山歩き:木曽・御嶽

2017年7月23日 (日)

山歩き:御嶽・継子岳で夏の小川と雷鳥を

山歩き:御嶽・継子岳で夏の小川と雷鳥を

この時季、御嶽・継子岳と四の池には夏の小川とお花畑が出現する。
蝶や蜂が舞い、雛を連れた雷鳥が横切り、雲雀がさえずる山の春。
あれから3年、いまだに入山規制のある御嶽をようやく再訪、鎮魂する。
Dsc03237

【山行日】2017年7月21日(金)    
【山 域】御嶽・継子岳、濁河温泉
【天 候】曇り一時晴れ、ふもとでは酷暑日
【形 態】往復と周回 単族 軽装
【コース】濁河温泉下呂市営駐車場起点
P7:46--9:15八合目--10:15飛騨頂上--10:58継子岳--Ⅱ峰--
--11:42四の池12:04--12:29五の池小屋12:39--13:14八合目--14:23P

御嶽の夏のこの時季は継子岳がいい、そして四の池を周回する。
あの年も、夏は継子岳で、秋に剣ケ峰を訪れた。
そしてその十数日後、噴火した。
微動の揺れなど兆候はあったというが、自然に対する人間の知恵はまだ乏しい。
畏怖や尊敬の念、謙虚な気持ちをずっと持ち続けることがせめてもの心掛け。

入山規制のかかる御嶽だが、その山塊はとても大きくて広い。
現在の入山口は、西の濁河、東の黒沢口、そして北の開田と日和田。
継子岳だと一般的には西の濁河口からが便利。
その濁河温泉は高速道路から離れていて、道の選択が悩むほど難しい。

旧来だと41号を使い、飛騨小坂からの長いくねくね山道を選択した。
当然舗装道路だが、約40kmの運転はきつくて1時間は要する。
最近は長野県側から19号を使い、開田・日和田・高根と来るらしい。
山道だがスキー場もあり、道も見通しがいいので運転は容易、と。
今回は、往きは41号で飛騨から、帰りは19号へと下りて比べてみた。
どちらも長い道のりなので運転はきつく、睡眠不足も加わり大変だった。

梅雨明けとはいえ快晴は期待できず、雷雨や崩れなければもうけもの、と。
平日なので濁河温泉下呂市営駐車場は空いていた。
登山口には登山届ポストがしっかり設置され、下山カードとの併用に。
P1100193

朝方は山域らしく湿っているが、天気はよさそう、橋を渡って出発進行。
P1100194

はじめは日陰のうっそうとした苔の森を足元に注意しながら歩いていく。

木道など整備はしっかりとされているが、劣化が進み、とにかく滑りやすい。
P1100199

いつも歩いている猿投山とはまるで違って、気を抜けない、足が上がらない。

若い人が足取りも軽く楽しく進んでいくのをうらめしく見送る。
P1100196

左手に滝と沢の音を聞き、硫黄のような温泉のにおいを時々かぎながら歩いていく。
湯の花峠でそのにおいがピークになり、樹間の南に少し展望が開ける。

早足の若い人はここで撮影など、だらだら歩きの自分は休憩もせずぐだぐだ先へ。

樹林帯にサラサドウダン、ゴゼンタチバナやモミジカラマツの道をひたすら上がっていく。
P1100200

P1100201

P1100202

登山口と飛騨山頂との中間点らしいのぞき岩には休憩するヘルメット姿の先客。
P1100203

久しぶりの山歩きで調子がつかめず本格的な山にてこずっている、と彼。
ふだんは600mほどの低山でトレーニングとのこと。

それって、みんな大好き猿投山?

あっはっは。

八合目に来ると、登山道の雰囲気に変化があらわれる。
P1100208

少しあがると森林限界になり、周囲にハイマツが目立ってくる。

それよりも気になるのは、少し前から顔の周りで虫がうるさいこと。
目や口、鼻、耳にさわり、入ろうとする。
とても我慢ができず、帽子をかぶり、その上から防虫ネットをかぶる。
これもうっとおしいけど、背に腹はかえられない。
かぶってもなおうるさくからみつき、遠くからみれば虫柱が立つ、だろうな。

時々ガスが切れると、大きな壁に小さい雪渓のある摩利支天があらわれる。
P1100215

直射日光こそあたらないが、紫外線でじわじわと焼かれる感じ。
ハイマツの上に出ている岩の雰囲気もいいが、疲れも出てきて下向きで微妙。

こんなのを見ると、御嶽に来ている気分になる。
P1100216

足元は石がごろごろで歩きづらいし、段差がきつくて足が上がらない。

ホント、最近はどの山を歩いても苦しくて、るんるん気分にはほど遠い。
熱帯夜が続いて眠りは浅く、睡眠不足のまま4時間近く運転してきてもいる。
たらたらと少し進んでは止まって水を飲み、深呼吸をしては伸びをする。
P1100218

稜線の向こうに飛騨山頂らしきが見えてきても、なかなか近づけない。

えっと、この目立つ岩、以前は「注意」とか書かれていたけど・・・。
P1100219

「雷鳥岩」って、いつからそうなった?
P1100220

ガスが立ち込めることの多い今日の天気、どうも雷鳥に縁がありそうだ。
って、そんなあ、以心伝心か。

目の前の登山道に突然あらわれる雷鳥のすがた。
親鳥のところに右後ろからヒナが近づいてくる。
おっとそのまま、そのまま。
あわててカメラを取り出し、適当にシャッターを押す。
P1100221

P1100222

P1100223

P1100224

P1100225

あっと思う間もなく、かれらは右のカラマツ帯に入っていった。

左手の斜面にはぽつぽつコマクサがあらわれる。
P1100226

きちんとしっかり保護され、りっぱな花畑になっている。
P1100229

とりあえず、というかようやく飛騨山頂へ。
Dsc03198

天気は晴れもせず、崩れるでもなく、ガスが飛んでいく。
風は少しで全然涼しいわけでもない。

一休みのあとは本日の一番の目的、四の池の外輪山(継子岳)周回歩き。
時計回りでまずは継子岳を目指す。

なだらかな稜線歩きは、あいかわらずガスで視界が閉ざされる。

コマクサの花畑を上からみたり、四の池をのぞきこんだり。
Dsc03202

岩くぐりのあとは別のお花畑に立ち見し、石室をのぞき、針の山を越えていく。
Dsc03199

Dsc03208

Dsc03210

Dsc03211

Dsc03213

ガスが少しでも切れるタイミングを逃さず、四の池を撮る。
Dsc03214

このポイントなのかな、あの映画は。
Dsc03204

晴れたら美しい継子岳の美景は残念ながら期待できず。
Dsc03215

御嶽で一番どっしりとした山頂は広く、実際は360度の展望台でもある。
P1100231

ぐるっとうろうろするが変化はなし。

ちょっと一服で唯一の贅沢「とろけるミルクティー」の栓を開けて少し飲む。
うまい、と思うやいなや、蜂がボトルの中に飛び込んだ、ドボン。
すぐにでも飛び立つと思いきや、もがいている。
何をしている、早く出て来い、おまえそれでも昆虫か、生きたくないのか。
声援叱咤むなしく蜂は紅茶に浸かったままで、おぼれたようだ。
フツーは気持ち悪いと捨てられそうだが、けちな俺はちがう。
ハチミツエキス入りと思って気をつけながらもぐいぐいと飲んだ、プハァー。

次に継子岳Ⅱ峰へ行く。
Dsc03224

御嶽の全景が見られる絶好ポイントだが今日はイマイチ。

ここら辺はコマクサ保護地域のためロープが張ってある。
両側にお花畑の中を進む稜線歩きは庭の散歩のようで気分がいい。

ここら辺では毎回アレに遭遇するのだが・・・。
何か動くものがいる、なんとふたたび以心伝心。

雷鳥の親が必死に鳴いて、あわてふためいている。
ってことは、まずかったかな。
Dsc03216

Dsc03217

Dsc03218

ヒナが三羽か四羽、すぐ近くからあわてて移動して行く。
その間もけたたましく動き警戒する親鳥。
ちょこまか歩きのヒナもあれっと思っている間に、向こうのほうへ行ってしまった。

落ち着いたようなので、雷鳥とコマクサの光景をねらってみる。
Dsc03222

うまくいかないなあ、これとこれでばっちりと思ったのに。
Dsc03220

Dsc03221

でもまあ、なんという雷鳥との遭遇率。

これはアレですね。
「独り静かに山を楽しむ寡黙なおじさん」族に与えられた唯一の恵み、というか。
静か、というのと寡黙というのがキモ。
時計も兼ねて万歩計をつけているが、山の登りではあまりカウントしない歩き方も。

継子岳Ⅱ峰から見上げる雄大な御嶽の姿は、やはりおあずけか。
Dsc03225_2

Ⅱ峰からの下り、目指す四の池の残雪の夏の「春の小川庭園」を俯瞰する。

今日もいつもとにかく、ここへ来ることが主目的なので心がおどる。
ここを周回している人にたまに会うが、お互い距離感を保って。

それにしても四の池、あの中心の薄い緑色のサークルが気になる。
まるで口噛み酒を納めにいったあそこのようだ。

四の池は周囲の外輪山(継子岳など)の雪解け水を集めてできている。
その昔は二ノ池や三ノ池のようなしっかりと水をたたえる池だったのだろう。
それが一部決壊して流れ出し、幻の大滝となって木曽側に落ちている。
滝の落ち口とか滝を上から見るのは危険なので今日は省略。

何はともあれ四の池。

雪解け水が何本もの小川をつくり、ひとつにまとまっていく様はまるでミニジオラマ。
Dsc03226

春の小川を渡渉し、せせらぎと花園と背景に雪山を見る。
Dsc03237_2

四の池を野球場に例えると、ちょうどホームベースの位置でくつろぐといい。

靴を脱ぎ、腰をおろして昼食休憩。

天気は変らず、青空はついに出てこなかった。
でもまあ、時間はかかったがふたたびここへ来られたことに安堵する。
蝶もちょっと少ない、でも耳をすませば鳥の鳴く声がしっかり聞こえる。

蝶が舞い 花咲き乱れる 残雪の 夏の小川に 雲雀さえずる

さてと、重い腰と足、とろけた身体をあげて、たらたらと帰ることにする。
まずは三ノ池との境界までの上り。
疲れたら、四の池と継子岳を何度も振り返って気を散らす。
Dsc03241

三ノ池、ここは神水であり水場でまた神秘な池として崇められている。
Dsc03240

群青の池の水と残雪など、被写体としては申し分ない。

飛騨頂上方面へは辛い上りが続くが、途中の花に癒される。
Dsc03243

ようやく摩利支天への分岐。
元気も気力も体力もないので摩利支天へは寄らない。

五の池、そして五の池小屋。
Dsc03248

Dsc03249

展望テラスで少しだけまったりする。

大きく周回して再び戻ってきた。

さてと、この雄大な坂をたらたらと下ることにしよう。
Dsc03251

後半のすべりやすい道は慎重に、と。

今日の反省

万全とは言わないまでもせめてふつうの体調で山に来たいものだ。
計画は余裕を持って、とは当たり前のことだがそれが難しい。
山の後の温泉は、五の池小屋で入手した旅館御岳の半額券。
ふだんの日帰り入浴は千円だが半額、しかもドリンクサービス付とは太っ腹。
有名な混浴露天風呂をしっかりと満喫した、ずっとひとりで。
Dsc03227


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年10月 9日 (日)

山歩き:権現づるねを歩く

山歩き:権現づるねを歩く

昔あのウェストンは木曽谷上松から木曽駒に上り、権現づるねで伊那谷に下りた。
登山道の整備された今、その軌跡を辿るには距離と時間、置き車など難題が多い。
せめてその気分だけでも味わうべく権現づるね(尾根)を往復する。
久しぶりの遠出とその長い歩きに筋肉は悲鳴をあげ、体力不足を痛感する。
P1070032

【山行日】2016年10月7日(金)    
【山 域】木曽山脈、権現山、権現づるね、将棊乃頭
【天 候】晴れ時々曇り
【形 態】往復 単族 軽装
【コース】伊那スキーリゾートトップの権現山登山口の駐車地起点
登山口6:01--7:25権現山--8:40五合目(辻山)8:51--八丁立--10:00勇次郎峠ノ頭--
--11:12将棊乃頭--11:29西駒山荘11:59--12:10将棊乃頭--13:37五合目--
--14:29権現山14:39--15:32登山口

観光地図では五合目以後、八丁立、勇次郎峠ノ頭、長尾根ノ頭などの記載がある。
五合目の標示以外、現地ではそれらしい標示を見つけることはできなかった。

紅葉の山を歩きたいと思いつつ、長雨にひるんでいたら、季節は過ぎていた。
身近な知人のレポやヤマレコを参考にするが、コース自体は難しくなさそう。
ようやく訪れた好天気らしい貴重な日に重い腰をあげて出向く。

中央道駒ヶ根ICを出てからも道は分かりやすく目印は伊那スキーリゾートの看板。
まだ暗かったので交差点角のコンビニで買出しをし、朝食で時間をつぶす。
空に明るみが出てきたので、スキー場横の急勾配の林道を上がっていく。
簡易舗装されてはいるが、途中ぬかるみでタイヤが空転してあせる。
舗装が終わり、すぐに林道が二手に分かれるところが駐車地らしい。
P1060952

スキー場のトップは開けていて、眺めはいい。
P1060951

権現山登山口はそのすぐ上部にあり、登山届はそこで書く。
P1060953

まだ暗くて湿っぽい道をとにかく上がっていく。

先は長い、あわてず息切れをしないペースを心がけていく。
「木曽路をめぐる旅(木曽観光連盟)」のパンフには木曽駒登山マップが紹介されている。
上松A・Bや木曽福島A・Bとともに権現づるねがあり、上り4時間だそうな。
上松コースが7時間以上なので、ちょっと眉唾ものの記載かもしれない。
一応、将棊乃頭までを5時間とみて、最大でも5時間半、11時半を折り返しにする。

地元の小学校が遠足に使用している道はよく整備されている。
P1060955

土俵跡という山の中ではめずらしい広場をすぎると、尾根道に変わる。

勾配はきつくはないがやさしくもない、という正当な山道。
P1060959

急なところにはロープも設置されているが、これは滑り止めの下り専用。

ウェストンが使った常輪寺からの道をあわせ、しばらく上っていくとようやく開けたところに出た。

真っ先に目にはいってくるのが山腹に枝を広げた岳樺の大木。
P1060962

そして地元西春近北小学校の登頂記念板の数々。
P1060963

天気予報はよかったのにここまではガスが立ちこめ、湿っぽいままである。

ウェストンの来訪を示す標示もある。
P1060968

権現山三角点は、裏側の大岩のもとにあった。
標高1749.3mで、「伊那よくみえる」とは御上手、地元の大切な山なのだ。

ここから権現づるねの尾根道に入る。
歩く人はおそらく非常に少ないが、整備された道跡ははっきりとしている。
勾配もゆるいので普通にたんたんと歩いていく。
P1060970

ところがそれは長くは続かなかった。

何よりも蜘蛛の巣が随所に張っている事。
それを避けるために細くて長い枯れ枝を拾って振り回しながら進む。
笹がしっかりと繁茂して道を覆っている。
笹の葉には残念ながら露がいっぱいついていて、それが容赦なくふりかかる。
えいままよと枝を振り回していくが、もわっとかべちょっと顔にまとわりつく嫌な感覚。

ふだんヤブ道などは通ることがないからこんな情況に気分はどんどん萎えていく。
ずっとこれが続くようなら、いい加減なところで切り上げようと弱気がのぞく。

板谷の頭をすぎて左折していくと笹原は弱くなり、尾根も広がり明るくなる。
P1060980

樹幹越しに木曽駒の主稜線が、うっすらと遠くに見えるようになる。

左手を見れば、すきまから伊那谷を覆う雲海のむこうに赤石山脈も見えている。
P1060978

ほどなくして五合目(辻山)に着く。
P1060981

これは木曽駒登山の五合目で、このすぐ先で道は(辻を)直角に右折する。

ここでは左、東側が切り開かれ展望が広がる。
P1060982

ずっと樹林帯と笹原の歩きだったので、こんな普通の展望地がとてもありがたい。

ここからはいったん緩やかに下っていく。

それまでとは少し様相が変わり、広い森のなかを歩いていくような感じ。
P1060987

P1060988

P1060993

ヌタ場があらわれ、倒木を苔が覆う。

二重にも三重にもみえる山稜、線状凹地をゆるやかに上がっていく。

そして壁のような斜面(たぶんこれが八丁立)があらわれると一気に急登になる。

ジグを切る道は強引に進むが、よくみると丸太で階段が作ってあったりする。
P1070024

利用者が少なくて、こんなので道かと思うが、地元の人が手を入れているのである。

下りでは時々踏み跡を外しそうになったが、きちんと道に戻らないと厄介である。
人の手(足)の入った道は、ヤブ道とは全然違うということを痛感する。

壁の急登がようやく終わり、ゆるやかになるともふもふの苔道があらわれる。
P1070021

高い山にはどこにでもある道だが、これはこれで貴重な場所だと思う。

じりじりとふたたび坂が急になってくると樹林相が代わり、這松があらわれるようになる。
P1060995

それはすぐに森林限界になり、背伸びすると木曽駒の見事な稜線が見えた。
P1060996

伊那前岳から宝剣・中岳へと続く山並み。

もちろん向かう方向には将棊乃頭も見えてきた。

時間は予定以上にたくさんかかり、長くて苦しいのぼりだったのでほっとする。
P1070008

タイムリミットの5時間半には少しだけでも余裕がありそう、まだ救いはある。

観測機器の置かれたここが将棊乃頭。
P1070004

伊那谷の平地がぐわんと広がり、しっかり見下ろせる。
P1070005

高い山に登れば当たり前のように見ていた景色だが、今日はそれがとても新鮮だ。

振り返り、木曽駒方面は見慣れた景観とはいえ、迫力がある。
P1070006

将棊乃頭山は指呼の距離で、窪地には西駒山荘がしっかりと建っている。

桂木場からの道もはっきり見えるが、あれは縞枯れ?
P1070010

尾根のそれぞれの頭には白い花崗岩の岩が鎮座、この山脈の特徴。
P1070009

とりあえず、西駒山荘まで降りることにする。
P1070012

今日、初めて人の姿を見る。

そしてそこでタイムリミットの11時半になる、行動は終了。

できればここから木曽駒とか、濃が池とか、オプションが付けられたらよかった。
はかなくもそんな妄想は木っ端微塵に砕かれた。
時間に余裕があったとしても、せめて将棊乃頭山まで、だろうな。
狭まっていくだけだが、自分の体力の限界というのを自覚しないと。

前々回の2013年に来たとき、建て替え中だった西駒山荘。
P1070014_2

美しい建物で、内装の豪華さには目を瞠らされる。
従前の石室は文化財になっていた。
P1070016

ここで昼食とする。

風のあたらないところを選ぶ。
稜線はすっかり涼しさをこえた秋の風が吹いていた。
ぱらぱらと人が通り過ぎ、休憩していく。

帰りはピストンなので気は楽だ、長い距離なのが心配。
4時間あれば、すなわち明るいうちの16時前には戻れそう。
P1070017

まずは花崗岩の鎮座するポコポコヘッドに上がり、しばしの稜線漫歩。
P1070020

名残惜しいがすぐに這松帯に沈む。
どすんと鈍い痛みが走る。
這松に隠れた太い枝のアックスボンバーを食らう。

注意散漫は危険、要注意で。

上り返しがほとんどないのでずんずんとあわてずに気をつけて下っていく。
P1070026

八丁立の下りは特に慎重に下りる。
前述のように、踏み跡を時々見失う。
おかしいな、と思ったら横着はせず、すぐに戻って道に復帰することを心がける。
きつい下り坂なので踏ん張る事が多く、少しずつ足の筋肉がぶれるようになる。
いたわり、だましだまし、ストレッチを入れて進んでいく。

こんな時は少しの上り返しがとてもありがたい。

五合目で休憩を入れる。
P1070031

ここからはなだらかなのでがまんしやすいが、笹原は足元が見えないので厄介。

板谷の頭から権現山までが本当にとても長くていやになる。

権現山で休憩。

ここまで来れば先はよめる、休んでさいごに備えよう。
P1070032_2

ここの象徴の大木、岳樺への日当たりが変わってさらに神々しい。

ここはやっぱり、いい。

ただし、ここからの下りはきつかった。
しっかりとくたばった自分の足の筋肉は、この急坂に悲鳴をあげ続けていた。
最後はロボット歩きでようやく登山口(下山口)に着いたのだ。

駐車地(スキー場ヒルトップ)からの景観も秋を感じさせ、そこに充実感が加わった。
P1070035

山上の紅葉こそとっくに終わっていて空振りだったが、しっかり歩けてよし、と。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

山歩き:錦秋の木曽駒が岳

山歩き:錦秋の木曽駒が岳

ずっと体調不良で山への意欲もわかなかったが、錦秋の山だけは愛でたい。
近場の木曽駒が岳を、いつもは日帰りだがとてもそんな自信はなく、小屋泊で歩く。
時間と体力に余裕がもてると、素晴らしい錦秋で山は応えてくれた。
Dsc07669

【山行日】2015年9月27・28日(日・月)    
【山 域】木曽山脈、木曽駒が岳(福島Bコース周回)
【天 候】曇り、晴天
【形 態】周回 単族 小屋泊装備
【コース】木曽福島コガラ登山口駐車場起点
1日目 登山口9:31--9:59丸木橋--10:12四合目--11:53七合目避難小屋12::01--
--14:00九合目玉ノ窪小屋--14:30頂上木曽小屋泊
2日目 小屋6:52--木曽駒が岳--7:40宝剣岳--8:19伊那前岳--9:38濃が池10:22--
--11:04将棋頭山--11:55茶臼山12:04--13:54正沢川渡渉--14:14登山口

直前まで日帰りにこだわっていたが寝付けず、睡眠が2時間で出発するのは危険だ。
ということで再び寝床に入り、ぼんやり頭で計画を変更し、出発間際に装備を付け足す。
一般道でたらたらと車を走らせ、木曽福島のコガラ登山口に来る。
天気は曇りで午後から晴れる、とはいうがそこは休日、10台ぐらいの駐車、多いなあ。
三回目の慣れた登山道なので余裕をもって出発。
Dsc07482

出発時刻があまりに遅くても、今日は上にあがるだけなので、あせりはまるでない。

長い林道歩きをすませ、丸木橋(丸木はなく、飛び石で渡渉)をわたる。
Dsc07485

無理のないペースを思い出しつつ、じっくり歩いていく。

前回はほとんど流れていなかった力水で一服一口、すっきりとうまい。

ほとんど針葉樹林の霧の中に時々はっとするような黄葉が浮かび上がる。
Dsc07490

久しぶりに本格的な山でなんとか歩けていると安堵していたが、徐々に足が重くなる。

七合目避難小屋に着く頃には、休憩がとても待ち遠しくかった。
Dsc07496

泊まるあてもないのに、小屋内をのぞくのはいかがなものか。
Dsc07493

ここからはトラバ道で少し変化もあり、黄紅葉も増えてくるので気がまぎれていい。
Dsc07495

Dsc07497

天気はガスのかかったまま一向に晴れてくる気配はない。

それでもそのガスがぐわーんと上昇したりとばされたりしている。

ガスが切れるとその向こうに、秋の気配の濃い、かなり湿った黄紅葉が広がる。
Dsc07499

Dsc07500

なんでもいいけど秋が感じられるからいい、むやみやたらにデジカメることになる。
Dsc07503

山腹をへつる木橋とか、岩ゴロの山姥とか、麦草岳の巻き道は見回す景観も印象深い。
Dsc07513

Dsc07514

ガスはどんどん切れかけているし、青空がのぞくようになってきれいな光が出てきた。
Dsc07519

しかし、歩くペースを忘れてしまったように、ずるずるのそのその歩きになっていく。

八合目周辺の少し開けた場所で、五人ぐらいの人が休憩している。
Dsc07526

疲れ果てた自分に対して、「今日は泊まり?」と聞かれる。

そりゃあそうだ、こんな時間から上がって戻れば闇下だろう。

そんな彼らはみんな日帰りのようで、しっかり歩いた爽快感のようなものが漂っている。
「このコースは穴場だね」

いつもなら、そんな会話に喜んで加わるのだが、今日は口をきくのも辛い。

「玉ノ窪小屋は今晩は営業していないけど、頂上木曽小屋はやってるよ」
予約すらしていない自分の心を見透かすようにアドバイスをくれる。

とにかくこのすり鉢の底からはいずりあがらなければ、九合目は遠い。
Dsc07528

玉ノ窪小屋のある九合目は遠くからちらちらと見えていたが、この最後の上りが苦しい。

途中、腹も空いてきたが、休憩すると長居しそうでそれがこわい。

といいながら、小屋を目前に倒れこむように、遅い昼食休憩とする。
ミニパンをいくつか食べ、午後の紅茶で流し込むと、胃がきりきりと痛む。
何をやっているだか、最悪だな。
これ以上はとても食べられないのでやめて、たらたらと進み、やっとこさの九合目。
Dsc07529

確かに玉ノ窪小屋が休業で開いてない。
Dsc07531

でも、この「お知らせ」は、親切なのか、冗談なのか。
非難小屋(避難小屋ではない)っていったいどこのことだろう。
Dsc07532

天気は、ガスがあがって少しはすっきりとした展望が見られるかと思いきやうーむ。
Dsc07534

頂上というか、その直下の小屋を目指して上がっていく、あと少し。

すると急にすれ違う人が幾人もあって、珍しい。
木曽前岳にあがっていく二人組、今から上松Aコースを降りるという重装備の人。
こんな時刻だから闇下だと思うが、他人の心配より自分の今だな。

すぐにまた、ガイドさんらしきがツァー客を引率して、散歩しているの光景。

そして自分は、今まで傍らを通るだけだった頂上木曽小屋に着く。
Dsc07538

人の気配がないので、指示通り玄関外の板木を木槌でこんこんと叩く。
しばらくしてあらわれた管理人さんは自分より一回り以上年配の方だった。
予約していないことを告げると一瞬表情が曇ったが、以後は宿帳の記入など。
簡単な注意のあと部屋に案内され寝場所を指定される。
この小屋は、山頂直下に建つだけあって大地にへばりつくように低くかがんでいる。
その分、天井が低くなり梁も低くなっているので、頭をぶつけない注意が必要ということ。
Dsc07559

そのあとすぐにお茶と、菓子盆にいっぱいの黒糖かりんとうのもてなしがあった。
考えてみれば管理人のおじいさんはひとりで夕食の準備など、多忙な時間だったのだ。
当日の宿泊者は13人、夕食も朝食も何もかも全部ひとりでこなしている。
大原、キビオ登山口から麦草岳経由できた重装備縦走の若者にも細かい気遣いをされていた。
リタイアして家事だけしていて、やれ体調不良だと言ってる自分が恥ずかしくなった。

今宵の宿も決まればあとは安心、自由な時間。
夕方の山頂周辺をのんびり歩き回る。
おそらく昼間の山頂は大勢の登山客でにぎわったことだろうが、それを感じさせない時間。
Dsc07550

またこの日は十五夜で、次の日が中秋の名月なのだそうで、そんなことも知らずに来た。
夜には最初は星空が、その後にはくっきりと満月があがり、朝方まで残っていた。
ただ予想外で驚いた事は、とにかく寒かった(ほぼ2900mの高地にある小屋だもんな)。
Dsc07548

宿の夜具に毛布があって、これでどれだけ救われたことか。

ほかの宿泊者のみなさんは準備よろしくダウンやハードシェルをしっかり着こんでもやはり寒いと。

翌朝の日の出は5時半、折角の機会だから5時ごろから頂上に繰り出す。
Dsc07574

西を見ると、満月が木曽前岳に上方にまだ残っていた。
Dsc07573

みんな考える事は同じで、下の頂上山荘からもぞろぞろ人が集まってくる。
Dsc07581

寒い中、風を避けながら待っていると、無情にもガスが立ちこめたり。

でもなんとか日の出を拝み、本当に久しぶりのその事に新鮮な気持ちになれた。
Dsc07585

Dsc07588

とにかく、天気は上々になりそうだ。
Dsc07593

西を見ると、朝日に照らされた木曽前岳と麦草岳のむこうに御嶽が浮かぶ。
もちろん手前の大きな影は木曽駒が岳。

今日のメインは黄紅葉を愛でること、なかでも濃が池のそれをしっかりと味わうこと。
以前、コガラ登山口から茶臼山・福島Bコースの周回では寄れなかったその場所へ行く。
出発。

小屋を出て、木曽駒が岳山頂から中岳を越えて行く。
朝のこの早い時間に山頂に上がる人々を見ると、頂上木曽小屋の優位を感じる。
Dsc07600

テント泊の人の朝は早い。
Dsc07601

まずは宝剣岳に寄っていこう。
余裕のあるこんな時だからこそ、日頃は渋滞する山にも行けるわけか。

十数年前に一度だけ登っているが、記憶は怪しい。
岩場を上がっているときはたいしたことない、と思っていたが、トラバの鎖場だった。
鎖をつかんで力をあずけた瞬間、ずるーっと鎖が延びたのだった(当然だけど)。
あの鎖はバランスを維持するためにつかむだけで、力をかけるものではなかった。
そんなことも知らず、ビビッてしまった、トラウマ。
帰りにはそこで渋滞し、待たず譲らない人もいて、すれ違いでヒヤッとした。

さて、ひとりの先客さんにモデルになってもらって、今日はどうだか。
最初こそすいすいと上がっていけるが、あそこに来るといやな記憶がよみがえる。
Dsc07604

Dsc07606

山頂に直立する大岩?
Dsc07607

もちろんここはパス。

千畳敷の紅葉を確認し、宝剣から南に続く道を俯瞰する。
Dsc07609

Dsc07610

ヘルメットをしっかりとかぶっている人、今はこれが常識なんでしょうね。
Dsc07613

次は、伊那前岳に行く。

ほぼ平坦な道で、ほとんど苦労もなくいける距離。
Dsc07633

なのにロープウェイで上がり、乗越浄土に来たほとんどの人には見向きもされない。

途中、宝剣岳のいい姿が撮れるし、千畳敷ほかをしっかり俯瞰できるのに。
Dsc07620

Dsc07631

自分にとっては、これだ。
Dsc07629

Dsc07624

伊那前岳まで行かないと、濃が池周辺の鳥瞰写真は撮れないのだ。

この山は伊那谷の登山口から上がってここへ来たときこそ真価を発揮するのだろう。
Dsc07628

伊那前岳から木曽駒の中心へ戻っていく。

九合目の表示のある乗越浄土手前のコブも見事なものだが名前すらつけられていない。

途中、木曽駒方面を見ると、この山はほとんど白い岩でできているのがわかる。
Dsc07635

平日とはいえ天気の良い日なので、登山客・観光客がどんどん増えてくる。
Dsc07638

表示に従い、駒飼ノ池を経由して、濃が池へ降りて行く。

何度も木曽駒へは来ているが、この道を歩いたことは一度もなかった。

まずは駒飼ノ池。
Dsc07641

ほとんど貯水はなく、秋の小川の一部分状態で惜しい。

少し下って、あとは濃が池への巻き道というか水平道。

遠くから見ていたのとは違って、近くだと何かと足を止めさせられることが多い。
Dsc07646

Dsc07648

Dsc07656

次から次に現れる黄紅葉が光に輝いて文句なし。

こんなところがあったんだ、知らなかった自分がうらまやしい。

同じような場面で、何回でも足を止め、とにかくデジカメる。
Dsc07660

Dsc07662

Dsc07664

吸い込まれるような青空を背景に、あざやかな黄紅葉の中の白(岩)が特徴。
Dsc07669

足元が水の流れで歩きにくくなると、いよいよ池の末端になり、平坦な濃が池に来る。
Dsc07670

これはいい。
Dsc07676

今まで見た錦秋というか黄紅葉でも出色、なにせそこにプラス池があるんだから。
Dsc07688

ここで少し早いしまだ午後ではないが「午後の紅茶」で昼食休憩にする。
岩に腰掛け、とにかくリラックス、日頃はしたこともないのんびりだらり。
時間と体力に余裕をもつということは、こんな時間を産み出す事ができるんだ。

再び二年前のことを思い出す。
登山口から茶臼山へ上がり、周回縦走してきて将棋頭山周辺でbiwa爺に会った。
あの時、彼が親切にも言ってくれたこと、「濃が池に寄っていくといいよ」。
でも、茶臼山への上りで疲れ果て、馬の背を前に余裕のなかった自分はそれを断っていた。
今にして思えば寄り道に使う時間は往復ほんの15分ぐらいだ。
余裕がない、ということはなんと愚かな判断をすることだろう。

ちなみに小屋に同宿のみなさんはコースこそ違うがみんなここに寄っていた、当然か。
さてと、あとは縦走し、茶臼から延々と下るのみ。
立ち去りがたし濃が池、少し上からもう一枚(くどい)。
Dsc07693

たそがれ高洋が紅葉に昂揚し、ピークハンターに豹変するの巻。

木曽駒が岳には主峰を中心に前衛峰や衛星峰があり、そして脈打つ稜線がある。
Dsc07700

将棋頭山(竜ケ峰)から茶臼山への稜線にも分水嶺・胸突八丁ノ頭・行者岩だ。

それらは辛い上り下りはほとんどなく、逆に展望がずっとあるので楽しい縦走路ともいえる。
Dsc07710

Dsc07709

Dsc07715

Dsc07712

Dsc07719

時折振り返ると、木曽駒が岳の峰々というかオールスターズがそれぞれ主張する。
Dsc07720

登山と軽い岩遊び、紅葉の池鑑賞と縦走まで楽しめる豪華な山域。

分水嶺から行者岩と茶臼山を見る。
Dsc07725

稜線歩きもあと少しで終わる。

茶臼山に来る。
Dsc07746

ここでもう一度、最後の展望を味わい、下りに備えて呼吸を整える。
Dsc07750

Dsc07751

ここからはとにかく視界の開けない下山路が延々と続く。

とにかく我慢、道は迷いようのないぐらい目印がある。
Dsc07753

おっと、これはでかい、熊のふん?
びっくりしたぞ。
Dsc07755

Dsc07756

四合目ぐらいから足元がごろごろ石で歩きづらくなるが、それまでは落葉でふかふかだ。

行者水をすぎて、くだんの正沢川の渡渉さえ無事にできればあと少し。

正沢川の橋はしばらく流失したままだったが、最近、丸太橋がかけられた。
Dsc07764

ありがたいことだ。

足の指や足の裏がひりひり痛みを感じる頃、ようやく登山口にもどる。
Dsc07767

振り返ると、かすかに木曽駒山塊が見えた。
Dsc07768


今回の教訓

ほんの少しでも、もちろん充分でも、時間と体力に余裕のある計画は大切だ。
それこそ現在の自分にはとても必要なこと、と思い至った。
歩く事だけで精一杯ではなく、オプショナルツァーをこなす余裕があってこその山歩きかな。
最初は道型の美しい上松Aコースを考えていたが、また今度でいい。
周回コースが設定でき、いろんなことのできるコガラ登山口って貴重だわ。
Dsc07596

木曽駒からこのコースを見ると、正面向こうに乗鞍が見える。

上松Bやキビオ道の通るここ、牙岩の崩壊部分。御嶽と麦草岳のツーショットはいいのに。
Dsc07595

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

山歩き:御嶽(黒沢口)、紅葉にはまだ早い秋

山歩き:御嶽(黒沢口)、紅葉にはまだ早い秋

長雨の夏が過ぎ、朝晩は涼しい秋、でも紅葉にはまだ早い。
久しぶりに好天気の三連休の最終日に出かける。
たくさんの入山者をいつものように受け入れる御嶽。
Dsc03694

【山行日】2014年9月15日(月)    
【山 域】御嶽、黒沢口・中の湯
【天 候】曇り、山上は肌寒い
【形 態】周回 単族 中装
【コース】六合目旧中の湯付近の駐車場起点
P6:47--7:23七合目行場山荘--8:02八合目女人堂--9:05九合目覚明堂--
--9:33剣が峰9:43--10:01西峰--10:29二ノ池11:01--賽の河原--
--11:43三ノ池避難小屋11:50--横手道--12:47女人堂--13:49P

この夏の山行はみんな不十分だから天気の良いこの三連休はにぎわう。
そんなことを考える人がたくさんいて、混雑するのもわかっていた。
でも行ける時に行かないと後悔するのもいままでの反省から。
ということで準備し、前日は少し早く床に着いた。
しかし3時起きはほとんど眠れないまま、動悸息切れ状態で出発。
原因は明瞭、不眠や疲労が高血圧ほかを刺激している。

よく知っているいつもの道路だから、ということだけが救い。
自宅から約175kmを予定通り3時間半で旧中の湯付近の駐車場に到着。
泊駐車もあるのに、駐車車両は意外と少なく、人の気配もない。

出発。
枕木で作られたような階段状の道を黙々と上がっていく。
Dsc03684

朽ちて一部苔むした木や石の道がこの登山道の歴史を物語っている。
人に会うことはまれなので、変化のない道は準備運動と割り切る。

七合目行場山荘の手前でロープウェイからの人々が合流する。
Dsc03685

ここからは一気に人声がするにぎやかな登山道になる。

下ってくる人は山上で泊まった人、朝早くから忙しいなあ。

ところで行場山荘のトイレが新築、駐車場のトイレも建造中。
御嶽の方々で、標示やトイレ、ロープなどが新しくなりつつある。
この前、整備の行き届いたゴミのない白山を見ているので納得だが。

八合目女人堂に来る。
Dsc03686

ここで一気に視界が開けるが、天気は曇り空で残念。
Dsc03688

東の空や山並みはきれいなんだが。
Dsc03687

少し歩みを進めたところで北の方を見ると乗鞍岳が見えた。

もっとはっきりと見える地点があるのだからあわてなくてもよいのに写真を撮る。
Dsc03689

でも見た時が撮る時、この日はその後ガスがかかってもう見られなかった。

一旦視界が開けて明るい登山道になるが、ハイマツ帯の中は気分がめげる。
ざれた道は歩きづらく、なかなか高度を稼げていないように思われる。
森林限界を過ぎてもざれ道は続き、先方や周囲を見ては気をまぎらす。

そんな時、下山する人を観察するのも楽しみのひとつになる。
Dsc03690

たくさんのあいさつが返ってくる団体さん、無視する孤高の人。

おそらく無視ではなく、声に出せないぐらい追い込まれているとか。

こんなおしゃれなコーディネイトをするなんて、モデルさん?
Dsc03698

ザックとハットとスカートを水玉と同系色で合わせる。

山ガールというよりも、大人の女はここまでするのか。

石室山荘を横に見て、覚明堂を目指し、目の前の壁に迫っていく。
Dsc03707

覚明堂を過ぎてもうひとのぼりすれば稜線というか御嶽の山上になる。
Dsc03708

Dsc03711

剣が峰が前方に見え、周囲に視界が開けるので、気分的にも楽になる。
Dsc03713

あくまで気分的なだけで足が重いのは変わらないので、最後は惰性か。
Dsc03714

剣が峰山頂へ、立派過ぎる最後の階段。
Dsc03715

振り返ると田ノ原登山口から王滝頂上への道、たくさんの登山者。
Dsc03723

御嶽の入山では一番多い田ノ原、白山の別当出合と同じぐらいの割合か。

ここがゴールとくつろぐみなさん、お疲れ様です。
Dsc03721

そして山頂からのおなじみの景色。

まずは北側の二ノ池から遠く継子岳、そして御鉢こと一ノ池と西峰。
Dsc03719

Dsc03720

少し前から風が冷たくて肌寒かったのでここで雨具を着る。

いつものように御鉢周り。
Dsc03725

まずは地獄谷をのぞく。
Dsc03727

Dsc03728

昨日9月14日は1984年の長野西部地震で御嶽の山体が崩落した日。

歩きながら、この御鉢こと乾いた一ノ池を見る。
Dsc03730

うーん、どうみても野球場だ。

ここで草野球したら楽しそうだけど、高山病で頭痛になるかも。

上がっていくと、継母岳が見下ろせるようになる。
Dsc03735

御嶽の山上から継母岳が見えるのはここと摩利支天山や王滝など。

ということで、継母岳はその存在すらあまり知られていない。

この前、スカイウォークさんが使ったのはどのルートなのか、目印はどこ。

剣が峰の反対側、標高約3030㍍の西峰から剣が峰を見る。
Dsc03737

いつもはここで昼食休憩するのだが、今日はそんな高揚感はない。

御鉢周りを続け、二ノ池にはすぐに下りないで、その先の出っ張りへ行く。
Dsc03738

剣が峰と一ノ池の枯れ滝の落ち口。
Dsc03744

北に寄ると、二ノ池が真上から見下ろせる大岩、すぐに足はガクガク。
Dsc03746

ざれて滑りやすいジグザグの道を二ノ池へ下りていく。
Dsc03749

すれ違う上りの人は踏ん張りどころで結構つらそうだ。

二ノ池と小屋周辺では昼食というよりピクニック広場になっている感じ。
Dsc03765

少し周囲をふらついて適当な空き地を探すがなかなか見つからない。

外国の人は重厚な雰囲気で、よくぞここへ来られましたなあ。
Dsc03755

若者は調理器具以外に椅子まで用意して、くつろぐ事に貪欲なのだ。
Dsc03759

自分はといえば、いつもながら食欲も少なく、この景色だけでいい。
Dsc03766

ただ今日は、寝不足・高血圧による体調不良からごろっと寝たかったのに、残念。

休憩後、コースを短縮してここから下りるという気の迷いも感じたが、覚醒。

いつものように賽の河原から三ノ池に下り、横手道を通って女人堂にもどった。

賽の河原には変化があるのかないのか分からないが、ふしぎなところだ。
Dsc03772

ゆっくり上がって縁から見下ろせば三ノ池、と思ったらガスがかかりだした。
Dsc03773

ざれた道を、ここは特に気をつけながら下りていく。
Dsc03774

Dsc03775

ガスがはれ、三ノ池がその神秘な姿を現す。
Dsc03776

二ノ池同様この湖畔も人気があり、拝む人訪れる人が多い。
Dsc03777

ずっと池の傍でたたずむ人を見ているとまるで別の世界に来ているようだ。

三ノ池避難小屋付近の分岐から横手道に入る。

ホシガラスが食を求めてすばしっこく飛び回っている。
Dsc03784

横手道は全般に水平道だが、沢を越えていく時に上下動する。

しっかりと整備はされているが、落石も多いので慎重に行く。
Dsc03786

雪渓がなくなっていると思ったら、次の沢にあった。
Dsc03788

前を行く若者二人組はなかなか慎重に歩を進めている、大事なことだ。
Dsc03789

Dsc03792

無事に女人堂へ戻って来られてここからは単調な長い階段状の下りになる。
Dsc03796

剣が峰で見た人にここで再び会うふしぎを感じたりしながらずんずん下る。

往きの時とは違って、七合目からPへの道が長く感じられるのはなぜだろう。
誰にも会わないはずの静かな道に突然、それも大人数の団体さんが現われた。
今から上がって八合目の女人堂泊まりだそうで、こんな時刻それもありなのだ。
Dsc03795

Dsc03801

帰り、19号線は案の定渋滞で、行楽と仕事帰りが合体してたらたら数珠繋ぎ。
寝不足と疲労で眠たかった、これが一番辛かった。
ルーティンワークのような御嶽の山歩きはそれなりに満足のいくもの。
ただ体力も気力も何もかも衰えてきているので対策を講じないと・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月28日 (月)

山歩き:御嶽・継子岳で春の小川を

山歩き:御嶽・継子岳で春の小川を

この時季の御嶽、継子岳のコマクサやお花畑は見逃せない。
四の池の外輪山(継子岳)を周回し、初夏に春の小川を愛でる。
難点は、濁河温泉までの道のりとかかる時間、猛暑にくらくらめまい。
Dsc03283

【山行日】2014年7月25日(金)    
【山 域】御嶽・継子岳、濁河温泉
【天 候】曇りのち晴れ、酷暑日
【形 態】往復と周回 単族 軽装
【コース】濁河温泉下呂市営駐車場起点
P7:09--8:36八合目--9:42飛騨頂上--10:23継子岳--Ⅱ峰--
--11:16四の池12:01--12:28五の池小屋--13:06八合目--14:11P

御嶽のこの時季は継子岳がいい、コースも飛騨側からが楽だ。
不安材料は、家からの道のりが他より遠いことと時間がかかること。
なにしろ飛騨小坂から濁河温泉までの約40kmの道の運転がきつい。
山腹沿いのぐにゃぐにゃ道はとばせないので1時間は覚悟しないと。
そんなこんなでなんとか登山口までやってきたが、4時間以上の運転でぐったり。
良かったのは登山口に市営の駐車場があり、平日で余裕で停められたこと。

天気予報は快晴で暑くなりそうとのこと。
しかし道中の41号線、途中から20度を下回る気温で涼しかった。
登山口でも涼しくて、山の上はもっと下がるからとFTのフラッドラッシュも着る。
Dsc03185


朝方で湿っている中、橋を渡って出発進行。
Dsc03186


最初は、うっそうとした苔の森を足元に注意しながら歩いていく。
Dsc03188


木道など整備はしっかりとされているが、古くて、なにしろ滑りやすい。

左手に滝の音を聞き、硫黄のような温泉のにおいをずっとかぎながら歩いていく。

湯の花峠でそのにおいがピークになり、樹間の南に少し展望が開ける。
Dsc03190


途中、家族連れや若いカップルの登山者、単独行の人を見るがこれはどこでも同じ。

樹林帯に、ゴゼンタチバナとモミジカラマツが多い道をひたすらのぼる。
Dsc03198


Dsc03192

のぞき岩で休憩、汗びっしょりでたまらずFTの肌着を脱ぐ、やれやれ。
Dsc03194

もう少し進んだ先でほぼ道半ば、百mごとの表示板でもそんな感じ。

下ってくる人とすれ違うようになる、早いお帰りなこと、もったいない。

八合目に来ると、登山道の雰囲気に変化があらわれる。
Dsc03195


Dsc03202

もう少しあがると森林限界になり、周囲にハイマツが目立つようになる。

時々、ガスが切れると小さな雪渓のある摩利支天があらわれる。
Dsc03203

剣が峰ほかの御嶽の峰々は摩利支天で隠されている。

直射日光こそあたらないが、紫外線でじわじわと焼かれるような感じ。

ハイマツの上に出ている岩の雰囲気もいいが、疲れも出てきて微妙だ。
Dsc03216

それにしても上りがきつい、立ちくらみがしてふらふらっとよれていく。
ホント、危ないところだった。
夕べというかこのところ、夜は暑くて眠りが浅い。
まったくの睡眠不足のまま4時間近くも運転してきているのだから。

たらたらと少し進んでは止まって水を飲み、深呼吸をしては伸びをする。

稜線の向こうに飛騨山頂らしきが見えてきても、なかなか近づけない。
Dsc03218

高齢ながら足取りも軽くハイカラな方たちがくだっていく。
Dsc03209


Dsc03206

左手の斜面にコマクサ畑があらわれると飛騨山頂は近い。
Dsc03224

天気はというか、気象の変化が激しくてガスにおおわれてしまった。

とりあえず飛騨山頂へ。
Dsc03229

この風とガスでは身体が冷えるので、着替えして雨具を着る。

一休みしたら本日の楽しみ、四の池の外輪山(継子岳)周回歩き。

まずは継子岳を目指す。

なだらかな稜線歩きなのに、ガスで視界が開けない。
Dsc03233

岩くぐりをしたり、お花畑に立ち寄ったり、針の山を越えていく。
Dsc03236

ガスが少しでも切れるタイミングを逃さず、四の池を撮る。
Dsc03234

一気にガスが切れて、晴れて、継子岳が美景をさらす。
Dsc03243


Dsc03242

山頂周辺は広く、360度の展望台でもある。
Dsc03247

ぐるぐるうろうろする。
Dsc03246

大きなチョウが風に煽られながらも健気に飛んでいる。

アゲハだが、10cm以上のとても大きな固体で、岩に着陸。
Dsc03252


こんな高所までいったいどこから飛んできたのか。

しばし見惚れる、いいものを見た。

次に継子岳Ⅱ峰へ行く。
Dsc03267

御嶽の全景を見たり、路肩に寄って四の池外輪を見下ろす。
Dsc03262

ここら辺もコマクサ保護のためロープが張ってある。

こんなのを見ると、あらためて火山の岩だと思う。
Dsc03264

路肩に寄って今度は、下界を見下ろす。
Dsc03268

この稜線歩きは、お花畑の中を進んでいくようでもある。
Dsc03270

何か動くものを発見。

雷鳥の親子で、三羽、見分けられますか。
Dsc03272

こちょまかと動き回るヒナたち、周囲を警戒しながらの親鳥。
Dsc03274


Dsc03279

あれあれっと思っている間に、向こうのほうへ行ってしまった。

継子岳Ⅱ峰から見る雄大な御嶽の姿。
Dsc03283_2

剣が峰から見下ろす御嶽もなかなかなものだが、どっちがいいか。

Ⅱ峰から下り、目指す四の池の「春の小川庭園」を俯瞰する。
Dsc03289

今日はとにかく、ここへ来ることが主目的なので心がおどる。

先客がいたみたいだが、すぐにこちらへ上がってきている。

結構きつい上りだと思えるけど、お疲れ様です。
Dsc03294

四の池を流れる春の小川はひとつにまとまり幻の滝となって木曽側へ落ちる。

滝の落ち口だから覗き込むのはもちろん危険だ。
幻の滝と言われるが、別の位置から少しだけ見られる。
その滝の落ちる先も、また別の位置から見られる。
流れる順番に見ていくとこんな感じ。
Dsc03298


Dsc03299


Dsc03323


Dsc03296

これだけだとそんなに高さも感じられないが、これ以上は危ないのでやめ。

春の小川を渡渉し、せせらぎと花園と背景に雪山を見る場所をさがす。

野球場の、ちょうどホームベースの位置でくつろぐことになる。
Dsc03314

ここで昼食休憩。

靴を脱ぎ、汗で濡れた衣類を乾かす。
Dsc03301


Dsc03303

先ほどまでのガスや風はなくなり、強い日差しに照らされる。

あらまあ、ハチがいっぱいやってきてシャツにまとわりつく。

さんさんと紫外線を浴び、じりじりひりひりとしてきた。

さてと、重い腰ととろけた身体をあげて、たらたらと帰ることにする。

まずは三ノ池との境までの上り。
疲れたら、四の池と継子岳を何度も振り返って気を散らす。
Dsc03327

三ノ池、ここは神水であり水場でまた神秘な池として崇められている。
Dsc03326


Dsc03332

辛い上りの途中で、花に癒される。
Dsc03328


Dsc03336


Dsc03330

ようやく分岐へ、摩利支天をめざす人。
Dsc03335

五の池小屋と飛騨頂上。
Dsc03339


Dsc03340

大きく周回して再び飛騨山頂に戻ってきた。
Dsc03344

数時間前の朝方と違って、天気はまぶしい空に変わった。

さてと、この雄大な坂をたらたらと下っていく。
Dsc03345

暑い夏の午後、照りつける太陽はまぶしい。

それでもこんな時間に上っていく人が結構いる、人それぞれ。
Dsc03350


Dsc03353


今日の反省

万全とは言わないまでもせめてふつうの体調で山に来ること。
計画は余裕を持って、と当たり前のことで。

この夏の山歩きのシーズントップはコース計画で前日まで迷う。
いつも日帰りの御嶽だが、山の上で泊まりこの山を味わいつくすのはどうか。
いつもの黒沢口から上がり広い御嶽をぐるりして、ゆったりと五の池小屋へ、そこで泊。
翌日は継子岳周辺をぐるりして、横手道から登山口にもどる、そんな計画。
日帰りでもできそうだが少しきつくて余裕がない、山の上で夕陽と朝日の贅沢。
しかし、生来の貧乏性というか準備が面倒になり、あえなくいつもプランへ。
もういい加減、時間と金はあるのだからゆったりすればいいものを、アホめ。
Dsc03265


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

山歩き:茶臼山から木曽駒ヶ岳(福島Bコース)

山歩き:茶臼山から木曽駒ヶ岳(福島Bコース)

茶臼山から将棋頭山を経て木曽駒ケ岳への主稜線の雄大なこと。
右に木曽前岳、左に伊那前岳の尾根が主峰を支える。
すべての尾根が一箇所に集まっていく、その奥まった高所。
どこから見ても木曽駒ヶ岳は木曽山脈の中心で、主峰だ。

021

【山行日】2013年9月28日(土)
【山 域】木曽山脈:茶臼山、木曽駒ヶ岳、福島Bコース
【天 候】晴れ
【形 態】尾根周回 単族 軽装
【コース】コガラ登山口駐車地
P6:41--7:01渡渉7:19--7:57五合目--9:54茶臼山10:07--
--10:31分水嶺--12:31木曽駒が岳12:59--13:17九合目--
--14:28七合目小屋--15:07五合目--15:45渡渉--16:16P

今日の周回コースは長いので距離と時間に不安がある、本当に大丈夫か。
まったく年寄りの冷や水、もとい、アラカンのぬるい水。
刺激を求めるのもいい加減にしておかないとそのうち痛い目に会いそう。

先週の御嶽と同様、朝3時に起きて暗い中、ほとんど同じ道を走らせる。
コガラ登山口へは昨年まちがえているので今回は気をつける。
あれ、駐車車両がない。
すぐに大阪ナンバーが入ってきて、少し安心。
福島Bコースはそこそこ歩く人はいるが、多くはない。
これは、木曽側からのコース(上松AB福島AB)全般に言えること。
大体にして、ABなどと名前の付け方が悪く、親しみがもてない。
上松道、麦草道、キビオ道、コガラ道でいいのではないか。

さて今日は、最初に茶臼山へ上り、主稜線をつめて木曽駒へ。
下りはコガラ道を利用する周回コース。

001

この時計回りにするか、反対回りがいいのかは誰もが悩むところだ。
自分の場合、知らない道は上りがいいので、必然的に今日の右回りになった。
注意点は、最初の正沢川にかかる吊り橋らしい。
バランスに不安のある、あくまで緊急用の吊り橋で、自己責任でとのこと。

コガラ道から別れ、左の林道を進むと、しっかりした橋で幸ノ川を渡る。
その手前に最初の、例の自己責任の注意が書いてある。
橋を過ぎて林道は右に上がっていくが、すぐ手前に沢へ降りる踏み跡がある。
ひょっとしてここか、と不安に思いつつ林道をあがっていくと再び例の注意。

002

いよいよ例の吊り橋かと緊張しつつ、沢の方へ進んでいく。
太いワイヤーロープはあるが、吊り橋らしきが、ない。
えっ、橋がない!

吊り橋の踏み板が一枚だけ水中に没している。

003

これではとても渡れない。
仕方がない、渡れるところがあれば岩伝いに行こう。
まあこれが普通の沢を横切る、渡渉スタイルだ。
近くを見渡し、上流へ、そして下流へと歩き回る。
流れに勢いがあるし、渡るには少し幅がありすぎて、ドボンしそう。
靴を脱いで裸足で渡る、この一番基本的な方法か。

靴と靴下を脱ぎ、それらを落とさないように気をつけて、冷水を渡る。
事後、ぬれた足を手ぬぐいで丁寧にふき、再び、履く。
結構、面倒な作業で、時間もかかった。
最初からすぐにそうしておれば、とも思うが・・・優柔不断、難しいところだ。
そんなところへ、制服を着た方たちが四人、現れた。
地元の遭対協の方のようで、登山道の様子見や点検らしい。

005

ということは、吊り橋が流されたのは、つい最近のことか、不運。

ここからすぐに茶臼山への急な登りがはじまった。
斜面をジグザグにきざんで、狭いながらもきちんとした登山道だ。
利用者は当然少ないのでコースミスは許されない。
だからしつこいぐらいに赤テープ赤ペンキの指示がある。
これだけあっても、滑りやすい不安定な足元ばかりを見つめていると、
どんなことで道を外さないとも限らない、そのための究極の対策。

また、茶臼山2653m山頂まできちんと合目表示がある。

009

五合目で尾根に上がるとそこからは尾根筋に高度を上げていく。
合目表示はていねいだが、時間や距離の感覚はばらついている。
次の合目までの目安時間は、あくまで目安だが、ほめて励ます感じ。
あまりにリアルだと、落ち込む人が出ないとも限らない。
六、七合目から八合目へと単調で急な上りが続く。
樹林帯で、展望はなく、めぼしいものもないから余計にそう感じる。
ほんの少し樹幹越しに麦草岳(2733m)方面が見え、

010

その高さから、まだまだ先があることを気づかされたりもする。

前方が明るくなりようやく九合目かと期待するが違っていた。

015

ただ、初めて展望が開ける。

今日は絶好の晴れ、御嶽や乗鞍、木曽駒の稜線の壁があらわれる。

017 018

稜線漫歩を期待すると再び樹林帯に入り、ようやく展望のない九合目。

020

十合目にはいつ着けるのだろうとの期待は何度も裏切られ続ける。

だから、茶臼山山頂に着き、その雰囲気と360度の展望にはほっとする。

022 023 024

同時に、ここまでで今日のほとんどのエネルギーを消費してしまった感じ。
もっと短時間で予定していたが、標高からも甘い読みだった。

それにしてもここから臨む木曽駒ケ岳は見事なものだ。

025

右手には肩のような木曽前岳、それを支えながら続く麦草岳などの尾根稜線。
左手には屏風のように長い肩の伊那前岳とそれに続く尾根。
手前は、この茶臼から将棋頭山、そしてぐわんと上がっていく何?
そう、これが主稜線で、すべての尾根が一箇所に集まっていく。
もちろん中心にあたる広く高いところが木曽駒ケ岳。
といって、主峰が本当に見えているのかどうかは確かではない。
その壁のむこうの奥まったところにきっとあるのだろう。

茶臼山から木曽駒ケ岳へは稜線漫歩になるはず、でも遠い。
時間も結構かかりそうだ、少し不安になる。

オベリスクこととなりの行者岩へは一旦下っていく。

尾根歩きではこのアップダウンは当然にある、避けようがない。
先ほど山頂の2653mまで上がったのに、再び2600mまで下がる。
もったいないけどこれがないと茶臼山はただの尾根の通り道になってしまう。

027

つまりこの茶臼山は、はじめから存在しないということ。

行者岩は見る角度で表情を変える。

026_2 028 029 032

せっかくデジカメったのに、虫の集団がレンズのすぐ前で群れていた。

分水嶺こと桂木場道との交差点からは夏道である巻き道を行く。

034 036_2

おそらく花の時季にはお花畑になるのだろう。

035

前方には、堂々とした尾根が横たわる。

038

以前ヤブコギのレポで、ふーさんが書いていた権現づるねの詰め部分。
なだらかで気持ちよさそうにみえるが、ハイマツ他大変なんだろうな。

伊那市西駒山荘は立て替え工事中。

こんな風に、コンボも入って本格的土木工事なのだ。

040 042 043 044

ここら辺は広々として、山荘としてもふさわしい場所に思える。

ここからはいよいよ稜線漫歩で、歩いていて本当に気分がいい。

045 046

ここで今日初めて、登山者を見る。

前を行く人は、桂木場から上がってきて、日帰りするという。
この時刻では少し遅いかも、と口にすると、ペースが上がり視界から消えた。

もう一人はテント泊の帰りで、どこかで見た感じ。
茶臼方面からコガラに下りるその人に、吊り橋の話などを伝え、感謝される。
その後は少しだから登山靴のままジャプジャプ渡る、と彼は言う。
声で思い出した、ヤブコギネットの有名人だった。

聖職ノ碑・遭難碑を見ながら、今日の天気との違い他を思う。

050

前方には、木曽駒の中核が見えてくる。

049

主稜のどんづまり、三角形の中岳がいい味を出している。

それに比べれば、宝剣なんかケルンにしか見えない。

047

濃ケ池と馬の背の分岐に来る。

053 056

へろへろ歩きで時間に余裕はない、直登の馬の背を目指す。

058

ここに来て、登山者が増えてきた。

うろうろと散策する人、下りてきて濃ケ池を目指す人。
みなさん、足が軽い、装備がはなやか。

見えない主峰を目指して、立ちはだかる壁を登っていく。
少し上がると、左下に池が見えてくる。

059 061

なるほど、濃ケ池はtarnなんだ、見られてよかった。

それにしてもきつい登りだこと。

060

数歩進んでは止まって息を整え、ため息をつく。

気を紛らすために一口二口水を飲む。

何度も濃ケ池を見下ろす。

063 064

そしてよっこらしょと上がると、木曽駒ケ岳がようやく姿を現した。

067 069 070

この奥まった所に鎮座する、これぞ主峰、いいなあ。

071

頂上が目の前に見えたところで、歩みはたらたらのまま。
でも、やっとここまで来られた、遅かったけど。

一時はエスケープも考えた。
もう今日は歩くのをやめて、山小屋に泊まる、とか。

主峰の周りには登山者がいっぱい、でも広さには十分に余裕がある。

074 075 077 078

東西の社に参り、いつもの静かな西側で腰をおろす。

するとそこには、朝駐車場で会った隣の車の人たちがいた。
少し話をしながら、この後のことを聞く。
彼らは、山座同定などをしながら、木曽前へ寄ってみるとか・・・。

もうすぐ午後1時、明るい内に戻るにはリミットだ。

下り道とはいえコゲラ道の下りは気が抜けない。
玉ノ窪山荘の九合目まではるんるん。

084 085

あり地獄から花畑の八合目、水音が聞こえる水場。

090 089 091

ここで朝、沢に来ていた遭対協日義班の方たちに会う。
完全装備にプラス長い草刈鎌などを持って、お疲れ様です。

山姥の岩ごろごろ、隙間の残雪、痛んだ木の橋。

098

慎重に、気をつけながら下りていく。

101

七合目避難小屋を過ぎてからはひたすらの下りになる。

木の根っこをひっかけないようにと思っても、何度も躓く。
あんまり足元ばかり見ていたので、肩と首筋が痛くなってしまった。

四合目半の力水、今年はなんとか保っている感じ。

104 105

最後は、幸ノ川の渡渉で、エアリアにある「丸木橋」はない。

106

渡ってから岸辺伝いに歩くのに少し苦労した。

その後の林道歩きがまたとても長いし、所々ざれていていやになる。
予定時間を越えたとはいえ、なんとか明るい内に戻ってこられてよし。

109

体力的には、やはり限界だな。

今日の反省点

計画は余裕をもって立てること。茶臼山の登り、主稜線の時間が甘かった。
山小屋を含めてエスケープへの対応装備も考え、持つこと。着替え・防寒具など。
下り時間が昨年と全く同じ。それでいいのだが、伸びシロなどはもう期待できず、か。

097

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

山歩き:快晴、秋の御嶽(黒沢口)

山歩き:快晴、秋の御嶽(黒沢口)

雲ひとつなく360度の展望がひろがる山頂。
暑くも寒くもなく、絶好の山日和。
不安は、気力体力が衰えた自分の身体。

041

【山行日】2013年9月21日(土)
【山 域】御嶽:黒沢口(中の湯)
【天 候】晴れ、朝は肌寒いが日中は夏が戻った
【形 態】一部周回で往復 単族 軽装準急
【コース】 御嶽中の湯駐車場
 登山口7:03--8:12女人堂--9:10覚明堂--9:34剣が峰--10:07別峰10:32--二ノ池--
--賽の河原--11:43三ノ池交差点--横手道--12:47女人堂--13:49登山口

久しぶりの遠征山歩き。
以前は喜び勇んで行っていたことが、最近はまるで気力なし。
退職して毎日歩くこともなくなり、体力も衰えた。
天気がどうの、準備が大変、面倒なことはやりたくない。
このまま思い出の世界にひきこもりそうになっていた。
たまたま寄った本屋の雑誌コーナーで山の本を立ち読みする。
PEAKSで、トレイルとかなんとか派手な流行言葉がならぶ。
ちゃらい若いのを見てたら、負けてられない気分に。

すると天気よしの絶好の山日和。
出直しで行ける山域はここしかない。
前夜のうちに準備をし、夜中の3時に起きる。
暗い中、419号から19号へと車を走らせる。
林立する多くの墓群を見ると、帰ってきたような敬虔な気持ちになる。

001

中秋の満月が王滝頂上に浮かび、朝の快晴の御嶽が眼前に。

いつも余裕のある黒沢口の駐車場にもけっこうな車が駐車している。
Tシャツでは肌寒く、すぐに尿意をおぼえトイレに駆け込む。
まわりの人はアウターまで着込んでいるが、
吸汗速乾の長袖Tシャツにドライの半袖Tシャツで出発。

008_2

八合目の女人堂までは、とにかくがまんの歩きだ。
よく整備はされているが、痛んだ丸木の階段は歩きづらい。
樹林帯が多くて直射日光があまり当たらないのは助かる。
御岳ロープウェイからの道が合流すると一気に人が増える。

009

女人堂手前の数百メートルはだれにとっても苦しい上りになる。
御嶽は山に慣れていない人も多いところだから、なおさらだ。
山登りの最初が富士山、それが御嶽に代わっただけのような感じもする。
ロープウェイで上がると、簡単なような気にもなるのだろうか。

女人堂に来ると一気に視界が広がる。

011 013

今日は、天気も快晴に近いので遠くの山々がよく見える。

014

乗鞍や北アルプスがこんなにもよく見えることに感心する。

火山特有のがらがらにざれた歩きづらい道を上がっていく。

徐々に足が上がらなくなり、引きずりながらもたもた。
ここらへんが一番しんどい所か。

018 020 021

前を歩いている人が石室小屋にむかったので後を追う。

道はそのまま小屋の中?通り抜けできるのかな。

022

それは許されていて、小屋の人が温かい声をかけてくれた。

小屋を抜けると、覚明堂へあがり、ざれた道をもう一息。

023 024

二ノ池分岐から剣が峰まではあと少し。

028 026

すぐ眼前に見えているが、ここまでで疲れているので亀足になる。
降りてくる人が多いのは、王滝方面から上った人か。

頂上小屋の前を通って、階段を上がっていく。

031

御嶽剣が峰、今年も無事に来ることができた。

034

今日の頂上からの眺めはとびきりすばらしい。
これが正真正銘の360度の展望(実は一部は欠けている)だろうか。
なにせ見える視界で雲に覆われているところが、ない。
富士山も見えたが、何よりも乗鞍とその背景である。

030 056 035_2 

山姿特定というが、こんなに見えすぎると浅い知識ではうろたえる。

さていつもの御鉢めぐりで、反対側の山頂で休憩としよう。

040

地獄谷を覗き込む。

037

次に再び噴火するのはやはりここだろうか。

大きな野球場スタジアムこと一ノ池。

045

いつも控えめな継母岳。

054

上から目線で見下ろすからそう感じるのだろうか。

たぶん3030メートルぐらいの剣が峰と反対側の峰。

053

こここそ、剣が峰と違って四周見渡せる絶好の展望台。
汗でぬれた背中もしっかりと乾かすことができた。

白山もしっかり見えたが、別山があまりさえないのが少し不満。

059_2

食後は御鉢の残りを歩き、急坂を二ノ池に下りる。

061

ここは逆だとかなり辛いものがありそうだ。

花の時期は終わっているが、残雪と池はいつもながら神秘的。

064 069 070

ここでのんびりくつろぐ人が多いのもよくわかる。

そして、賽の河原から三ノ池へ。

073

いつも静かな賽の河原を渡っていく。

074 077

ひとつひとつの石積みはたくさんの人の気持ちがこめられているのだろう。

今日は摩利支天にもかなりの人が入っている。

076 078

池に下りる前に剣が峰方面をしっかりと目に焼き付ける。

084

御嶽は頂上台地がべらぼうに広いので方々からこんなことができる。

一番なのは、継子岳から剣が峰方面を仰ぎ見ることだろうか。

三ノ池を見下ろす。

082 088

ここは二ノ池とは違って別の意味で神秘的な感じがする。

周囲を深く囲まれて暗さと寒さを覚える。
急な道を慎重に下りていく。

ここにきてナナカマドほか植物の鮮やかさに気づく。

085 086

三ノ池には以前見落としていたモノがあった。

090

ここから南の壁を見上げると、これはこれでひとつの山に思える。

091

ここから横手道をとおって女人堂にもどる。

残雪や落石で通行禁止になることの多い道だが、利用者も多い。

096 097 099

すれ違う人や団体さんが多く、今晩の山小屋は賑わった事だろう。

御嶽は、富士山・立山・白山とは別格の特別の山で魅力にあふれている。

098 103

個人的にもなんとか7時間の山歩きができて少し安心した。
無理をしてでも少し遠くへ足をのばすことは必要かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

山歩き:木曽駒ヶ岳 福島Bコース

山歩き:木曽駒ヶ岳 福島Bコース

七合目小屋を過ぎてから樹間に木曽駒ヶ岳が見える。
北西、玉ノ窪沢方面から見る木曽駒もまたいい。
木曽駒ヶ岳は木曽山脈の中心でどこから見ても主峰だ。
この山の日帰りは長い、貴重な試練歩きになる。

024

【山行日】2012年9月16日(日)
【山 域】木曽山脈:木曽駒ヶ岳 福島Bコース
【天 候】晴時々曇り
【形 態】往復 単族 軽装
【コース】コガラ登山口駐車地
登山口7:27--7:56丸木橋--8:45五合目--9:30七合目小屋--
--10:16八合目--11:12九合目--11:48頂上12:07--12:24九合目--
--13:37七合目--14:18五合目--14:59丸木橋--15:53P

木曽駒へは木曽谷から木曽福島と上松からA・B各2コースある。
福島Aと上松Bは麦草岳から牙岩への稜線が悪路で難点となる。
一番利用されているのが今回の福島Bコースらしい。
だが、歩きやすい、整備されているから楽とは言えない。
でもどこかその気のゆるみが朝寝坊で出発が遅れ、道間違いとなった。
19号線を北上し、木曽福島をすぎてから右折する。
信号は「原野」、分かっていたのにあわてて「伊谷」から入る。
少しあせったが、これでも行けて福島Aキビオ峠登山口を経由する。
別荘地を抜けてスキー場へ、これも上のPまで行ける。
こういう細かくて大事な情報を入手したのにぽかをするとは。
キビオ峠には1台の車もなかったがこちらには数台。

003

登山口も注意が必要。

004

ヒルトップへは行かず林道をつめていく、こういうのが重要。

向かう林道はこれで結構傾斜があり、がらがらと歩きづらい。

005 006

私有地なので車では入れないが、途中にはゲートがある。

091

ここら辺まで車で入れると便利だが、そういう要求はきりがないからなあ。

やがて歩いてきた左岸側から左折して、右岸へ渡渉する。

008

エアリアでの表示は丸木橋だが、橋はない。

渡ると道は本格的な登山道になりどんどん高度を稼いでいく。

すぐに四合目になり、ここで尾根に乗る。

009

力水という水場には四合目半の表示がある。

011

水がちょろちょろと流れていることを確認しつつ、あえて飲まなかった。
これが帰りに、気落ちするひとつの要因になる。

五合目、六合目とひたすら黙々と、でも着実に上がっていく。

013

針葉樹林帯で展望はわずかだが、日差しもないのでありがたい。

ここら辺から岩ざらが出てきてようやく少し変化がでてくる。
当然といえばその通りだが、上松や空木・南駒の途中に似ている。

014

見晴台からは遠く、御嶽、乗鞍が展望できた。

015 016

これもここからだけの展望で、その後はかなり上まで見られない。

七合目の避難小屋へは樹林帯をくぐりぬけた先という感じ。
少しの広場になっていて明るいが、ハエなど虫も多い。

021

避難小屋は外観も内部も感じがよく、大事にされていることがわかる。

019 017

交差点の指示表も新しい。

020

手で鐘を叩くとかすかだがずっと響いていた。

ここから道は麦草岳の山腹道となり、趣がぐんと変わる。

027 028

針葉樹からダケカンバになると、樹間越しに展望が開ける。

024_2

眼前には木曽山脈の主脈が衝立になっている。
その主脈が右へせりあがり集約された所が主峰の木曽駒ヶ岳。
どっしりと大きくて、奥まってどんと鎮座している。

そして道にはゴロ石があらわれ変化にも富む。

031 032

草地でもあるので時季には花畑になるのだろう。

今は盛りを過ぎて、地味めなものが咲いていた。
道に覆い被さっているので、アザミのとげがちくちく痛い。
これも、上松や空木・南駒の途中とそっくり。

040 087

大きな岩がごろごろしてくると山姥。

景観が広がり、岩の上をぽんぽんと渡っていくのは楽しい。

山側を見上げると緑と青空がまぶしい。

037

今日の天気は雨や雷も心配したが、まだ大丈夫だ。

山姥の核心部はさらに大岩で、苔むしてひんやりしている。
それもそのはず、下を見ると残雪がある、氷穴のようだ。

038

このまま融けないで万年雪になっているのではないか。

041

登山道もへつり道なので狭くて危なっかしい。

042_2 044

鉄パイプを組んだ上に木橋が渡されてはいるが注意も必要。

山腹道には秋がいつの間にか訪れている。

046 050

岩が切り立っているところは、牙岩だろうか。

054

道はへつりから谷底をつめて上がっていくようになる。

大きなアリジゴクをひたすら高みを目指していく。

061

開放的な場所だが、疲れも出てきているので下をむいて行く。

062

時折、振り返ったりして休息を増やす。

なんとか鞍部、九合目の玉ノ窪小屋に出る。

064

この木曽駒と木曽前岳がつくるたわんだ稜線がまた安心する。

鞍部は峠のようでもある。

065

上がるとむこうに三の沢岳ほか南部の稜線が続いている。

ここまではなんとか予定通りにきているようだ。
出発時刻の7時半は予定より1時間以上遅かった。
だから麦草岳方面は無理、茶臼山周回はもっと無理。
登り4時間半として、12時を引き返し時刻としていた。
今日もなんとかなりそうだ、でもいっぱいいっぱいでもある。

山頂へ向かうこの岩ごろごろの象徴的な道に入る。

067

先ほどからガスがどんどんわき上がってきている。

急ぎたいがかなりばてているので足が上がらない、そんな時間帯だ。
少し上がっては休み、呼吸を整え、腕をあげたりする。
上松からも、白山室堂からも、御嶽でも最近はいつも同じだ。
最後の詰めがしんどくて仕方がない。
いっそ時間をとって座ろうかとも思うが、その後が不安でできない。
歩きづめ立ちづめがいつものスタイルなので、変えられない。
たらたら牛歩で進む。

振り返れば豪快な景色が広がるのはよく分かっている。
男二人組が降りてくる、軽装だ。
トレランさんかと思ったら、テント泊で様子見にきたようだ。

069

ここまで会ったのは5組ぐらいで、皆さん山泊の下山組だった。

頂上小屋を過ぎると頂上の一角が見え、人影を認めるようになる。

070

一気に華やぐ人気の山の正体を現す。

似合わないがそれらに惹きつけられるようにして祠に近づいていく。

072

どんどん人影が増える。

岩陰で風を避け、皆さんランチタイムのようだ。

そう言えば汗をたくさんかいたが、暑くはなかった。
風はすっかり秋の風だし、頂上付近では寒いくらいだ。
というか、ロープウェイ組の皆さんは寒さにふるえている。
それにしても老若男女だれもがおしゃれな格好をしている。

074 075 077 079

ブームはここまで浸透したのか。

黒タイツに半パン、鮮やかな色合いのソックス。
高機能シャツの上にブランドもののアウター、素敵なハット。
食べ物がみんなガスストーブでカップ麺というのがちょっと。

ま、いいか。
こういう皆さんが業界を支えてくれているのだ。
ありがたいことだ、今後もよろしく。

自分か?
今日もユニクロのドライ2枚で十分、合羽を少しだけ羽織った。

ガスが出てきたとはいえ、山頂からの展望は豪快。

081_2

こんな景観が簡単に手にはいるのだから貴重な山だと思う。

さて、そんな間も人はどんどん入れ代わりにあらわれる。
近くの若い人に、もっと歩くようにけしかけるが、これは年寄りの戯言。
人それぞれの楽しみ方でいいし、何がいいでもない。

時刻も押してきたので、下り始める。
最初は軽快、これならなんとかなりそうだ。
山姥の辺は慎重に通過し、へつり道にくる。

085

ここで気をつけていたのに足のフトモモをぶつける。
アックスボンバーを食らったような痛みでしばらくかがむ。

その後も、木の枝や浮き石など気をつける所はいっぱい。

七合目小屋では、泊まりの人と少し話す。
水場のことや、コースの情報交換。

しかしその後も下山でずるっとする回数が多すぎる。
飲料水もあと少しになってきた。
2㍑のところ、1.9リットルにしたのが失敗だったようだ。
でもまあ、あと少しで水場だからと全部飲む。
力水で一杯だけでも飲んでいこうとコップに水を掬う。
いかん、いくらやっても泥や異物がいっぱい入る。
がっくり。
仕方がない、反省点としよう。

堅くなり言うことをきかなくなった筋肉をだましだまし下る。

丸木橋渡渉点で、沢の水に手ぬぐいをひたす。

090

何度もしぼり、汗拭き、顔拭きとする。

そこからの林道歩きも、下りだが長いし、急坂に感じた。

092

さて今日の反省。

個人的な問題だが、もうこれ以上の長いコースは無理みたいだ。
上松Bコースはどうしてもやりたいし、茶臼山経由もなんとかしたい。
でも、少しぐらい余裕があってなんぼだろうな。
そうなると上りは4時間、下り3時間まで、かな。

051

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月29日 (日)

山歩き:夏、屈辱の御嶽(黒沢口)

山歩き:夏、屈辱の御嶽(黒沢口)

御嶽を歩く人の特徴。
山慣れた人は少なく、山歩きはここだけの人も。
でも信心があるから、願いは成就できるらしい。
そんな人にどんどん抜かれた日。

057

【山行日】2012年7月29日(日)
【山 域】御嶽:黒沢口(中の湯)
【天 候】曇り一時晴れ
【形 態】一部周回で往復 単族 軽装鈍足
【コース】 御嶽中の湯駐車場
 登山口7:38--8:53女人堂--10:03覚明堂--10:32剣が峰--11:05別峰11:22--二ノ池--
--賽の河原--12:33三ノ池交差点--横手道--13:32女人堂--14:35登山口

三岳の信号ではほとんどの車が田ノ原方面へ向かっていった。
圧倒的な数の墓群を抜けていく時も、御嶽はガスに覆われることが多かった。
そんな天気予報だが、いつも余裕のある黒沢口の駐車場にはかなりの車。
時刻も遅いのであまり人の気配はない。

ガスにおおわれた中をたらたらと歩き始める。

001

八合目の女人堂までは、とにかくがまんの単調な歩きだ。

時折、日が射すが、樹林帯ということで助かる。
今日はここ数日の熱帯夜から睡眠不足でどうも調子がでない。
まあ、いつも同じ様な言い訳ばかりしているのだが。

002

御岳ロープウェイからの道が合流すると道がぐっとよくなる。

そして急に人が増え出す。

こんなところでのんびりしてみたいような、ありえないような。

003

昨日からだろう、下りてくる人も多い。

なんか調子がでないまま、女人堂へきても天気は曇りのまま。

004

休憩する人が多いのはいつも通り。

005_2 006

なんかきついなあ、と思いながら、たらたらと上がっていく。

ここらへんから九合目の覚明堂までは、いつもきついところだ。

道端で休憩している人を見てもふだんは何も感じない。
自分の歩き方としては、ゆっくりでも休まないこと。
だから何度も立ち止まって息を整えようとした。
でも今日はそんなことすら無理で、ばったりと岩に腰掛ける。
一度そうなると、あとは何度でもそんな気になる。
足が、付け根からまるで上がらない。
腹がむかむかして、呼吸もうまくできない。
涼しい風が吹き抜けるのだけが救いだ。

しかし、今日は人が多い。

007_2 011_2 

団体さんというか御嶽講の人々、そして一般の人々。

014_2

御嶽の特徴は、山慣れている人が少ないことか。

ふだん山歩きなどしないが、信心から義務なのだ。
そんな素人さんや、ふだん運動もしないようなおばさんが多い。
そんな人々が前や後ろにいるのだが、近づけない。
そのうち、すーっと追い抜かれる。

そうなっても悔しくない、なにせ身体が動かないのだから。

015

そんなたらたらでも時間をかければ頂上に近づく。

田ノ原からの道が合流すると人があふれ出す。

最後の難関の階段が大渋滞だ。

016

ふだんの自分だとむっとして前へ出たがるが今日はこれに救われた。

頂上、剣が峰社務所前も大変な人で、お祓いその他で人人人。

018 019

一瞬、ガスが切れて一ノ池と外輪山が姿を現す。

021

それを見て、たくさんの人波から抜け、社務所裏へ向かう。

今日のあまりにだらしない自分に、予定コースの遂行を課す。

このお鉢周り、見ればぽつぽつ人の姿を認める。
ここまで来てこれぐらいしないとさびしいものだ。

023 

途中、道を外し、一ノ池に近づく。

中というか、下から見上げてみたかった。

026

すぐに「注意」の声がかかった、引き上げる。

そこでお鉢周り道を見上げると、山ガールのみなさんがいた。

024_2

山ガ三人組に、ガイド役で山ボが加わった四人組。

しばらくの間、つかず離れずで行く。

剣が峰の反対側の峰で自分は休憩、そこで別れる。

032_2 031

少しだけ話したが、明るく元気のいい娘さんたちで日本の将来は明るい。

033

すぐに別の若い男とも話す。

四日前に富士山、今日は二つ目の山、とか。
富士山でアドバイスを受け、今日はモンベルの完全装備だ。

もたもたペースの今日だからこそ、他人と話せる気分になれた。
山の歩き方その他、じっくり考えるべき時か。

その後は、二ノ池から賽の河原へ向かう。

035 037 041

お花畑ほか見所は多い。

042 043 046

三ノ池でもたくさんの人がお勤めしていた。

051 052 053

人にはそれぞれいろんな事情があって、目的も様々だ。

でもそんなひとつひとつが貴重な思い出になるなら幸福だろうな。

056 059

帰りの横手道。

道端には花があり、雪渓のトラバースあり。

047 058 060 066

そして、ゲイシャさんが今日も道先案内をしてくれた。

063 068 070

女人堂に戻ると、強力さんの背負子に人が乗っていた。

動けなくなって、緊急でおろす、らしい。

071

救急ヘリコプターの代用なんだろう。

その後は単調な木道を滑らないよう、慎重に下った。

072 073 074

自分の実力がよくわかった暑い夏の山歩き。

078

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月24日 (日)

山歩き:夏の御嶽(黒沢口)

山歩き:夏の御嶽(黒沢口)

墓石の並ぶ道をバスが十数台戻ってくる。
夏のこの時期、たくさんの御嶽講の人々が入っている。
恒例行事とはいえ、何が彼らを魅了しているのか。
歩くのでさえ大変そうな高齢の方が登る、お疲れさまです。

027

【山行日】2011年7月24日(日)
【山 域】御嶽:黒沢口(中の湯)
【天 候】曇り一時晴れ
【形 態】一部周回で往復 単族 軽装準急
【コース】 御嶽中の湯駐車場
 登山口6:59--8:07女人堂--9:06覚明堂--9:31剣が峰--二の池--
--賽の河原--11:10飛騨頂上11:22--横手道--12:49女人堂--13:50登山口

頂上の剣が峰へは王滝口の田ノ原が最短だが、黒沢口こそ由緒正しき登山口。
でも大部分は、御岳ロープウェイ利用とみた。
ふだんは歩くのも大変そうな高齢の方々が、登山道をのぼる。
足元は、山道だ。全然歩きやすくはない。
白装束をよく見れば、サテン地の高級なパジャマみたいだった。

黒沢口の駐車場はいつ来ても余裕がある。
実は今日の予定は、濁河から入り、継子岳だった。
こちらに回ったのは、濁河の駐車場に全然余裕がないこと。
家からの距離も、こちらの方が20㌔ほど近い、これも大きい。

001

ガスが流れる中をたらたらと歩き始める。

とにかく八合目の女人堂までは、がまんがまんの単調な歩き。

その上、階段の木は腐り、コバエがうるさくつきまとう。

055 054

樹林帯とガスで、朝の光が当たらないことだけが救いだ。

このままの天気だったら、展望なしなので、花と池めぐりに集中できる。

というか、今日も身体がだるいので都合の良い理由が欲しかった。

ああ、なんということだ。

004

女人堂の手前辺から日が出て急に暑くなり、屏風のような展望が拡がった。

006

仕方がない、とりあえずは九合目の覚明堂までいくとする。

ここからは展望も開けるが日光が丸当たりなので帽子をかぶり、首に手ぬぐいを巻く。

足元も歩きにくい。

008

救いは、風が出て通り抜けるので、汗が引いていくことか。

それにしても下りてくる人たちの厚着にはびっくりだ。

覚明堂をすぎて分岐に近づくと二の池から読経が聞こえる。

010

これだこれ、御嶽らしい。

ガスがふたたび出てきたが、お勤めだから、剣が峰へ向かう。

田ノ原王滝口からたくさんの人が来ているのが実感できる。

014

なんともはやの立派な石階段を上がると頂上だ。

012

みなさんの晴れ晴れとした顔や姿を見て、一の池を見下ろす。

だめだ、ガスで全然何も見えず。

ラッキー、これでお鉢めぐりはパス。

引き返し、二の池から賽の河原、できれば継子岳へと向かう。

017

いつ見ても水を蕩々と湛える二の池。

賽の河原への道はところどころお花畑になる。

019 022

ロープが張り巡らされた外の方が当然、花は綺麗だ。

061 064 071

あれ、何かが止まって羽だけを時折動かしている。

望遠で撮ってみる。

031

ゲイシャさん?

この後、横手道でもゲイシャさんがしばし道案内をしてくれた。

あくまでしばしの間だけ、金払いの悪いお客はすぐに見限られた。

継子方面へは、久しぶりに摩利支天乗越から行く。

残念ながらガスガスで、何も見えなくなってしまった。

一瞬だけ、三の池が見下ろせた。

035

五の池小屋を通り過ぎたところで、見知った顔があった。

037 038

あらまあ、こんなところでこの有名人さんに会うとは。
さすが、日本一周されている方だこと。
山ねずみさんは濁河から剣が峰、その帰りでいつもながら足取りは軽い軽い。

ガスがあまりに濃いので飛騨山頂までとする。

継子岳と四の池一周はパス、ということで、ホッ。

三の池の外輪を周りながら、四の池スタジアムを見下ろす。

043

未練はまるでなし、でもこの周辺の花はなかなかよろしい。

075 080

帰りは楽な横手道を、と思っていたら雪渓の渡りで多少手こずった。

049 047

それから、途中で強力の彼らに会う。

046

三の池の御神水をポリ容器ふたつで45㍑担ぐ。

とにかく一杯に入れないと水が動いて不安定になるとのこと。

雪渓の渡りは大変だし、一歩踏み誤れば一大事だ、ご苦労様。

ところで彼らの労働は、女人堂でこのように販売されていた。

052

これっ、つまらん計算をするでない。

でも、どれぐらい手当をもらっているのだろうか。

それで、本当に割りがあうのだろうか。

今日の反省
たらたらの毎日からは歩ける身体はできない。
花を撮って立ち上がると何度も立ちくらみがした、一体どうしたのか。
真の体力もないまま、だましだましやってきたが、もう嘘はきかない。
来週はどうするか。
いくら信仰心が強い(?)とはいえ、○山でも同様になる、困った。

051

| | コメント (3) | トラックバック (0)