台湾

2017年12月 6日 (水)

山歩き:象山から拇指山

山歩き:象山から拇指山

旅先の台北でのお気楽山歩きは地下鉄「象山駅」からすぐの象山。
間近に台北101ビルが臨めて、手軽なハイキングコースとしても人気がある。
それだけでは山ヤとしてみっともないので、少し先の拇指山方面へも行く。
Dsc05228

【山行日】2017年12月4日(月)    
【山 域】台湾、台北市信義区:象山183m(四獣山)
【天 候】曇り時々晴れ
【形 態】一部周回・往復 単族 軽装
【コース】地下鉄象山駅起点
象山駅12:45--12:52登山口--13:07象山--13:49拇指山--13:56峠14:05--
--14:15拇指山--14:53象山15:16--15:35登山口--15:45象山駅

地下鉄、淡水信義線の終点「象山」駅の出口2番を出ると目の前に公園。
Dsc05184

Dsc05186

象山公園一帯や遊歩道コースの概略説明図がありわかりやすい。

公園に沿って歩道を南へ進んでいくと、左へ曲がって上がり、ほどなくして右へ。
すると左手に急階段の道が続く、登山口がある。
Dsc05192

少し進むと左右に道が分かれる。
一般的には右側で、がしがしと一気に象山へ上がっていく。
左側の道も同じだが、はじめは少しトラバ気味で、最後で急坂になる。

標高差はほんの百数十メートルだが、石階段の上りは急で息が切れる。
道は石段にしっかりと整備され、必要なところには手すりもついている。
Dsc05199

時々振り返ると見所もあり、表示などもほんわかする。
Dsc05194

時々あらわれる脇道やショートカット道は以前の登山道や地元からのもの。
湿度が高い土地なので石が苔蒸していて、とても滑りやすい。
当然のことながらこんな石段の道は、上りより下りの方がずっと注意が必要。

「六巨石」が見えてくると、象山の名前の由来を感じる。
Dsc05201

Dsc05238

Dsc05200

岩の上からの展望は絶景だが、自撮りポイントとしての方がよく利用されている。

そこから象山山頂はすぐ。
Dsc05206

Dsc05240

展望台や休憩ベンチもあり、観光客の絶えることはない。
地元の散歩や山歩き、運動愛好家のコースでもあり、そんな人も非常に多い。

ここで道は四方に分かれる。
自分のような通りすがりの者は、ここで遊歩道説明図をしっかり見ることになる。
Dsc05202

象山は四獣山(ほかには獅子山・豹山・虎山)遊歩道上のひとつ。
ここからそれらへの「南港縦走路」がずんと続いている。
まずは拇指山320mへ。

一旦、ずんずんと下っていき、山塊を右へトラバース気味に巻いていく。
Dsc05208

Dsc05210

Dsc05217

Dsc05216

Dsc05218

途中から横腹に取り付くと急な上りが続いてちょっとした尾根先の展望台に出る。
Dsc05230

そこが拇指山のようで、眼前に象山を経て台北市街が見られる。

ベンチ周辺には、甘い人間を目当てにタイワンリスがせわしい。
Dsc05221

縦走路はそこからさらに角度を増して上がっていく。
Dsc05224

尾根に上がると、峠のような休憩地になっている。
Dsc05225

汗もしっかりかいたし、この先のピークまで進むと帰りが大変なのでここで引き返す。
いつも何をやっても中途半端な自分らしい決断。

それにしても、岩に向かって咆哮する仙人というか修行僧のようなおじさんとか、
ポーズをとる恋人の姿をなめまわすようにずっと撮り続けるカップルとか。
Dsc05227

美しい景色を見るのもいいけど、人間の生態観察ぐらい楽しいものはない。

少し高い位置のこちらからは歩いてきた象山が見下ろせる。
Dsc05228_3

手前に象山、その向こうに台北市街。

ちんたら象山へもどっていく。
Dsc05235

Dsc05236

Dsc05237

象山の展望ベンチでゆっくり休憩。
Dsc05241

下りはもうひとつの道を選んだが、分岐点で雰囲気が違うので多少不安を感じた。
Dsc05244

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

台湾:集集線に乗り、ランタンフェスへ

台湾:集集線に乗り、ランタンフェスへ
Dsc01413

【訪問日】2014年2月20日(木)    
【地 域】台湾中部:南投県、日月潭から員林
【天 候】曇りのち晴れ

霧社、蘆山温泉から埔里に寄り、土砂降りの雨の中、日月潭に入る。
Dsc01374

観光スポットとして有名な場所だが、今まで避けていて初めての訪問。
Dsc01378


Dsc01370


Dsc01366


Dsc01376


確かに観光客は多いし、レジャースポットにも事欠かない感じ。
Dsc01375

Dsc01380

湖畔をたらたら散歩して切り上げ、バスで集集線の終着駅車埕へ行く。

ダム湖の上からダム下へぐんぐん降りる感じで水里へ。

そこからは線路に沿うようなかたちで鉄道駅の車埕にバスは着く。
Dsc01382

駅およびその周辺はすべて観光地。
Dsc01391


Dsc01384


プラットフォーム、そして広いウッドデッキがとても印象的。
Dsc01396

丁度入ってきた列車を迎え、折り返していく電車や人を見送る。

まわりをたらたらと散歩する。
Dsc01387


Dsc01397


Dsc01398

昔を今に残し、手がつけられなかったものはそのままで。
Dsc01399


Dsc01400


Dsc01401

建物も今と昔の混在。
Dsc01402


Dsc01403


Dsc01404


Dsc01408

それらがしっくり落ち着いているのがいい。
Dsc01406

この集集線でここに来る人はみんな観光客なんだ。
Dsc01412

観光が終われば、この始発駅(終着駅)から集集線の旅へ。
Dsc01411


ローカルな雰囲気はそのままで特に珍しいこともなく途中の駅、集集で降りる。
Dsc01413_2


Dsc01414

ここも観光スポットだが、何がどうということも知らないまま、散歩。
Dsc01415

適当に駅前を進み、途中で方向を変え、適当な所で曲がり、戻る。
Dsc01416


Dsc01417


Dsc01418

その間、この地らしいものを勝手な思い込みで探し、撮る。
Dsc01419


Dsc01421

駅に戻ると、気がついてはいたが、珍しいものがある。
Dsc01424


それはふつうで、これ。
Dsc01422

こんなのを見ると、この国の現実を感じる。
Dsc01426


Dsc01427

ふたたび集集線に乗り、この日の宿のある員林駅で降りる。

この近くで、台湾全土をあげての「ランタン・フェスティバル」がある。

それってとても宣伝していたがいかなるものか、ということで訪問。

フェスへの最寄の駅が員林で、そこからシャトルバスが出ている。

これが待つ間もなく頻繁に出ていて、観光客をどんどんさばいていく。

よく分からないまま、大きな人波のなかをふらふらと着いていくと会場へ。
Dsc01430


Dsc01433


Dsc01435


ランタンが主役ではあるけど・・・。

そうだ、これまたどこの町にもある夜市なのだ。

台湾では、どこへ行っても夜市は欠かせない、と。
Dsc01436


Dsc01439


Dsc01440

帰りのバスを心配したが、これまた大きな人波にのって安心だった。
Dsc01434


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月24日 (月)

台湾:陽明山で花見

台湾:陽明山で花見

一気に春めいた陽気で日本各地の桜が咲き始めた。
台湾台北の陽明山公園では、一ヶ月ほど前だった。
花見の賑わいはどちらでも同じようで。
Dsc01619


【訪問日】2014年2月24日(月)    
【地 域】台湾北部:台北、陽明山国家公園
【天 気】晴れ

台北から陽明山国家公園は近い。
バス路線が多く、バス王国といえる台湾では何本でも出ている。
ハイキング地としてふだんから台北市民に親しまれている陽明山。
Dsc01607

この時季(1月29日~3月9日)は花祭りになっている。
便利なバスだが混雑するし、渋滞にも巻き込まれる。
露店がたくさん出て、食べる人でにぎわうのは夜市と同じ。
本当に台湾の人は夜市というか露店が大好きだと思う。

花はそれなりにきれい。
桜は、染井吉野は少なくて、山桜系が多い。
というか、桜が中心ではなく、梅あり桃あり躑躅ありと豪華版。
案内パンフや掲示板にしっかりと説明がある。
Dsc01613

バスを降りると、再びバスで近づいてもいいが、歩いたほうがいい。
Dsc01608

歩いていくといろんな光景が飛び込んでくる。
Dsc01609

Dsc01610
こんな坊さんを見られるとちょっと台湾風。

花見の中心地はまだまだ先のようだ。
Dsc01612

インフォメーションセンターの前の桜にはたくさんの人。
Dsc01620

庭園はどことなく異国情緒。
Dsc01617


Dsc01625

こんな一団がいた。
Dsc01623

野鳥同好家たち。
大きな機材をものともせず、いろんなところで見かけた。

彼らは、彼らの対象ではないみたい。
Dsc01626

タイワンリス、こんなに近づいてくれるのに。
Dsc01627

花時計とも日時計とも、華時計。
Dsc01628

そして、広場には特別にモニュメント。
Dsc01629


Dsc01632


Dsc01636

ぐるっと歩いてバス停に戻ってくると。
Dsc01637

お疲れ様です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

台湾:『セデック・バレ』の地を歩く

台湾:『セデック・バレ』の地を歩く

前回、廬山温泉を訪れたあとで霧社事件を扱った映画が公開された。
『セデック・バレ』で、抗日事件の真相に迫るとても重い内容の大作である。
事件は霧社で起こったが、廬山こそセデック族の住む土地だった。
廬山温泉は最近、何度も豪雨被害に遭い、営業が厳しい。

Dsc01251

【訪問日】2014年2月18・19日(火・水)  

 
【地 域】台湾中西部:南投縣仁愛郷霧社、廬山温泉

【天 気】曇りのち雨

Dsc01218

霧社事件とは、
1930年10月27日に台中州能高郡霧社で起こった
台湾原住民による日本統治時代後期における最大規模の抗日暴動事件。
霧社セデック族マヘボ社の頭目モーナ・ルダオを中心とした6つの社(集落)の
男達300人ほどが、まず霧社各地の駐在所を襲った後に
霧社公学校で行われていた小学校・公学校・蕃童教育所の連合運動会を襲撃。
日本人のみが狙われ、約140人が殺害された。
現地の警察には霧社セデック族の警察官が2名おり、
彼らは事件発生後にそれぞれ自殺。
その後の日本軍の反攻により、蜂起した6社の約1000人が死亡し、
生存者約550人は投降した・・・・・。
その後、第2霧社事件も起こり、これこそ悲惨な歴史。

台中からバスで埔里へ、そこで乗り換え、山道をどんどん上がる。
途中、渓谷と滝を見たり、何種類もの桜並木を眺めていく。
ようやく坂道が落ち着いてきた頃、町があらわれてそこが霧社。

Dsc01225

Dsc01226_3

映画の影響で、記念碑などの案内板はきちんと設置されている。

まずはバス停から少し戻って「霧社山胞抗日起義記念碑」へ。

Dsc01236_2

「霧社原住民抗日の像」や「モーナルーダオの墓」などがある。

Dsc01214

Dsc01220

事件の起こった公学校へは車道沿いの木道を歩いて少し戻る。

現在は台湾電力の建物があり、塀の外に看板だけが立っている。

Dsc01223

霧社事件で死亡した日本人の墓はそこから近い。

Dsc01228

石の階段を上っていくと、コンクリートのテーブルなどがあるがそれだけ。

Dsc01229

Dsc01232

戦後長らく参拝が禁止されていたが、一度整備され、今は再び廃墟に。

その近くには、どうみても「トマソン」の階段があるが、勿論曰くあり。

Dsc01231

町の中心にもどり、先へ進んで「徳龍宮」を目指す。

Dsc01244

Dsc01243

そこは旧霧ケ丘神社で、事件の際、鎮圧した日本軍側が首を並べた所。

その後、鳥居は赤く塗り替えられ、中国風に変えられたそうだ。

途中の石灯籠も、日本人には馴染み深いものだ。

だが、反対側のは、何かがあったのだろう、ひっくり返っている。

Dsc01241

徳龍宮からは碧湖と霧社の町が見渡せる。

Dsc01239

廬山温泉へは、バスを再び乗りなおして行く。

山腹の狭いが舗装された車道をくねくねと進む。
廬山への入口にあたるところに橋がかけられモニュメントが加わっていた。
廬山温泉に入るとそこは行き止まりで、バスは折り返していく。

川をはさんで対岸の山腹の急勾配が迫ってくる。

Dsc01250

ここにもしっかりと案内板がある。

Dsc01249

主要な温泉地の対岸へは、吊り橋を渡る。

Dsc01253

ゆれる橋の上から上流側(温泉の源泉は近い)を見ると痛々しい護岸工事中。

Dsc01254

少しえぐれているだけに見えるが、2010年12月に来た時とは明らかに違う。
下流側も同じく。

Dsc01255

天気が下り坂なので、ホテルの受付をすましたらすぐに出かけることにした。

先回は温泉の源泉部へ向かったが、今回はもちろんマヘボ古戦場へ。

Dsc01256

Dsc01252

この古戦場の「古」の意味が数十年前のこととは理解できなかったのだ。

まずはこの像を見る。

Dsc01257

Dsc01258

先回、写真に収めていたが、映画を見て、これを戦士像だと誤解していた。
セデック族の女子像だった。

そこから「モーナ・ルダオ健行歩道」を歩いていく。

Dsc01261

歩道とはいえ、舗装された車も通れる道だが部分的には急勾配。

Dsc01262

山腹をならしてつくられた畑にはキャベツ、その向こうに温泉街。

Dsc01264

そして今度の石像はセデック族男子像か。

Dsc01263

そのまま進んでいくと記念碑がある。

Dsc01269

Dsc01266

モーナ・ルダオ記念碑で、近くには桜が咲いていた。

さて、古戦場はどこなのかと探しながら行くがいまひとつ分からない。

Dsc01271

畑の向こうにそれらしい像がみつかった。

Dsc01273

近づいてみるとそこが古戦場で、看板ははずれ、古い住居跡らしきもある。

Dsc01279

モーナ・ルダオやセデック族関連の記念碑としてはここだけがやつれていた。

Dsc01282

ただしばらくすると台湾人の集団が訪れてきたから、尊重はされている。

Dsc01283

現在は道も舗装され、急斜面の山腹に畑もあるが、生活するには厳しい。

雨も激しくなってきたので、一目散に戻った。

Dsc01286

温泉はなかなかいいお湯で、露天に入る。
共同の露天だから水着の着用義務がある。
珍しく若者が2カップルいたが、彼らは日帰り入浴らしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

山歩き:硬漢嶺(觀音山)

山歩き:硬漢嶺(觀音山)

台湾淡水に行くと河の対岸にいつも気になっていた山がある。
觀音山(標高616㍍)で、姿もよく、気楽に登れそうにみえた。
前回、対岸の八里に渡り、登山口を探したが見つけられず、断念。
ならば今回、下調べをしてと思ったが、何の準備もしないまま現地に来る。

104

【山行日】2012年12月27日(木)
【山 域】台湾:新北市八里、觀音山
【天 候】曇り時々晴
【形 態】単族 往復  自転車利用 軽装
【コース】米倉路より無極宮を経て牛寮埔登山道
紅樹林9:20--関渡橋--10:20龍米路口--11:00無極宮登山口--11:10牛寮埔歩道--
--象牙石--11:35観景台--11:40硬漢嶺11:50--12:20無極宮--八里散策--紅樹林

觀音山登山を含めて、淡水・八里近辺の観光のため紅樹林に三泊する。
淡水や淡水河右岸は、台北から電車の便が大変良い。
だからあえてこの地に宿泊する必然性はないが、諸般の事情というヤツ。
紅樹林駅は終点の淡水の手前の駅で、穴場的とでもいえる。
この時期、淡水地方の天気はあまりよくない。
自分の少ない経験でも、からっと晴れた日はほとんどなかった。
だから名物の「淡水の夕焼け」は今回も結局三日間とも見られなかった。

ところで主題の観音山だが、日本に帰ってからネットで見つけたのが
「Taipei Hiker」さんのページで、在台の日本人の方だ。
その方の紹介によると、
~~~引用~~~
觀音山は、台北市街から近くて登りやすい山だ。
標高616mの硬漢嶺を最高峰とする觀音山は、
占山までの縦走路が一番長く健脚向けであるが、
それ以外はよく整備されている道で、
牛寮埔登山道を八里渡船頭から登るのを除いて、登りもそれほどきつくない。
また、硬漢嶺からの展望は、独立している山塊だけにとても広い眺めがあり、
老若男女さまざまな登山客が訪れる人気の山だ。
~~~引用おわり~~~
だそうで、要点がきちんとまとめられている。
登山難易度、体力度も「軽」評価で、ファミリー向けの山といえる。
普通は台北からバスで、反対側南の凌雲寺登山口に来て、起点にするらしい。

そんな下調べもしないまま来た自分は、初志貫徹で、見たままに向かう。
宿泊ホテルで借りた自転車を使い、快適な自転車専用道をひた走る。

110

自転車は、保証金を含めて一日60元(200円以下)。
ジャイアントのMTBをサドルのみママチャリ風にアレンジしている。
ブレーキも前後は左右で日本とは逆になる。
18段変速でいいと思ったが、実際使えたのは3段ぐらいの整備不良。
どこにもある貸自転車店だと一日100元だからたいした差ではないし、
色んな種類のから選べるから値段以上の差があるのだが、諸般の事情で。

166

出発してすぐに最初の難関、目茶交通量のある道路の横断がある。
信号で渡るだけだから簡単そうだが、狭い歩道を含めてすべてが
自動車優先、スクーター天下の国だから、まったく気が抜けない。
通り道の歩道に平気で駐車してあり、傍を通り過ぎるのも困難、
そんな歩道をスクーターがすごいスピードで乗り上げていく。
それらを無事通過して、鉄道の下をくぐり、専用自転車道に入る。

107_2 108_2 109

なかなか快適な道だが、歩行者や犬もいるので注意は必要。

対岸の観音山を見ながら走っていく。

111 112

ここをいつも利用する方や、貸し自転車の旅行者でにぎわっている。

次の難関は赤い鉄橋もあざやかな関渡橋。

113 114

高さがあるので長いスロープを必死に漕いであがることになる。

橋の上は専用道の道幅が狭くなるのは仕方のないことか。
ただ、橋から下りていくのは楽チンで自転車の利点。

115

ここからは先回通っているので、登山口を確認しながら進む。

淡水から対岸を見ていると、八里繁華街からすぐにありそうに思える。
今回もそんなあてにならない自分の勘だけで進みそうになったが、
ホテルの日本語の分かるスタッフが、気を利かして調べてくれた。
ネットの大雑把な地図だが、いくつかの登山コースの概要と、
登山口の道路や地名など、大事な点はよくわかった。
ホテルの貸し自転車が盗難にあっては困るので、停める所も指定された。
ただその地点は標高221㍍なので、登山や自転車のことには疎そうだ。
こんな思いつきのお客も相手にするホテルマンて、大変なんだろうな。

登山口は、米倉公園の近くで、八里渡船場からはかなり離れていた。

ここで登山道入り口の表示板を確認する。

116

何よりも最も重要なことだから、これだけでスタッフの資料は効果絶大だった。

ほぼ海抜0㍍から登山口までの標高差200㍍の急な車道を上がっていく。

登山だけではなく他のことでよく使われている道をえっちらあがる。
車やバスだとなんとかなるが、急坂の自転車はかなり辛いものがある。

118

ほとんど曳いて歩いていくので、歩くよりずっときつい。

登山道はそんな車道を串刺しに、石の階段で上がっている。

119_2

そこを自転車で上がるのはもっと辛いので我慢がまん。
でも我慢の限界、登山道に入り人の気配のない所に自転車を停めロックする。

石段の道、車道を交互に歩き、立派なお墓の団地の横を通り過ぎる。

120 161

牛寮埔観光果園手前には、車道を離れて趣のある立派な遊歩道がある。

121

おう!バナナがびっしり、青いけど熟れても取ってはいけないのだろうな。

164

そんな樹林帯の鬱蒼とした道を上がっていくとむこうに無極宮が見えた。

157

立派なものだが、台湾ではどんな田舎へ行ってもこういうのがある。

道は間違っていないし、あの横を通っていけばいいと安心する。

何が書いてあるのかわからないが登山口の表示銘板石。

154_2

そして観光果樹園の中を通り過ぎていく。

152 151

この時季は柑橘類が中心らしく、固くてすっぱそうなみかんがなっている。

色鮮やかな鳥や、蝶も飛んでいるが、速くて写真には無理だった。

ものの10分も行くと、いよいよ専用登山道の石段に入る。

124 125

確かここからおよそ1300段あまりの石段が山頂まで続くらしい。
だから大変ですよ、とホテルスタッフに言われたのだった。

なるほどきちんと角張って同じ高さの石段がずっと続いていく。

148

こういうのは台湾の他の場所でも経験しているので驚かないが、
何度も見ると、昔ネパールで聞いたあの話が本当に真実味を帯びてくる。

曰く、中国人なら何百年かかってもエベレストの山頂まで石段を作る、と。

さて登山道は面白みに欠ける針葉樹の中をどんどん上がっていくだけ。

途中、涼亭という中国人が好むというかどこでも見かける東屋があり、
周囲にビニールをきちんと張り巡らして、そこで料理する人がいた。

名所らしい象牙石は、なんとも印象に薄い場所としよう。

126

周囲に南国らしい花や灌木があらわれ、なんとなく高みに来る。

128

そして一瞬頂上かと思ったら観景台で、何人かの人がくつろいでいた。

129

鞍部交差点に来ると門構えがあり、硬漢嶺へと更なる石段が続いていた。

131_2 132_2

人工物が続くほとんど神社仏閣の参道を進んでいく感じで山頂へ。

山頂はばーんと展望が開け、人気があって当然の雰囲気だ。

133

休憩する人、行き交う人、体操する人、その他。

134 135

眼下には淡水河と淡水ほかの高層ビル建物群。

140

その向こうに大屯山群。

三度訪れた台北の星ともいえる七星山もうっすらと見えている。

138_2

河の上流には赤い関渡橋、基隆河と台北市街がきらめいている。

136

近くには、この観音山山域の占山と恐竜の背のようなピーク群。

宿泊しているホテルもなんとか見つけられた。

141

空気というか天気がすっきりしないことだけが残念。

平日のこんな時季だから仕方ないが、ふだんは露店もでるのだろうか。

143

猫もうじゃうじゃ住み着いている。

さてと、石階段を下ることにしよう。

147

速いはやい、まじめに高度をぐんぐん下げていく。

果樹園を抜け、無極宮に寄る。ここのテラスからはこんな感じ。

156

お墓の団地を通り、隠しておいた自転車の無事を確認する。

165

下りは一気だ、ブレーキばかりだけど。

自転車専用道に復帰した後は、八里を再び観光する。

人は相変わらず多いし、専用道はさらに整備され延びていた。

176 167

なんだから十三行博物館も再訪する。

道はずっとよくなっていた。

168_2 170

ぐるり館内をまわって、狭い出口の階段を降りる。

171 172

こんな注意が活きるような日だと、面白かったかもしれない。

時刻も押してきたのでふと渡船で帰ろうかとも思う。
乗船代金と自転車持ち込み料で50元ぐらい。
もったいない、初志を貫こう。
自転車専用道をたらりたらりと戻っていった。

三日間の滞在を終えて発つ日、初めて天気は晴れ。

その日も立派な観音山が見えた。

252 257

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月21日 (火)

台湾:知本温泉と蝶

台湾:知本温泉と蝶

【訪問日】2011年12月下旬
【地 域】台湾:東南部、台東
【天 候】曇り

2_001

知本温泉は台湾の四大温泉のひとつらしい。
知本はツーベンと発音されている。
ちなみに他の三つは、北投・関子嶺・四重渓温泉。
どの温泉にも行ったが、どこが良くて何がいいというものではない。
その時に泊まったホテルにもよるし、天候や気分などもある。
どこも名前通り立派だし、他にもそれら以上のところがあった。
共通するのは温泉開発にかつての日本が深く関わっていること。
自分たちが風呂や温泉を楽しみたいからの所業か。
でも、風呂の入り方や楽しみ方などは何十年も経つと変わってしまった。
裸浴が当然の日本と、水着着用でスパーランドの台湾。

台東は、台湾のほかの台の字がつく都市(台北・台中・台南)と比べると
人口も少なくて目立たない町だが、とても印象的な町である。
知本温泉はその台東市街地からかなり離れた場所にある。
鉄道の知本駅から温泉街までがまた不便な距離である。
高雄発、反時計回りの自強号(特急)に乗って知本駅で降りる。

094

駅前はガランとしていてバスの本数も少ないので、タクシーを利用する。
温泉まで200元というのが相場で、高雄・知本間の特急乗車料金よりも高い!
これはたまたま鉄道の期間限定特別料金163元だったこともある。
温泉は知本渓谷沿いにあり大きく二つに分かれている。
山よりの奥深い方が内温泉で早くに開かれた昔ながらの温泉街。
その4キロ手前が外温泉で、大規模な施設やホテルが多い。
今回宿泊したのは、そこへも至らない温泉橋の手前にあるホテルだ。
ぱっと見た感じはみすぼらしくて、料金だけで選んだことを少し反省する。
早く着いたので、宿泊客もまだ少なくてとても静か。
応対したフロントの方は皆、この土地の原住民とみた。
ホテルには貸し自転車(勿論、無料)があり、それでぶらっと散策する。
昼食がまだだったので、まずは知本市街地へ。
といっても町に入ってたらたらと自転車を走らせるとあっという間に町外れ。
こんな小さな町でもちゃんと弁当屋やコンビニがある。
駅弁にしろ弁当屋の持ち帰りにしろ、台湾の食事はよく似ている。
ごはんの上にどんと肉、それを中心に卵とか野菜がどばっという感じ。
それを持って知本川沿いに自転車を走らせ、適当な場所で休憩する予定。
のんびりと田舎そのものの道を進んでいくと、近くで公園の整備をしていた。

081

公共工事なのか、リゾート開発なのかはわからない。

でも、その公園を含めて遊びや休憩、宿泊施設を造成している。

080

そこを通り過ぎて川沿いへ下りていくと別の公園がある。

こちらは農業施設とも灌漑工事記念を兼ねた親水公園とも思われるもの。

083_2

だれもいないし、こんな所が必要か、などと思ってしまうが、まあいい。

そこにある東屋(中華圏の公園には必ずある形)で一服する。

082

対岸には知本外温泉のホテル群が見えている。

そして再び川沿いの車道をたらたら進んでいく。

085

きれいな蝶がいる。

花の蜜を求める動きが速く、本当に落ち着かない蝶だが、まちがいない。
コモンタイマイだ。
デジカメを構えても焦点があわない、近寄れない、しかも望遠の倍率が低い。
でも、なんとか撮った。やった。

088

この蝶を初めて見たのは、オーストラリア北東部のケイプトリビュレーション。
世界自然遺産の湿潤熱帯地域とグレイトバリアリーフが重なる部分だ。
あの時は、倍率十倍の望遠デジカメでずっと構えていてようやく撮れた。
グリーンタイガーとでもいうのか、と思って蝶マニアの佐橋氏に尋ねて分かった。
東南アジアでは普通の蝶らしいが、初めて見た珍しい蝶を撮れたのは感動もの。
くだんの佐橋氏も実物はまだ見たことがないらしい。
日本では最近になって、沖縄周辺で見られるらしい。
いわゆるひとつの温暖化の影響ですね。

084

ぶらぶら自転車で別の方面へ行く。

2_011

今度は、突起がぼこぼこある大仏の頭のような果物が見たかった。

2_017

その名もズバリ釈迦頭はここらへんが名産地なのだ。

すぐにそれらしき果樹園を見つけたが、収穫時期はとっくにすぎていた。
それらしい果実がひとつひとつ袋で覆われているので、よくわからない。
また、接ぎ木なのか、果樹の様子もふつうではない。

2_018

ここでも蝶が飛んでいる。

これは撮りやすかった。

2_007_2

リュウキュウアサギマダラ、普通種だそうな(by佐橋氏)。

次に目にしたのがこれ。

2_010

宇宙ステーションのようなもの。
同じものが間隔を置いて造られている。
ここは宿泊施設か個別温泉か、とても変わった民宿か。
どうみても流行っているとは思えないし、現役なのかも疑問。
かつて斬新な発想の元に生み出されたことはまちがいない。

2_002

でも、のんびりというかさびしいというかの山間の田舎風景。

2_013 2_009

ホテルに戻ってくるとちょうどゴミ回収車が来ていた。

これはどこでも似た感じ。

2_020_2 2_019_3

駐車場には大型バスも入り、宿泊客が増えている。

このホテルにある売り物の露天温泉風呂をのぞいてみる。

2_021

まだ準備中だったが、担当者に断って様子を探る。

内風呂は普通で、露天はプールのようなもの。

2_022 2_023

ひょっとするとここでも貸し切りになりそう。
ということで、明るい夕方の内に入湯する。
予想通り本当に貸し切りだったが、様子見の客人がぞろぞろ来る。
彼らは台湾の方ではなくて大陸からのツァー客のようだ。
となると温泉の入り方ほか珍しいことが多く、好奇心もいっぱい。
裸ではなく水着を着け、帽子をかぶり、裸足で歩く・・・。
まもなく、入湯する人も現れだした。
慣れた感じの人は、上海からとか、北京からとか。
どっと団体で来られた人はまた別のツァーだ。
類は友を呼び、仲間でかたまる。
お互いがお互いを見ないように、じっと見ている不思議。

このホテルはなんやかやいっても団体さんで盛況だった。

2_024

スポーツ同好会の集まりもあったようで。

2_025

5年前に、知本内温泉の奥にある知本森林遊楽区へ行った。

048 038

ちょっとしたアウトドア、ピクニック公園の感じ。

039 040

その時も天気に恵まれず、ぐるり周回歩きをしただけだった。

041 042 043

その気になれば、樹木や植物、蝶など昆虫類の生態観察ができたのだ。

046 045

思わぬところに思わぬお宝が潜んでいるもの。

044_2 047

行き当たりばったりもいいが、がっつりも大切だ。

佐橋氏はここで何を見ることになるのだろうか。

2_008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

台湾:八里と十三行博物館

台湾:八里河岸自転車道と十三行博物館

台湾へ来たときはよく訪れる淡水。
ただいつも、どうも天気の相性が悪いらしい。
12月下旬のこの時期、どこでもずっとどんよりとした天気。
からっと晴れた青空にはとんとお目にかかれなかった。
霞がかかったような、スモッグに覆われたような暗い日々。

119

【訪問日】2011年12月28日(木)
【地 域】台湾:北部、淡水・八里
【天 候】曇り

泊まった紅樹林のホテルから対岸の八里と観音山を見る。
観音山のの山頂はずっと厚い雲に覆われていた。
地下鉄で隣の駅、終点の淡水へ向かう。

112

ここはいつでもにぎわっている街だ。
少し雰囲気が変わったようだ。埋め立てて広げたか。
河岸散策路もこぎれいになったし、確かに拡げられている。
何度も来ているが、対岸の八里へフェリーで渡ったことがない。
というのも、渡し場にはいつもすごい人数が並んでいた。
今日はよさそうだ、ちょうど船が出るところだった。

すぐに出航し、淡水を河から見る。

113

香港でもそうだが、船からの眺めはまた格別だ。

114 116 117

対岸の八里渡船場に着く。

なんのあてもなかったが、みんながぞろぞろ自転車レンタルに向かう。
いくらぐらいか気にしながら入る。

159

えっ、そんなに安いの。

百元だから日本円で三百円もしない。
ただし旅行者だから身分証がないのでパスポートを預ける。
海外ではとても大事なものだからその方が心配になる。

どんな種類の自転車を選んでもいいそうだ。
二人乗りタンデムから、いろんなマウンテンバイクなど。
ここは一番楽なママチャリを選ぶ。
とにかく自転車専用道がしっかり整備されているので走れればよい。

まずは台北方面へ走ってみる。

157

河岸沿いに造られた道は起伏も緩やかで幅もちょうどいい。

時折、木道になると、板木と垂直に交わるからガタガタガタとなる。

125_2

すこぶる快適な道にはとにかくレンタル自転車乗りがいっぱい。

また、いろんな芸術物がそこここにあり、これが面白い。

123 129 131

ひさしぶりに自転車の楽しさが感じられた。

途中、案内地図を見ると、淡水から赤い橋を渡ってずっと周回している。

121

これはいい、次に来たときも利用しよう。

ということで、そこでユーターンして一旦戻り、逆方向へ向かう。

158

渡船場付近が一番混雑していて、競業するレンタル屋さんが他にもある。

少し行った公園には新北市公営のレンタルもやっている。

進む方向は河口方面で、さらに設備などが整えられつつある。

153

トイレも、自転車持ち込みができるようになっている。

154

そうなのだ、レンタルした自転車には鍵がついていなかった。

そのままおっぽりだしてどこかへ寄る、というのが難しい。

133

若い連中がキャッキャ言いながら飛ばしているので、着いていくことにした。

どんどん進むと、地道になり、そして大きな公園らしき所に出た。

134

十三行博物館。

とにかくこの広場をまわってみることにする。

136 137 138

日本の縄文や弥生時代のような建物が再現されている。

135

大きなコンクリ瓶は汚水処理場で、ペインティングが素敵だ。

中心の建物がまた凝っている。

ここがその博物館の中心のようだ。

140 141

自転車が少し心配になったが寄らぬ手はない。

様子をうかがいに行くと、なんと入場無料だそうな。

館内ではすぐに係員が寄ってきて、何かと案内される。
日本人と分かると近くの大きな部屋で、日本語の紹介ビデオを放映してくれた。

なるほどなるほど、台湾の先史時代を示す貴重な遺跡だった。

142 143 144

でもまあじっくりというわけにもいかず、急ぎ足でまわった。

屋上ほか建物そのものに何かと象徴的な意味を持たせているそうだ。

146_2 147 150 148

なんかいろんなことがおまけのように手に入り、よかった。

八里にも当然、繁華街はある。

160

帰りは、八里から淡水の夜景が見られ、なるほど納得であった。

対岸が繁栄すればつられて反対側も開ける、うまいな。
淡水は夕日だけではなく、いろんな楽しみかたがある。
ただ、ホテルへ戻る道、淡水・台北を結ぶ道はすさまじい車だった。

163

歩道を歩いていても、バイクがすぐ傍を通り抜けるのでこれが恐ろしい。

翌日はまあまあの天気、どういうものか。

167

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

映画『台北の朝、僕は恋をする』

映画『台北の朝、僕は恋をする』
 監督・脚本 アーヴィン・チェン
 出演 ジャック・ヤオ アンバー・クォ
  ジョセフ・チャン クー・ユールン

『台北に暮らすカイの大好きな恋人がパリに留学してしまう。
 その日以降彼は、本屋にフランス語の本を読みに通うという
 寂しい日々を繰り返し過ごしている。
 恋人を想い、パリに電話をかけても、
 彼女はいつも出てくれない・・・。
 本屋で働く、可愛く、でもどこか孤独な面影を持つ女の子、
 スージーは毎日やってくるカイが気になって仕方ない。』

Photo

不動産屋の親父はいかにも悪銭でのし上がったような男だ。
その男がいい歳をして、恋愛にのぼせている。
老いらくの恋でも、なんでもいい。
そんな彼が周囲に忠告する。
馬鹿なこと、悪いことをして身を削っているなら
恋をしろ、と。
そこに不純がなければ、なんと素晴らしきお告げであることか。
皆が恋にうつつを抜かせば、世間はバラ色だ。

悪い奴、あやしい奴がころころ出てくるが、
みんな根はいい奴、憎めない奴ばかり。
そもそもそんな人はこの街にはいませんよ。
恋の街、台北。

本屋の雰囲気が素晴らしい。
本屋といえば誠品書店。
台湾のどこにでもある誠品書店に入れば誰もが納得する。
本の種類が豊富で、図書館のようにくつろげる空間。
じっくりと座って読めるコーナーも造ってある。
たくさんの人がいても静かだし、とにかく落ち着いている。
文房具も同様にしゃれたものがたくさんある。
書く読むという文化をとても大事にしている。

338454_004

カイのように毎日、床に座り込んで読んでいても
決して邪魔にはされない。
店員さんもよくできたもので、
スージーのような子ばかりだ。
そのまま映画になっているような本屋なのだ。

338454_007_2

でもって、この作品。
スージーがカイの事件に取り込まれていく場面が、
どうしても無理矢理で、おバカすぎる。
相手がお調子者のオレンジジャケット連中でよかったが。

Photo4Photo2 

刑事も憎めない男だが、あれはあれで深刻な事態に陥っている。
自信と弱気は裏腹だなあ。

コンビニ全家の、バイトのふたりはうまくいけそうだな。
まさか、あのままだったりして。
ユ・ジテにチェ・ホンマンが入ったあの男、いいなあ。

かつて、台北にある時計の針を彼女の時間に変更させた若者がいた。
ツァイ・ミンリャンの世界だ。
あの若者の時代と現在では何がどう変わったのだろうか。

いずれにしても、作品の出来はともかく、
何よりもスージーことアンバー・クォの魅力がいっぱいだ。

ボリウッドが入っているのはサービスかな。

お勧め度は ★★(★)  シルバー劇場にて
アンバー・クォが加点要素。

338454_005

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月 4日 (月)

台湾:台北国際花博、再訪

台湾:台北国際花博、再訪

飛行機の乗り継ぎの合間を利用して途中下車する。
新北投で温泉に寄りその後、11時頃から14時頃までの入場。
もう、花博も終盤に近いから人出はどうなのか。
それに、春だからどんな花の園に変わっているのか。

【訪問日】2011年3月31日(木)    
【地 域】台湾:台北市
【天 候】曇り
【備 考】入場料は一日券で900円ぐらい
  交通アクセスもまるで心配なし。

004

気温は20度ぐらいで、この時期としては低い。

おまけに曇り空なので、暑くなく、その分は助かった。

003

相変わらず人が多い、人並みがずうっと続く。

なにせ、途中でカメラ撮りが多いから渋滞する。

モデル相手と花だけを撮りたいのだが、それは所詮無理だ。

006 005

12月はどんな色だったか、もう忘れてしまった。

幼稚園の園児は遠足なのか、動員なのか。

033

引率する先生も大変だなあ。

さあ、並んだ並んだ、手をつないで歩くよ。

014 002

外国花園は、前回は夕方だった。

昼間だとどうかな。

021 022

フランスとハワイ。

そして、人気のあったのがタイ。

右のピンクはカナダの魚。

015

お腹がすいたり、疲れたらどこでも座り込みだ。

おなじみの台湾弁当をみんなぱくつく。

031 034

そんな時、ゴーッと耳をつんざく音がする。

すぐ頭の上を飛行機が、近くの松山ドメスティック空港へ着陸していく。

010

遠くの高い塔、ビルは有名な台北101。

038

もう一度あたりをぐるりとまわってみる。

011 040

植木鉢から急いでぽんと出して並べただけかもしれないが、

花博は、どこでもいいものだ。

今日だけでいったい、何億枚の写真が撮られたのだろう。

023
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

台湾:緑世界生態農場

台湾:緑世界生態農場

植物園と動物園を一緒にしたような所。
ある種のテーマパークともいえる。
公共ではなく民間のもの。

【訪問日】2010年12月26日(日)    
【地 域】台湾北部:桃園縣
【天 候】晴
【備 考】入場料は1000円ぐらい

L_037

新竹からバスで竹東へ、そこで乗り換える。
直通バスはなく、待ち時間が長い。
竹東で3個10元の小判焼きを食べたり。

M_008

バスの降車場所から緑世界へはまだ距離がある。
道路沿いの看板には、バスで来た人は迎えに来るという。
○○ー○○○○へ電話しろ、と。
困った。そんなもの持っていない、不便だな。
そこは、車がびゅんびゅん通り過ぎるだけの場所。
たまたまそこへ若い娘さん三人連れが通りかかり、
頼んだら、電話してくれた。親切だなあ。

向かった先には広い駐車場があった。
ここへ来る人は、車かツァーバスがほとんどみたい。

朝から雨で、ここへ来るのをあきらめていた。
新竹の駅前の太平洋SOGOや誠品書店で時間をつぶしている間に、
天気がよくなった。
そんなこんなとバスの乗り継ぎですっかり遅くなってしまった。
あわてることはないけど、これが結構命取りになった。

植物園のような池の周回散歩コースSWAN LAKE。

M_010

台湾は冬でも暖かいので緑が多い。
台湾原生の植物、蘭とか羊歯とか。
「金剛鸚鵡区」でくつろぐ鳥たち。

M_011_2 M_012

「仙人掌公園」はサボテンで、食虫植物にもいろいろとある。

M_017

「奇妙種子植物区」は世界の植物「種」を一同に集めている。

何よりもこれが衝撃的で、世界最大の種子。

M_018

ヤシの種だが、オオミヤシとかダブルココナツという。
重さは10㌔グラム近くもあるらしい。
どうみても○○だな。

M_020

「亞馬遜雨林区」アマゾン熱帯雨林ではこれか。

L_031

じっとして動かない彼には、もちろん触れない。
でもすぐ近くで写真が撮れた。

名前をよく聞く彼、探すのに少し時間がかかった。

L_034 L_036

彼もすぐ近くで見られたが、とげが恐い。

L_033

「可愛動物区」って何?だが、
ふれあいができるところだった。

M_013 M_009

爬虫類の入り口は要注意だった。
動かないから気がつかなかっただけで、
何かいるのかと目をこらすとびっくり。
両脇の檻のすぐ手前で巨大蛇がとぐろを巻いていた。
カメラをむけるのも憚れ、撮れず。

彼女たちは従業員というか、飼育員のおねえさん。

L_038 L_039

しっかり働いていたが、機嫌の悪い動物にばりかかれていた。

「胡蝶生態公園」は失敗だった。
悪天と温度と夕方の三悪で、チョウの活動は見られず。

「鳥類生態公園」は、当然ネットに覆われて大丈夫。

L_040 L_042

ただ、夕方で暗くなってきてしまった。

ぐるり園内を歩くだけで時間が過ぎる。

L_043_3

こんな場所も、結構楽しめた。

| | コメント (1) | トラックバック (1)