« 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 | トップページ | 山歩き:大川入山、笹原に浮かぶ紅葉 »

2019年10月 3日 (木)

山歩き:残暑トレの猿投山、あれはなんだ?

山歩き:残暑トレの猿投山、あれはなんだ?

10月に入っても夏日で、装備はもちろん真夏のまんま。
今の自分には山に行くこと歩くことが大事で、しっかりと汗をかく。
下を向いて歩いていたら、聞こえた物音の先に大きな生き物が。
おお、久しぶりだねカモシカさん、ちょっと写真を。

Dsc05825

【山行日】2019年10月1日(火)   
【山 域】愛知(地元):猿投山
【天 候】曇り時々晴れ、山頂の気温は24度
【形 態】周回、一部往復 単族 軽装
【コース】登山者用駐車場、起点
P11:12--11:41城ケ峯--武田道--12:17大岩展望台12:21--西宮--12:55東宮--
--13:10山頂13:29--13:41東宮--13:56大岩--14:19御門杉--14:37P

のっそりとした動きでこれはチャンスとデジカメで一枚、少しあわてた。
それが上の写真。
その後、斜面を上がっていく途中に振り返ったのでもう一枚。
珍しい生き物の被写体は久しぶりなのでちょっと得した気分。

問題は家に帰ってから。
ニホンカモシカだとばかり思っていたがじっくり見ると以前見たのと少しちがう。

Dsc05826
カモシカに特徴のあの黒いツノがない。
画面を拡大してみるが、そこはどうもはっきりしない。

いままで鈴鹿のコクイ谷や東三河の鳳来寺山、もちろんここ猿投山でも見てきた。
ぱっとみてあの特徴ある顔は忘れられないものである。
それに最近登山口にはこんな掲示板もある。

Dsc05768

まあ自分がもうろくして動体視力もデジカメ操作も衰えた、でいいのだが。

そういえばこの前、我が家の庭を飛翔していたチョウを撮った。

Dsc06854

ゴマダラチョウはそんなに珍しいものではないが、自分としては初めてでうれしかった。

珍しい生き物を見るのはうれしいし、それを撮るのはもっと楽しい。
トレヲさんのように生き物の生写真をしっかりデジカメりたいものだ。

|

« 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 | トップページ | 山歩き:大川入山、笹原に浮かぶ紅葉 »

山歩き:愛知(地元)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山歩き:猛暑トレ体調維持は猿投山 | トップページ | 山歩き:大川入山、笹原に浮かぶ紅葉 »