歩道を上がっていく。

Dsc05337
遠くに先行者が見え、周囲の雰囲気もいいので期待が深まる。

Dsc05341

ひとつの山に登った先がゴロタ岬らしい。

フェリーで一緒だった台湾からの観光客が仲間撮りで盛り上がっている。

Dsc05344
そこまでもその周囲も美しいお花畑、眺望360度で眼下には海、遠くに利尻山。

Dsc05345

振り返るといま来た道の先は、スコトン岬へと半島が続き、その向こうにトド島が見える。

Dsc05348

台湾の人たちのその先は、丘越えの稜線歩きのあと砂浜に下りて、澄海岬へと進む。

Dsc05353
それこそ絵に描いたような展望絶佳の海沿いの○○トレイル。
ニュージーランドや香港の人気のトレイルと比べてもまったく遜色ない。
ここから引き返す自分がなんとも情けなくて、悔しくて。

でもこれから向かうスコトン岬方面を見やると、まだ希望が持てた。

Dsc05363 Dsc05362

というのも、車道からそれたところに再びもどってきた時までだった。

Dsc05335
その後はといえば、もちろん道端はきれいなお花畑のこんな道。

Dsc05369
いろんな事情があったのかもしれないが・・・。

北の果ての集落に入り、車の喧騒のない道を進んでいく。

Dsc05375
どこの国や島でも、半島の先っぽというのはなぜか行ってみたくなるもの。

Dsc05377
来たぞ、先端。

Dsc05382
向こうにトド島を臨むスコトン岬に到る。

帰りは、観光バスも通る江戸屋山道はやめて、海沿いの道を歩く。

Dsc05388
ここでも一番の存在はカラスたちで、少しちょっかいを出したら倍々返しされる。
本当に、どんな猛禽類や野鳥でも集団カラスに対抗できるものはいるのだろうか。

Dsc05403

そんな観光礼文島の1日目の日は落ちる。

Dsc05409

次の日にはもう礼文島にさよならして、利尻島に帰る。

香深を出るフェリーの時刻は13:25、活動できる時間は短い。

「桃岩展望台コース」は香深から知床までで、逆からも歩かれている。
映画ロケ地の「北のカナリアパーク」が近くにあり、そこに寄る手もある。

なんともうれしい快晴の日、宿の人に一番人気コースの登山口まで送ってもらう。

Dsc05413
このコースも、路線バスが利用できるが、本数が微妙に少ない。
あとで分かった事は、距離もそんなに長くはないので香深からずっと歩いてもよかった。

ここはもう説明は不要、写真だけでいい。
見事な展望とお花畑と、歩いて気持ちの良い道がずっと続く。
それらがこんなに容易に体験できる、って本当にいいのかな、神様・地蔵さま。

まずは展望台を目指して登っていく。

Dsc05417 Dsc05416 Dsc05426

正面に桃岩、行く先を見れば利尻島。

Dsc05424 Dsc05421

少し歩いてから展望台方面を見る、そして海、ついでに自撮り。

Dsc05434 Dsc05448

Dsc05456

ツバメ山でも振り返ると、ユースホステルのある海岸、歩いてきた稜線の道。

Dsc05469 Dsc05466 Dsc05471

向かう先は。

Dsc05472

Dsc05478

Dsc05473

すれちがう人、お花畑。

Dsc05475 Dsc05479

元地灯台へ来たら、あとはなだらかな下り、名残惜しい。

Dsc05482 Dsc05486 Dsc05496

知床の集落を少し歩くと、空き地や路地の花がいい。

Dsc05501 Dsc05503 Dsc05504

時間があるので、「北のカナリアパーク」へ足を延ばす。

Dsc05516 Dsc05525

さよなら礼文島。

Dsc05531

ふたたび利尻島へ、今日も男前の利尻山。

Dsc05533

そんな北の人気の観光の島、礼文島・利尻島。

50数年前、親戚の人に勧められてからずっと心の奥底に沈めていたけど、夢開くときがあるの一席。

 

 

 

 

 

|

« 山歩き:北の島の山、利尻山へ | トップページ | 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 »

山歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山歩き:北の島の山、利尻山へ | トップページ | 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 »