電影(映画)

2017年3月19日 (日)

映画『架け橋~きこえなかった3.11』『春よこい』

刈谷日劇で3月24日まで上映中の2作品の紹介。

今村彩子監督『架け橋~きこえなかった3.11』
安孫子亘監督『春よこい~熊と蜂蜜とアキオさん』

ともにずっしりとくる作品で、感じることは多い。
こんな素晴らしい組合せ番組が回数券を使えば500円だなんて、刈谷日劇すごい。

◇ ◇ ◇

映画『架け橋~きこえなかった3.11』
監督・編集:今村彩子
Original

『東日本大震災が起きた時、津波警報が聞こえなかったために亡くなった人たちがいた。耳の聞こえない人たちだ。ろう・難聴者は、外見は障害のない人と同じだが、警報や避難放送などの情報を得にくいため、災害時には更に弱い立場に立たされる。命を守る情報に格差があってはならない。自分も耳が聞こえない今村彩子監督が地震の11日目後に宮城を訪れ、2年4か月間かけて取材、一般のテレビや新聞では報道されなかった聞こえない人たちの現状を伝える渾身のドキュメント。』

たまたまこの作品をみた日の新聞に、興味深い記事があった。

ろう・難聴者の日本語が変?
と感じるのは、
「ろう者に日本語の能力がないのではありません。
ろう者の母語は手話で、日本語は第2言語だからです」
と、《テンダー手話・日本語教室》を営む鈴木隆子さんが話す。
   朝日新聞『けいざい+、ろう者の祈り』より引用

日本人だから日本語ができてあたりまえ、なんて思っていた無知と無恥。
普通とかあたりまえ、なんて言ってるのは自分にとって都合の良い思い込みだった。
例えば学校で習った第2言語の英米語で意思表示ができるか、といえば・・・無理。

ろう・難聴者の方々にとっての言語は、目にする情報だけしかない。
視覚障碍者にとっての言語は、耳できこえるものがほとんど。
日本語が分からない人にとっては、目や耳や感覚全てで判断するしかない。

そういう方が自分の周囲にいる、ということ。
そういう方を意識し、少しでも配慮する気持ちをもつこと。
人として生きていくうえで、考えること、やるべきことは多い。

いろんなことを気づかせてくれる作品、今村監督の直球。

◇ ◇ ◇

映画『春よこい~熊と蜂蜜とアキオさん』(65分)、2015年
監督・撮影・編集:安孫子亘
出演:猪俣昭夫 福島県金山町のみなさん
Haruyokoi

『福島県の奥会津/金山(かねやま)町に暮らすマタギを描いた物語である。2011年、東日本大震災・福島第一原発事故の放射能は130km離れた金山町の自然にも降り注いだ。野生動物をはじめ、町の観光資源でもあるヒメマスも汚染された。金山のマタギは熊を撃つことだけが目的ではない。その刻々と変化する自然環境の変化を我々人類へ伝える役目をしている。福島原発の事故以来、世界中が自然との共生へ歩み始めた。自然とは何か。手付かずの自然が良い訳ではない。人と自然が共に暮らすための術をマタギである猪俣昭夫は教えてくれた。山の神を崇拝し、山のおきてに従い熊を追う。福島県奥会津に伝わるマタギの精神をいま、猪俣昭夫は子供たちへ伝えている。』

マタギの印象といえば狩猟を生業とするとっつきにくい寡黙な山人だった。
過酷な自然の中で生きているので本人も頑丈でなければならない。
感情に流されたり、我慢ができないような人間には到底無理。
朴訥になるのは生き様がそのまま性格になるのだろう。
今というか現代のマタギ、猪俣さんもまったくそのとおり。
でもカメラの前の彼は人間味あふれる方で勇敢にして実に謙虚。
クマに荒らされた白菜畑を見て、その畑主の冬に食べる漬菜の喪失を嘆き同情する。

◇ ◇ ◇

そして4月末からの連休であの作品を上映予定、だなんて。
昔、名古屋シネマスコーレで観たときは、よくわからなかったからなあ。
Dsc01669

ここが舞台だったんだよなあ。
Dsc01668


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

映画『Start Lineスタートライン』

映画『Start Lineスタートライン』(112分)、2016年

監督・撮影・編集:今村彩子 撮影:堀田哲生
640

『耳、聞こえません。
コミュニケーション、苦手です。
そんな私の 沖縄→北海道57日間自転車旅。』
363ff04bfc3297c3

自転車で日本を縦断するロードムービー、でドキュメンタリー作品。
長い旅の主人公、今村監督は自転車に関してはほとんど初心者レベル。
伴走者にしてカメラ撮影の哲さんは、自転車店の専門スタッフであり空手家。

最近の映画『わたしに会うまでの1600キロ』『ロング・トレイル!』で共通すること。
主人公たちがこれから自分の行うこと(トレッキング)に対して初心者であること。
たてた計画がどんなに無謀(簡単?)でも、そのことすらほとんど分かっていない。
一応、多少の準備や練習はするけれど、ずぶの素人ではない、というぐらい。

だから予想通りとんでもないことがいくつも続けて起こって飽きられることがない。
不安はあっても身構える術もないのだから、怖いものもない。
そもそもその計画は、みんながやっているからたぶんできるだろう、という感じ。
どこかで必ず苦労し、それを乗り越えていく過程に期待して舞い上がってしまう。
実行し達成できたら、という結末の成功物語が見えてしまう。

という作品かと思っていたら、思わせぶりはすぐに軌道修正。
主題は明白。
他人との苦手なコミュニケーションのとり方を、旅を通して克服すること。
過酷な自転車旅の中に自分を追い込むことで、自分の殻を破ること。

それにしても始まりは『わたしに会うまでの~』主人公とまるで同じ。
見た目や格好、装備はいいんだけど、いろんな意味での経験が少なすぎる。
だからそれをなんとかするためには、少し遅いけど学習するしかない。
自転車旅で起こる日々のいろんな失敗や成功の体験から反省し満足する。
まさしく学習するって心理学用語の「経験による行動の変容」なんだから。

自分ひとりでくよくよ悩むだけではなく、周囲の人から学ぶことも多い。
ということで、課題は明白。
彼女の前に、常にそれが大きく立ちはだかる。

でもこれって彼女だけではなく、だれの身近にもいつもごろごろ転がっていること。
みんなが問題として分かってはいてもいつも悩んでいることなのだ。
それがとてもわかりやすいかたちで示され、結果も当然だろうと納得してしまう。
一緒に悩み苦しみながら、そうなんだ、それがうまくできないからいつも困っている。
それをいつも言いたいんだけど、言えばケンカになってしまって、それでおわり。
分かるんだけどさあ、それができない、というか。

自分のまちがいを認めず、分かるように言っても謝らない。
そんな仲間がいたら困るし、それが上司だったら地獄か陰で腐ってやる。
でも、計画上手で気配りがきき、なんでも簡単にできてしまう人が相手でも困る。

自分は山歩きが好きだから、今村さんと一緒に行動すると堀田さんと同じ態度かも。
だからといって堀田さんとうまくいくかといえば、最初だけかもしれない。
お互い要求水準が違うと思うから、どこかで衝突し、ケンカ別れになるだろう。
そうならないためには、お互いの意見や考えを充分に出し合って、話し合うこと。
その上で、認めるところは認め、譲るところや止めるところをはっきりさせる。
そんな包容力があり、譲り合いの精神というか、寛容のこころ。
口先だけで「寛容」と何回でも言えばいいわけでなく、態度であらわせないと。

きれいごとは以上、実際はまず無理だから自分は単独行動を取る。
自転車旅や山歩きなら、無理して相手にあわせなくてもそれでいい。

ところが結婚とか命がかかわる情況だったら、お互いで解決するしかない。

無視やケンカで済むならいいけど。

結局、相手と何らかのかたちで意思疎通をはからないとそれもできない。
それは普通、ことばが解決すると思っていたけど、浅はかな考えだった。
自分が普通だと思っているその普通は、一部だけで通用する特別な普通だった。

今村さんの作品は、そんな「普通」に気がつける人でありたい、とずっと思わせてくれる。
ケンカするにも、協力するにもそれがないと始まらない。

人間関係って本当にむずかしいし面倒くさい。
だけど勝手な思い込みで相手を避けるよりは、相手の目をじっと見て。
それが人間関係のスタートラインって、御意。

お勧め度は ★★★★  刈谷日劇にて

今村監督の舞台あいさつがあり、話の中心も当然そのこと。
Dsc01773

でも監督、そんなことくりかえさなくても、映画でしっかり分かりましたぜ。

それから監督、余分なことを言って申し訳ないけど、太ももが細くなってしまって、残念。
Dsc01772

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

映画:2016年 今年の十本

映画:2016年 今年の十本

今年のトップテン(順不同)。
単なる好き嫌いだけの自分だけの覚書。
分母は250ぐらいと多い、でも今年の封切はあまり見ていない。

《欧米映画》
『放浪の画家ピロスマニ』 独学の輝きと世間、静か過ぎる生き様
『レヴェナント蘇りし者』 じっくり煮詰め燃やす復讐の炎、映像美
『シング・ストリート』 仲間とのバンドと曲作り、うらやましい限り

《アジア映画》
『若葉の頃』 母と娘の十七歳の恋、青春は当然のように逸脱する
『pk』 神様の存在は似非神様があってこそ、素直で一途な若者の眼

《日本映画》
『ハッピーアワー』 内容も丁寧で盛りだくさん、意思疎通の難しさ 
『永い言い訳』 何はともあれ自分のことで精一杯、だめなの?
『聲の形』 辛い記憶が蘇る、ふるさと大垣の色が満載だから
『この世界の片隅に』 日々の生活、きちんと生きていくことが大切
『君の名は。』 忘れられないことがあり、繋がっていることがある


Subpirosmani700x349

映像も音楽も記録媒体の進化と再生機械の変化はめまぐるしい。
毎日おびただしい情報が世間と身の回りをやかましく駆けている。
ラジオ、テレビ、新聞や雑誌は、インターネットに踊り踊らされている。
スマホもタブレットも持っていないけど、便利な世の中になったものだ。

映画は映画館でみること、を本分としてきたのだが最近は降参。
名古屋の映画館(スコーレ・名演・伏見ミリオン)は遠いし時間も金もかかる。
刈谷日劇さんはともかく、TOHO東浦、MOVIX三好、安城コロナも同じく。
ケーブルテレビでの放映をビデオやHDに記録するのもやめた。
YouTubeなんてあんな違法でがさつな映像をよくもまあ見ていたものだ。
Pirosmanimain700x541


今やすっかりNETFLIX生活に浸っている。
いやはや、便利な世の中になったものだ。
面倒な手間がなく、観たいときに即、その世界にひたれる。

新作は確かに極めて少ない、それはまるで不満。
だから流行や日進月歩の映画業界の動きにはまるでついていけない。
どうしてもリアルタイムで観たい作品のみ、重い足を映画館に運ぶ。
それ以外は、いいことの方がうんと多い気がする、今のところ。

例えば『シング・ストリート』を観たとき。
同じジョン・カーニー監督の以前の作品をふたたび観たくなった。
『はじまりのうた』と『ONCEダブリンの街角で』をゆったりと鑑賞。

同じく『君の名は。』のとき。
『ほしのこえ』『言の葉の庭』『雲のむこう、約束の場所』『星を追う子ども』
『秒速5センチメートル』などを一気に。

同一監督作品での追求あり、役者で過去の作品を見直すこともできる。

映画だけでなくドラマもあるので、これこそ一気に見られる喜び、というか。
『闇金融ウシジマくん』は初期映画2本とシリーズドラマでその世界観に納得。
『のだめカンタービレ』は映画もドラマも全作、これはくりかえし見ている。

イーグルスやボブ・マーレーも何回も見て、音楽以外のことがよく分かった。
動く映像という芸術環境ビデオも、何かをしながらの癒しで使う。

以上、どこかのまとめサイトのような、広告一辺倒になってしまって、反省。

Sub1pirosmani_large


ということで、まとめ。

よい大人は映画館できちんと入場料を払って映画を鑑賞しましょう。

Netflixは作品数こそ多いけれども新作や人気作品はまだまだ少ない。
かつて、料金を払ってまでして見るのはどうか、というB級作品が多いのも確か。
自分のような時間だけは豊富にある下層老人には便利な選択かもしれない。
あくまでも今のところは・・・、飽きっぽい自分のことだから先はどうなることか。

付録、今年の電影タイトルで遊ぶ。

「永い言い訳」ではなく「この世界の片隅に」「聲の形」で「pk」を。
「怒り」を忘れた「君の名は。」?
「レヴェナント」いつも「ハッピーアワー」「放浪の画家ピロスマニ」。
おーい、「64」(無視)するなよ。

Giraffe_large

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

映画『若葉のころ』(110分)、2015年、ほか

映画『若葉のころ』(110分)、2015年

製作総指揮:リャオ・チンソン
監督・原案:ジョウ・グータイ
脚本:ユアン・チュンチュン
出演:ルゥルゥ・チェン、リッチー・レン、シー・チー・ティエン、アリッサ・チア
355849_001

『台北に住む17歳の女子高生・バイは、ピアノ教室を営む母・ワンと祖母の三人暮らし。
ある日、ワンが交通事故に遭い意識不明の重体となってしまう。
そんな折、ワンのパソコンに未送信のまま保存された一通のメールを見つける。
それはワンが17歳の頃の初恋の相手であったリンへのメールだった。
時を同じくして、設計事務所で働くリンは、実家の部屋からビージーズの
「若葉のころ」のレコードを見つけ、高校時代のことを回想し始める。』

先週は観たい映画がたまっていて六本の作品を続けてみることになった。
『海よりもまだ深く』、刈谷日劇でヘルツォーク特集の『フィツカラルド』『アギーレ・神の怒り』、
伏見ミリオンで『団地』『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』、そして名演で『若葉のころ』。

『海より~』は先述、『団地』は大阪弁の間のとりかたが絶妙というか上手いの一言、
『マイケル・ムーア~』は得意の展開で突撃インタビューから最後はきちんとオチをつけるもの、
どちらも評判どおりというか期待通りのできばえで、観て満足し納得のいくものだった。

印象度合いから言えば、刈谷日劇のヘルツォーク作品が飛びぬけている。
今から数十年前のアマゾンの奥地で、350トンの大きな船が人力と知恵でもって山をのぼる、
そしてなんともっとさらに恐ろしい、下る、ということをCGなどなしでやってのける。
オペラに取りつかれた寺田農似の男が、蓄音機で文明開化よろしく進出する。

また、踏み外せば数百メートルの谷底へまっさかさまのアンデス山中の狭い険路を、
大名行列よろしく鎧甲冑姿で歩き、偉い人については籠に載せて運んでいる。
身分が高いからといって籠に載せられているほうがずっと危険でリスクは高い。
猿投山の武田道を昔、毎日、籠で通った神官よろしく、自分の足も使えない、とは。

そしてこの『若葉のころ』。
355849_006

作品としての出来栄えはそんなに秀でたものではないが、感情はしっかり揺さぶられる。
というか、なつかしの音楽がからんだ学園もの、初恋ものがノスタルおじさんにはたまらない。
港台映画というのも、なおいい。
香港映画でおなじみのリッチー・レンて、台湾の彰化県の出身だったのか。

作品の音楽や背景として使われる、ビージーズの「若葉のころ」。
個人的にはホセ・フェリシアーノがカバーしていたそれが印象に強い。
学生の頃、I先輩が持っていたLPで、古いステレオでよく聞いたものだ。
あの歌詞は、英語が得意ではなくても、だれもが和訳に挑んだにちがいない。
これとかサイモン&ガーファンクルの「サウンド・オブ・サイレンス」とか。
教科書以外で英語の原語で分かる、なんて機会はそんなにあるものではなかった。

そこら辺は国は違っても同じというか、憧れの外国語という感じで使われている。
歌詞の意味に踏み込んで、さらに、自分の心情をも表現している。
そんな母の昔の恋に、娘が願いを込める。
それはともすると感傷に流されやすいものだが、それ以上に重いものがどんと立ち塞がる。

ひとつは、現在17歳のバイの身近で起こること。
いつも一緒、トイレに行くのも同じという一番の友との間で、修復不能の事件が起こる。
三角関係だからとか、誤解を解くとか、あやまれば解決できる問題ではない。
これがあったから悩み、母の恋のことも考えるようになったかもしれない。

もうひとつは、母が17歳のとき、母に気持ちを寄せるリンに起こった出来事。
当時の台湾は韓国と同様、戒厳令とかがあった時代で、自由はないに等しい。
政府や学校・先生が言う事は絶対で、逆らう事も意見を言う事もできない時代だ。
体罰も当たり前で、どんな理由があっても、どんなに理不尽なことでも受け入れる。
そこに、あの若い憧れの英語の先生が、生徒指導の鬼教師とアレだから、ね。
それをなんと、生徒指導室の続き部屋で目撃する、だなんて衝撃的すぎるわ。
とも思うが、世の中の悪というのは、見かけというか表面はおよそきれいなものだ。
規則やきまりにうるさくて、それを振り回す輩こそ、裏で何をやっているかわからない。
そんな大人の世界の汚いものに触れ、追われるように去っていったリン。

数十年後、あるコンサートの会場で会う、ふたり。
リンは彼女を連れていて、ワンは娘のバイと一緒に聴きに来ていた。
これが、映画の冒頭シーン。

さてその後は、どうなるんでしょう。

予告編や作品中でも、またスチル写真でもはっとする場面が多く見られる。
監督がMV制作などに長けた人だからのよう。
それなりに意味があって、そのシーンに心が奪われてしまう。
でも屋上からレコードを円盤よろしく投げるシーンて、どんな意味があるのか。
とても象徴的な場面だが、レコードは権力に抵抗して捨てる対象ではない。

学校生活というのを物語として感傷的にみると、それは確かに面白い。
でも実際は、思い出したくないこと、傷ついたこと、苦しいことも多かったはず。
それらをひっくるめて記憶のオブラートに包めば、何でもアリだけどね。

お勧め度は ★★★ 名演小劇場にて

ちなみに先にあげた作品群にも印をつけると
『団地』 お勧め度は ★★★★ 伏見ミリオン座にて
Poster2

『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』 ★★★ 伏見ミリオン座にて
355782_001

『フィツカラルド』 ★★★★ 刈谷日劇にて 残念ながら上映終了
51hpqccol

『アギーレ・神の怒り』 ★★★ 刈谷日劇にて 残念ながら上映終了
51wrsqdsnpl


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 6日 (月)

映画『海よりもまだ深く』

映画『海よりもまだ深く』(117分)、2016年

監督・脚本 是枝裕和
音楽 ハナレグミ
出演 阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー 樹木希林
Sub02_large

『笑ってしまうほどのダメ人生を更新中の中年男、良多(阿部寛)。
15年前に文学賞を1度とったきりの自称作家で、今は探偵事務所に勤めているが、
周囲にも自分にも「小説のための取材」だと言い訳している。
元妻の響子(真木よう子)には愛想を尽かされ、息子・真悟の養育費も
満足に払えないくせに、彼女に新恋人ができたことにショックを受けている。
そんな良多の頼みの綱は、団地で気楽な独り暮らしを送る母の淑子(樹木希林)だ。』

だれもがみんな自分の望むような人生を送れているのだろうか。
子どものころ夢見た、なりたい大人になっているのだろうか。
そんなこと、考えたようでいつの間にか忘れ、気がついたら大人になっていた。
自分はまだ本気を出していないだけ、と思っていたら、老人になっていた。

15年前に文学賞をとった良多は、多忙で雪隠詰めの人気作家になりたかったのか。
稼ぎが多くて、余裕の人生で、両親に一戸建ての家をプレゼントしたかったのか。
それらも含めて家族愛いっぱいで、ずっと子煩悩な生活を送りたかったのか。

そんないつまでも大成できない息子をずっと気遣う母親がいじらしい。
自分の息子や娘がどんなに年齢を重ねても、親は常に彼らの親であり続ける。
娘や息子に自分の姿や、相方の父親の影を見てしまう。
息子に、いい加減でできのよくなかった父親を重ねては、嘆く。
なりたかったがかなわなかった今の自分の不幸を、そこに見てしまう。

良多の嫁は、自分と息子の生活があるから、いつまでもそんな妄想に付き合えない。
何度も言い、約束しては裏切られ、その度に愛想を尽かし、泣かされる。
子どもは父親が好きなようだが、将来のことを考えると、決断はよかったはず。
今付き合っている相手は、良多とはまるで正反対のやり手でしっかりものだ。
自分にとってはいいかもしれないが、息子はついていけなさそうでもある。
Subsub02_large

そんな時、月に一度の父子面会で台風に遭遇、良多の実家に沈殿する。
良多はともかく、母親の良多を気遣い味方する気持ちは隅々にまで及ぶ。
これぞ分かりやすいまでの子を思う親の気持ち。
それを同じ子を持つ母親としてわかる響子ではあるが、あくまで冷静で。
良多だけはいつまでも子どものようで、自分の息子に注ぐ愛というかなんというか。
ああ、こんな時間を父親や母親と持てた子どもは幸せなんだろうな、と思わせる。

それも幸せだろうが、きちんと自活できる毎日を送れるほうがもっと大切だろうな。
世間では。

お勧め度は ★★★★ TOHOシネマ東浦にて

芸達者な役者さんを迎え、微にいり細にいり丁寧な是枝監督の作品。
Subsub03_large


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月15日 (日)

映画『アンダーグラウンド』

映画『アンダーグラウンド』(171分)、1995年

監督・脚本 エミール・クストリッツァ
音楽 ゴラン・グレゴヴィチ
出演 ミキ・マノイロヴィチ ラザル・リフトフスキー ミリャナ・ヤコヴィチ
Sub4_convert_20110824122543

『1941年、セルビアは首都ベオグラード。ナチス・ドイツがユーゴ王国を侵略。
策略家のマルコ(ミキ・マノイロヴィチ)は単純な電気工のブラッキー通称“クロ”(ラザル・リフトフスキー)を誘い、チトーの共産パルチザンに参加、ロビン・フッドまがいの活躍で義賊と評判になる。マルコは弟で動物園の飼育係だったイヴァン(スラヴコ・スティマッチ)やクロの妻ヴェラ(ミリャナ・カラノヴィチ)たち避難民を、自分の祖父の屋敷の地下室にかくまう。まもなくヴェラはクロの息子を産んで死ぬ。クロは戦前から女優のナタリア(ミリャナ・ヤコヴィチ)と不倫の仲だが、彼女は独軍将校フランツ(エルンスト・ストッツナー)の愛人になった・・・。』

Main_convert_20110824122409

かつて東欧のバルカン半島にはユーゴスラビアという国があった。
第一次世界大戦の火の元になり、その地域全体が戦場になり、侵略され続けた。
七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、
そしてそれらがユーゴスラビアという一つの国にまとまっていた。
チトーという偉大な指導者の下になんとか。
彼の死とともにタガが外れたように崩壊し、分裂し、内乱戦争状態に陥った。
現在もなお緊張感は続き、一触即発の情況は変らない。
だからなのか、オシム監督のような智恵があって名言が吐ける人が生まれる。
そんな人がいないと、憎しみの怨嗟が過激に暴走する。
Sub10_convert_20110824122633

この作品はそのバルカンの地が舞台になっている。
上映時間も長いが、それ以上に内容がぎゅうぎゅうづめのてんこ盛りでドタバタしている。
作品全編を通して流れる独特のリズムとブラス音楽が緊張感を強いるし、煽り立てる。
ストーリーはきちんと章立てしてあるが、つながりや展開でこんがらがりやすい。
死んだはずの人物がゾンビったり、貴重な歴史上のフィルムに手が加えられたりする。

戦争下で庶民が生きていくということは当然、とんでもない生活を強いられるわけで、
侵略者が町を制圧すれば、卑劣な生き方も正当化されるとも。
裏切り、寝返り、だましだまされの毎日では、その瞬間を生き延びることに精一杯。

そんな情況をずっと続けているバルカンの人々はそれなりの知恵を持つようになるわけで、
家族や知り合いとでその瞬間を如何に楽しみ、乗り越える術に力を注ぐ。
そんなぞっとする恐怖を、クストリッツァ監督はユーモアで包んで笑い飛ばす。
爆弾が降り注ぐ町の真ん中で、壁や天井が崩れても、目の前の食事に集中する。
男女の三角関係は火事の元だけど、熱愛の感情は抑えずに欲望のままに突き進む。

とにもかくにも、せりふはひとつで十分。
「許してくれ」
「許そう、でも忘れないぞ」

フィナーレ、大地が裂けて、彼らの踊り楽しむ地が離れ流されていく。
Sub1_convert_20110824122924_2

お花畑で楽しむ人々はそこでずっと遊び続けるがいいのさ、でも沈むだけなのよ、てか。
残されたというか、切り離した大地の人々は、楽しむ術も知らず、ってか。

お勧め度は ★★★★★ 刈谷日劇にて
F0195042_14121127

ウンザ!ウンザ!クストリッツァ
情けなくもこの祭りに参加できなかった地方住人にとって、
この刈谷日劇での上映サービスはうれしい限り。
どんなに忙しくて追い詰められていても、無理してでも見ておかないと、
次は五年後ぐらいになってしまうかも。

この映画はかつて一世を風靡したテント演劇や小劇場、アングラ劇団の世界をみるようだ。
大久保鷹が『アザリアのピノッキオ』の最終場面でやりたかったのはこんなブラス隊だったかも。
マルタ役のミキ・マノイロヴィチがこの作品では金城武に見えてしまって、色男は似る。
いろんな記憶や胸のつかえがぐるぐる刺激しあって、ますますこんがらがってしまう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 9日 (月)

映画『山河ノスタルジア』

映画『山河ノスタルジア』(125分、PG12)2015年

監督・脚本 ジャ・ジャンクー
撮影 ユー・リクウアイ
出演 チャオ・タオ チャン・イー シルヴィア・チャン
354898_001

『1999年、山西省汾陽。
小学校教師・タオは、炭鉱で働くリャンと実業家のジンシェンから想いを寄せられていた。
やがてタオはジンシェンからのプロポーズを受け、最愛の息子・ダオラーを授かる。
2014年。タオはジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らしていた。
ある日、タオは数年ぶりに離れて暮らすダオラーと再会するが、
彼がジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。
2025年、オーストラリア。
19歳のダオラーは長い海外生活で中国語が話せなくなっていた。
自らのアイデンティティを見失う中、中国語教師ミアと出会い、
かすかに記憶する母親の面影を探し始める・・・。』

過去、1999年。
いわゆるひとつの三角関係というやつ。
三角は安定した形だから安定した人間関係になるかといえば、昔から争いの元。
タオは、優しいが弱気のリャンよりも押しの強い生活力のあるジンシェンを選ぶ。
自分をめぐる男たちの憎しみの対立に気づかないタオは、三角関係の友情を信じている。

縦横が1対1の正方形の画面に、潤いのないすさんだ中国の大地が写される。
これぞ以前からジャ・ジャンクーが描いてきた大陸の渇いた空気。
まったく豊かではないが、みんながみんな助け合い、真剣に生きている。

現在、2014年。
タオの選択は、世間的にも自分としても当座はうまくいったらしい。
いわゆる勝ち組らしい、豊かな生活が始まる。
実業家としてのジンシェンはやり手で、一人息子に$にちなんでダオラーの名をつける。
そのうちタオと離婚し、一人息子の親権をもって田舎を捨て、都会へ出る。
稼げるだけ金を稼ぎ、新しい女房をもらい、一人息子に贅沢な金を注ぐ。
その結果が、欧米化、オーストラリアへ移住。

未来、2025年。
どんくさい田舎や中国人の生活の面影から離れ、金はまだまだ充分にある。
いわゆるセレブで、豊かそうな、洗練された生活にのめりこんでいた。
金儲けが得意なジンシェンは成功するが、英米語は話せず、親密な同胞もいない。
息子のダオラーはこちらでの生活にどっぷりはまり、母語を忘れ、英米語だけ。
ということで少しずつお互いの共通語がなくなり、つられて父子の会話もなくなっていく。
親子で話すことばが異なり、意思疎通ができない現実(未来)。

画面は映画サイズになり、メルボルンの潤いのある景色が写される。
「12人の使者」の過去・今に意味づけがされている。
ドライブウェイの景観は、同じオーストラリアのパースではないか、と。
大学で、たくさんの金持ち中国人の子弟にわざわざ中国語を教える教師の登場。
シルヴィア・チャンは存在感はあるし、重要な位置づけだけど、なぜか不安定。
唐突というか、この未来2025年の描写がジャ・ジャンクーらしくない。
こんな想像は今に始まったことではないし、ジャ・ジャンクーほどの監督が今やることでもない。
354898_009

侵略された国や植民地における言語については歴史的事実で忘れてはならないこと。
ふだん話すことばが禁止され、征服者が自分たちのことばを押し付けた。
名前や習慣が強制的に変えられたことも、つい数十年前に行われたこと。

意識しないで自然に話す(話せる)言語のことを、「母語」という。
「母国語」と表現されることもあるが、じっくりと考えてみればその間違いに気づく。
今、自分が話し書いている言語は日本語で、それが自分の母語である。
生まれたときから周囲の人々、とくに母親が話していたことばがそのまま母語になる。
それを聞いて育ったからそれが母語で、それがたまたま日本語だった、ということ。
日本語が母国のことばだから、日本語が母国語だということではない。
言語を語るとき、その違いをはっきり意識しているかどうかはとても重要なこと。

小学校のとき国語の教科書で「最後の授業」というのを習った記憶がある。
フランスとドイツの国境近くにあるアルザス・ロレーヌ地方の、ある学校でのこと。
フランス語の教師の国語の授業が、戦争に負けたことで、その日が最後の授業になり、
次の日からはドイツ語の教師が新しくやってきて、国語はドイツ語になる、と。
でも実際にアルザス地方で話されることば(母語)はアルザス語だったのに、という。

2025年の某所では、侵略も強制もされていないのに自らすすんでそれを受けいれる。

あることを押し付けられた、と言いながら、他の同様なことには眼をつぶり、
そんなたくさんのことを進んで卑屈に受け入れている人や国もある。

お勧め度は ★★★  伏見ミリオン座にて

ジャ・ジャンクーもツァイ・ミン・リャンと同様、かつての毒気がなくなりつつあり悲しい。
「お前ら、いったい何をやってるんだ」
という、昔の作品の連中が、国のありようとともに変わっていってしまったからって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

映画『レヴェナント:蘇えりし者』

映画『レヴェナント:蘇えりし者』

監督:アレハンドロ・G・イニャリトウ
脚本:マーク・L・スミス アレハンドロ・G・イニャリトウ
撮影:エマニュエル・ルベツキ
出演:レオナルド・ディカプリオ トム・ハーディ
Df17846_large

『アメリカ西部の広大な未開拓の荒野。
狩猟中に熊に喉を裂かれ、瀕死の重傷を負ったハンターのヒュー・グラス。
狩猟チームメンバーのジョン・フィッツジェラルドは、
そんなグラスを足手まといだと置き去りにしたばかりか、
反抗したグラスの息子も容赦なく殺してしまう。
グラスは、フィッツジェラルドへの復讐心だけを糧に、
極寒の大自然の中、壮絶な追跡の旅を開始する・・・。』

どこから飛んでくるのかわからない鋭い矢。
位置と統制がとれていないから恐怖と不安の戦闘場面。
先住民のインディアンの攻撃に浮き足立つ。
これって、すさまじい戦闘場面を再現した『プライベート・ライアン』に通じる。

極寒の地を進んでいるのに、足元には絶え間なく水が流れている。
ずぶ濡れになりながら進んでいく、それだけで低体温と凍傷だからもっと怖い。
この地は、普通に歩き進むことができるだけで驚異的なことだと思う。

さらにそこに子連れのグリズリーが現れる。
巨漢のグリズリーはグラスをぶちかまし、押さえつけ、鋭い爪で掻きまくる。
まるで悪どい意思をもった人間のようにしつこく執拗に爪をたて、弄ぶ。

狩猟グループとしては、獲物の皮の運搬と自分たちの生死だけでも大変。
でも、仲間としてというよりも現地のガイドとして重要な存在のグラスなのだ。
リーダーは必死に一計を案じる。
見捨てるのではなく、少しでも仲間としての扱いをする。

フィッツジェラルドの存在や行動は、とてもわかりやすい。
はじめから利己的で反抗的だ。
あの目つきや態度、どこかで見たような容姿で格好だと、思い出した。

「ホテル カルフォルニア」で得意そうにギターを弾き、自らの音に酔いしれ、
眼をむいているジョー・ウォルシュ(イーグルス)だ。
すると、雪解けで増水した弩級の瀬をいともアクロバティックにカヌーで漕いでいた
グレン・フライをも思い出してしまった。

荒野を切り裂き何段にも滝をつくり流れるあの川のすさまじさ。
そこで木の葉のようにもまれて流されるグラス。
いくら自然界で生きている能力の高い人間とはいえ、驚異的。
だからこそ暖を求めて焚き火では足りず、馬の腹を寝袋にする!!

そこまでできるのはとにもかくにも、息子を殺した者に対する復讐心。
そのためだけに、とことんそこまでやるか?
やって、どうにかなったか?

撮影映像の向こうで恐ろしい雪崩が起きていたりで、ただただ銀幕に唖然。
あんなところで数ヶ月もロケーションだって、それもすごい。
超広角レンズのカメラで撮影だそうで、銀幕風景がとにかくすごい。
すべてに最高のものを求めて投資され創られる作品って、こりゃ参った。
たまにはこういう大作を見るべきなんでしょうね

お勧め度は ★★★★  刈谷日劇にて
Poster2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月24日 (木)

映画『ハッピーアワー』

映画『ハッピーアワー』317分、2015年、監督:濱口竜介

昨年来、国際映画祭でも受賞し評判になっている5時間17分の長尺の作品。
シネマスコーレでの公開をわざと見逃し(名古屋だと1日仕事になる)、待望の刈谷で。
体調を整え覚悟して臨んだのだが、重い感覚がずっしりと残り、疲れた。
その日、同じ時間を過ごしたほかの皆さんも一様に上気した面持ちだった。
Happyhour

内容は濃密というか、主人公たる四人の動作にずっと引き込まれる。
もう少し短くできるのではとも思うが、細かいことがみんなどこかでつながっている。
一人ひとりの日常の所作や台詞に意味があり、それがなかなか魅力的でもある。

三十代というか、アラフォーに仲良しになった四人の女子の物語。
女性はこんなふうに仲間をつくり、お互い助け合い、人生を楽しんでいる。
男では考えられない、と思う。
男だとなぜか、こんな女性たちのような仲良しグループはできそうにない。
逆に女性は自然と本能的にかたまり、うまくグループに発展するようだ。
そこにはいろんな駆け引きがあると思うが、遠慮したり尊重したりで、孤立しない。

もっと年齢を重ねて、5、60代になると、男女の差はさらに顕著になる。
しかしそれは、何かはっきりとした共通の目的がある場合に限られる。

さてこの作品、この四人組の目的はなんだろうか。
あえてそんな本来的でないことを考えてみると、お互いの結びつきがほぐれるかもしれない。

そしてだれることのない映像でずっと緊張感を保ち続けるのだが、
ワークショップの有様をていねいに示されると、とにかく胡散臭い。
主人公の女性四人に対峙する、表現アーティストの男、鵜飼が、とにかく胡散臭い。

重心がどうのこうの、コミュニケイションがあーたらこーたらという聡明な説明。
参加者の心理状態など情況をしっかりと観察し、計算高く対応する。
鷹の眼のような、そんな相手を射抜く眼力。
異性に注がれればそれは不純な動機をもったいやらしい眼差しと感じられる。
そんな男は彼だけかと思ったら、この作品に出てくる男が皆一様に似ている。
みなさん、眼力があり視線に鋭さがある。

それは演技としてなのか、役者さんが本来的に持っているものなのか。
大体において素人といいながら「即興演技ワークショップ」に参加する方々である。
並みの人とは構えも志もすべて違う。
そして自分も含めて、この映画を観る鑑賞者が初めて見る新鮮な人々である。
353562_005

おいおいそんな風になっていいのか、そこはもっと自重しろよ。
ええ、なんであんたが、そうなるの。

とまあ、いらんお節介を感じつつ、映画はもっと大胆に展開していってしまう。
これはなにをもって「幸せな時間帯(ハッピーアワー)」なのか。
いろんなしがらみから解き放たれつつあるからまさにそうなのか。

映画を観たその日の朝日新聞「折々のことば(鷲田清一)」は
『あんたも腹にひとつ重りを落として、時間が経つのを待ちなさい(桜木紫乃)』
夫のことでいろいろ思い煩う苦労人の女性に、
「男も、外でいろいろあるところを、コップ酒一杯で腹に落として家に帰るのよ」
と、先輩の姐さんが言い聞かせる。
あがいているとき、体にお酒の一滴を落とし、いっときまるごと体にまかせたら、
傾いたいのちも平衡を取り戻せる?
ひとはよく体に我慢を強いるが、逆に体に救われることもある。
小説「霧(ウラル)」から。

鷹の眼、鵜飼の重心説を、鷲の眼が簡単に射抜く。
ずっとそんな時代だったのか、そんなでは今はやっていけないのか。

眼力で言えば、役者さんの中で変にそれを感じなかった人が救いになる。
あの姑さんとか、鵜飼の妹とか。

映画鑑賞というよりも、映画体験をどさっとした、そんなひとときだった。
毎度のことながらこんな田舎の地でまさかこんな作品がみられるとは。
刈谷日劇さんには感謝感激。

お勧め度は ★★★★★ 

時間は許されないけど、映画館で見る機会はこの先ないから、無理しないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月18日 (金)

映画:2015年 今年の十本

映画:2015年 今年の十本

あくまで自分のための覚書、今年のトップテン(順不同)。
分母は120ぐらい、少ないけどこれで精一杯だわ・・・。

《欧米映画》

『おみおくりの作法』 公共だからこそのお仕事、これぞ公務員
『リアリティのダンス』 どうせ踊らされるなら自分から踊るさ、自らの血を求めて
『ザ トライブ』 集団の中で生きていくことの難しさ、苦しさ
『セッション』 才能と狂気のガチンコ勝負、偽者が真似をすると困る
『人生スイッチ』 恨みや怒りの矛先はどこへ、みんな痴情のもつれか
『さよなら、人類』 ずっと浸っていたいこの世界観

《アジア映画》

『重返20歳』 韓国版とは姉妹編、テレサの歌が沁みる
B0339288_11331193

《日本映画》

『味園ユニバース』 歌に力があるって、いいなあ 
『海街diary』 親はいないほうが子は育つ、是枝監督に拍手
『恋人たち』 みんな一所懸命必死に生きているんだ、橋口監督に感謝

毎日がどうであれ映画の世界は不変、決して裏切らない。
だったらもっと映画館に足を運べばいいんだけど身体が消化できない。
最近の映画は密度が濃くて細部に到るまで手が込んでいる。
映画監督やその一団って、本当に色んなことを見て考えている。
ちょっと見て軽々しく好きや嫌いとかの感想が言えなくなってきた。

ところでここ数年は地元の刈谷日劇さんに本当にお世話になっている。
名古屋まで出ないと見られない映画を自分好みに選択して上映してくれるのだ。
こんなにありがたいことはない。
シネマスコーレや名演小劇場から足が遠ざかってしまったことだけが残念だが。

その刈谷日劇さんで見た今年の印象と感想はと言えば。
なんといってもホドロフスキー『ホーリーマウンテン』『エルポト』『リアリティのダンス』の世界。
『野火』にからんでの塚本晋也監督特集の痛い痛い『鉄男』ほか。
山下敦弘監督の数作品や岩井俊二作品、山本政志監督の『熊楠』など。
年末の鈴木清順三部作、『けんか~』は見られず『陽炎座』『夢二』だけでも興奮。
知らなかった新海監督の『秒速5センチ』で花見ができたのは本当にうれしかった。

年末年始のスクリーン2の『フランシス・ハ』も見逃していたので必ず行くつもり。
回数券を購入すれば一回五百円で見られるこのスクリーン2ほどお値打ちはない。
映画が少しでも好きな人なら一度足を運んでみてはどうか、といつも思う。
映画を語る会、というのも始まったようでますます企画に期待が持てそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧