山歩き:近江鈴鹿

2020年11月15日 (日)

山歩き:奥ノ畑谷から雨乞岳、秋を愛でる

山歩き:奥ノ畑谷から雨乞岳、秋を愛でる

鈴鹿の秋を愛でる第3弾は奥ノ畑谷から雨乞岳へ上がり、千種街道を下る。
黄紅葉には本命の千種街道(個人の感想です)があるので惰性の山歩き。
奥ノ畑谷の歩き方や詰め方には課題を残しつつ紅葉には満足する。

Dsc07664

【山行日】2020年11月14日(土)    
【山 域】近江鈴鹿:千種街道、奥ノ畑谷、雨乞岳
【天 候】晴れ
【形 態】一部往復の周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋付近の駐車地、起点
P7:59--9:03塩津橋--奥ノ畑谷--10:47南雨乞岳10:56--11:06雨乞岳--
--11:29杉峠11:40--12:01向山鉱山跡12:22--12:37塩津橋--13:32P

鈴鹿の秋を愛でるコースは多い。
樹木への台風の被害の少ない今年はどこでも大変よろしいようで。
それこそ数日おきに山に入っている好事家がネットでは見受けられる。
御在所、宮妻峡周回、入道界隈、日本コバも浮かんだがやはりココ。
山よりは道、千種街道はどこでも素晴らしいが極めつけは藤切谷だと思う。

不安材料は家から遠いこと、永源寺渋滞、駐車地が狭いこと。
特に駐車場、ここだけでなく鈴鹿の山ではどこもとんでもないことになっている。
有料駐車場ではキャパオーバーで遠路はるばる来た来訪者を断っている。
竜ヶ岳宇賀渓では臨時駐車場を用意していたが、他でもすぐにできるのか。

石榑トンネルを抜けて近江鈴鹿に入る。
銚子ケ口への駐車地は満車、道の駅は山ヤの集合場所になっている。
甲津畑を通り、鳴野橋に近づくずっと前に、もうたくさんの車が並んでいる。
車の方向転換だけをまずは済ませ、気持ちだけ遠慮しつつ路上駐車とする。

準備する間にも車が入ってくる、みんなやる気まんまんなのだ。

千種街道こと藤切谷道の歩き始めは舗装された林道で長くて単調。
でも落ち葉がしっかりと積もってすっかり秋気分、ウォーミングアップにもいい。

Dsc07650

行く先が朝日に向かうので、曲がり角が格好の期待を持たせる。

蓮如上人一夜宿跡の手前にある塩津橋が、周回歩きの出発点になる。
右折し、奥ノ畑方面へ急崖を巻くように進む。
へつり、回り込むように台地に上がり、最初の渡渉をする。
奥ノ畑谷主流はまずまずの水量である。
進んでいくと眼前に朝日を感じるようになる。

Dsc07651

久しぶりでなつかしい奥ノ畑の入り口。

すぐに奥ノ畑、下の畑。
下草が多くてなぜか狭いので、しょぼい。
しかも朝露なのかびしょびしょで、靴が濡れる。

道はあるようでない。
踏み後はあまりあてにしないほうがいい。
東へ行きたくなるがしばらくはずっと南南東へ。
上の畑はすぐには現れず、かなり上がってから。

Dsc07652

こちらは広い。
でも畑というんだから、人の手を入れないとまずいのではないか。
草刈や耕運機を入れないと外来植物や雑木に侵略されるぞ。

奥ノ畑の主、シオジの大木は一段下がった谷側に忽然と立つ。

元気で安心、裏側にまわって自分のザックと記念撮影。

Dsc07657

大きいキノコはまるで脳みそのようだが固そうだ。

Dsc07658

マスタケ?素人の軽口は禁物。
シオジの大木はすっかり年老いているんだからして。

奥ノ畑谷の美林の秋を味わっていく。

Dsc07660

今日の課題は稜線の奥ノ畑峠に上手に上がること。
過去3回は、右に大きく、右に少し、左に大きく外している。
だから、水量の多い谷の左岸をできるだけずっと詰めていく。
上がりの勾配がそんなにきつくないのでうまくいっている感じ。
惰性人間にも成長のあとがみられるか、と安心して横を見る。

Dsc07663

おお私の神様!
また外した、大きくではないが左へ100mぐらい。
清水ノ頭を見つつ峠に上がる高さなのにまだかなり残っている。

また課題ができた、いつまでも初心者、新鮮でいいじゃないか。

清水ノ頭方面から稜線を元気に歩いてくる単独者に追われるように南雨乞へ。
少し休憩。
ちょうど雨乞岳から笹原を泳いでくる人があり、ぼんやり見る。

Dsc07669

最近山を始めたという三重県の人で、近くにこんないいところがあった、と。
なるほど、いつでもどこでも聞くような話だけど、現実を物語っている。

雨乞岳へは笹原を泳いで行くが、最後に強引に進んで跳ね返される。
笹原は、先を見てもあせらず、慎重に足元を見て進むことが肝心だった。

Dsc07671

山頂に用はなく、すぐに下りに入ると足元が滑りやすい。

Dsc07673

雨乞から杉峠まで、いつものことながら危ない路線だ。

杉峠に休む人がいるのもいつもの景色で、すぐに藤切谷道へ。

一瞬で静かになる大木の並ぶ美しい道型の下山道。
それも巨木「一反ほうそ」に近づくと悲しくなる。
生者必滅とはいえ、とてもデジカメる気にはなれない。

そこは、これですね。

Dsc07679

大木の街道だから、寄る年波は隠せなくても黄紅葉は鮮やかに。

Dsc07680 Dsc07681

今日は一段と青空が映える。

Dsc07682 Dsc07683

いつもの休憩場所へ。

Dsc07684

先週、山歩きを休んだのが悔やまれる。
一週、遅かったような感じ。
少し風があるので奥に入ってこんな景色をおかずにする。

Dsc07686

藤切谷道ではずっとここを休憩場所にしてるけど、変化は必要か。
なんでも改革といえば善なのか、そんなことはないじゃろが。
いつものぐるぐる問答に溺れつつ、塩津橋に戻る。

午後の陽光がいいのに、軽薄にシャッターを押してしまった。

Dsc07689

そういえば下りでは、何組ものテント泊登山者に会った。
もちろんイブネ・クラシに向かう人たちだ。
ついこの前、というか十年ぐらい前にイブネは遠い場所だった。
オゾ谷やクラシ谷、マキガヒラ谷から向かうイブネはとても手ごわかった。
千種街道だと距離はあっても渡渉さえできればそれなりに行けた。
それが現在はどうだ。
きのう今日山をはじめたおねえさんがテントかついで行く山なのだ。
行く道は問題でなく、インスタ映えするイブネでどんな料理を、が大事らしい。
道や橋が整備され、適切な標識がたてられたもした。
それ以上に、ヤマレコなどSNSの大量の情報が彼ら彼女らを後押ししている。

山歩きに必要なのはそれだったのか。
俺の立つ瀬はどこだ。
歩く道だけはどこまでも続く。

Dsc07690

 

| | コメント (0)

2019年5月12日 (日)

山歩き:真西尾根から雨乞岳

山歩き:真西尾根から雨乞岳

ずっと気にはなっていても上る機会のなかった雨乞岳の西に広がる尾根。

昨年の黄紅葉の時季にまずは、西尾根を歩きその雰囲気に納得。

もうひとつの真西尾根には、新緑の今日を当てる。

Dsc04996

【山行日】2019年5月11日(土)    
【山 域】近江鈴鹿:千種街道、奥ノ畑谷、真西尾根、雨乞岳
【天 候】晴れ
【形 態】一部往復の周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋付近の駐車地、起点
P7:51--8:49塩津橋--奥ノ畑谷--真西尾根--11:04雨乞岳11:10--
--11:33杉峠11:40--12:09向山鉱山跡12:26--12:40塩津橋--13:34P

年に数回、石榑トンネルを抜けて近江鈴鹿に行く。
途中、竜ヶ岳宇賀渓駐車場を見ると車がいっぱいで相変わらずの人気だ。
トンネルを抜けて銚子ケ口もいっぱい、道の駅はそれなりの雰囲気。

甲津畑を通り抜けて鳴野橋に来ると、6台の駐車。
皆さん、先週の今日で連休疲れなのか、もともとここはこんなものなのか。
伐採があってその木材が道路脇に積まれているので駐車余地があまりない。

昨年11月、西尾根から雨乞岳へ上り、帰りの千種街道で紅葉を味わった。
もうひとつの課題の真西尾根は、秋を待たずに新緑のこの季節とする。
アカヤシオやシャクナゲなどの樹木、ヤマシャクなどを追い求めるのはもういい。

準備して林道に上がるタイミングで、車が入ってきた。

千種街道こと藤切谷道の歩き始めは舗装された林道で長くて単調。
それでも新緑のみずみずしさはしっかり味わえるしウォーミングアップにもいい。

Dsc04966
距離的にも時間的にも飽きがくるころに桜地蔵があり、Y川さんを思い浮かべる。
今日のコースはそのY川師匠のヤブコギレポを参考にしている。

道はよく整備されているが、丸太5本で真ん中が落ちたこの橋は少しひやひや。

Dsc04967

蓮如上人一夜宿跡の手前にある塩津橋が、事実上の出発点になる。

Dsc04968
右折し、奥ノ畑方面へ急崖を巻くように進む。
谷に落ちるその急崖は、雨乞岳西尾根の末端になる。

へつり、回り込むように台地に上がり、最初の渡渉をする。
奥ノ畑谷主流はまずまずの水量である。
すぐに左右に分かれ、右が主流で左は奥ノ畑谷右岸第1支流の一ノ谷。

Dsc04969
昨年の課題を復習しながら今日の歩き方を考える。

このまま主流にそって歩き、右岸から流れ込む支流を数えて四番目から上がる。
ただ右岸は急崖で歩き辛いし、左岸も似たようなもの。
ここは付かず離れずで、いつもの奥ノ畑メインコースを歩くことにする。

すぐに下の畑。

Dsc04970_1
気分的に左寄りに進みつつ、上の畑らしいところへ。
二ノ谷は過ぎたけど三ノ谷は枯れ沢か、それとも細いのは数えないのか。

右寄りの向こうへ行けば、奥ノ畑の主のシオジの大木が見られるけど、今日はオアズケ。
畑の左側がだんだん段丘状になる。
もう少し先へ行ったほうがいいのか、このまま上がってもいいのか。

取り付く分にはなんとかなりそうなので急斜面を上がる。
最初こそなんとかなったが、すぐにつかむものがないときつい上がりになる。
立ち木をうまくつないでわたって行かないと、踏ん張りが大変。
横を見ると斜度は30度ぐらい、筋力が衰えているので少し辛い。

Dsc04976
見上げても先はまだずっとあり、とにかく上がっていく。

Dsc04977
少しゆるやかになってきたので振り返り、今の位置を確認する。

目印になるのは、奥ノ畑谷の左岸稜線の崩壊斜面。

Dsc04978

きつい斜面を休みながらとにかく上り、それとなく尾根の端にたどり着く。
結局、自分はどこから取り付きどこら辺に来ているのか、地形図でも見る。
ちょっとした稜線になり、うるさい馬酔木の群生を避けながら進む。

やせ尾根は東から東南方向になったので、ようやく位置がわかる。

Dsc04980
広い尾根はやがて開けた展望地になる。

Dsc04981
むこう南に見えるのは明らかに清水ノ頭。

ただここは足元がとても注意、地形図でもはっきりと大きい崩壊地。
覗き込むのは多少とも安定したところからにする。

Dsc04986
進む先がはっきりしてきた。

Dsc04988
左側むこうには西尾根らしきが見え、その間のへこみが雨乞岳のへそになる。

Dsc04989
ただ「へそ」は近くで見るととてもそんな特異なものでないのは先回で承知済み。
さしづめこれのすぐ下の方で源流が出ているかも。
ただ西尾根と合体するまでにはふたたび急斜面がある。

Dsc04992
これが疲れた足にはやっかいで、上手にジグをきっていかないとずるっとすべり落ちていく。
ほうほうの態で低い笹原の広い尾根に到達、雨乞岳太い西尾根基部。
上りからは解放されるが、今度は笹原を上手に泳いでいかなければならない。

もがいている間に案の定、靴紐がやはりほどけていた。
ここから雨乞岳の山頂方面を見るが、今回もはっきり分からず。
人がいて、それは右手のはずれの方で、あれで最高地点なのか?

Y川さんのように「山頂には用はない」ではなく、自分には用がある。
適当に進むと、はっきりと笹原の分かれた道がありひと安心。
まずは「大峠の澤」という山頂の池を通して東雨乞岳を見る。

Dsc04997
少しだけ山頂に寄り、今日初めて会った人の姿と声を確認する。

Dsc04999
そう、忘れていた。
登山口から林道ずっと、もちろん奥ノ畑に入ってからはまるで人影はなし。
逆になんども鹿の警戒する鳴き声と、すぐ近くを飛び出していった獣とか。

杉峠に下る前にふたたび、広い雨乞岳西尾根の笹原を見る。

Dsc04996
この茫洋な尾根を、適当にでも下っていくのは、今の自分には難しい。

杉峠への下りは何度も通った道。
三箇所ぐらい、踏ん張りのきかないとても滑りやすい部分があった。
雨後のぬかるみも厄介だが、乾燥していても下りでは気をつかう。

Dsc05004

杉峠に下りる。

Dsc05005
ちょうど上がってきた三人組がいて、疲れた様子で休憩とのこと。
シートを広げて腰を下ろすのはいいとして、みんなビールですか。
くつろいだ後に、雨乞までの急な上りやすべる下りは大丈夫かな、いらん節介。

千種街道こと藤切谷道を下る。
峠近くからすぐに鈴鹿でも有数の大木があり、美しい並木道がある。
黄紅葉の時季とはまたちがって新緑が目にやさしい。

痛ましいのは一反ホーソの木の衰弱。

Dsc05009
半年でさらに衰え朽ちている。

大シデ並木が立派なのはいつも通り。
ただこちらも衰弱しかけている。
朽ちた木がさらに進んでいくとツナフレーク状になる。

Dsc05013
ここら辺、紅葉の時季のほうが鮮やかかもしれない。

Dsc05015

向山鉱山跡で昼食休憩とする。

Dsc05016
いつも静かで、樹木に包まれるようなところがとても落ち着ける。

塩津橋でふりだしに戻り、周回歩きを閉じる。
朝とは逆の光を浴びる。
長くて単調な林道歩きもなんのその。

桜地蔵さんは光っていた。

Dsc05022

今日の教訓

Y川さんのレポに触発された雨乞岳西尾根と真西尾根の歩きには満足。
彼の、宮指路岳ヤケギ谷右岸・左岸尾根の歩きも充実感は高かった。
そんな課題の見つけ方や目標の立て方、歩ける力の育成が必要かも。

Dsc05023

 

 

 

| | コメント (0)

2018年11月 5日 (月)

山歩き:西尾根から雨乞岳

山歩き:西尾根から雨乞岳

鈴鹿の秋を愛でる週間、第3弾は雨乞岳に西尾根から上がる。
黄紅葉には本命の千種街道があるので、往きがけに初めての尾根を歩く。
雨乞岳のヘソや、イブネ・タイジョウ・千種街道を見る展望台や如何に。
Dsc03029

【山行日】2018年11月3日(土)    
【山 域】近江鈴鹿:千種街道、西尾根、雨乞岳
【天 候】曇り一時うす晴れ、稜線の風は冷たい
【形 態】一部往復の周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋付近の駐車地、起点
P8:50--9:54蓮如跡--奥ノ畑谷一ノ谷--西尾根--11:40展望台--12:01雨乞岳--
--12:26杉峠--12:57向山鉱山跡13:27--13:41蓮如跡--14:36P

鈴鹿で紅葉といえば御在所岳、でも時期が長くてはずれがないのは千種街道。
藤切谷道には黄紅葉だけでなくシデやミズナラ、ブナ、カエデの大木が並ぶ。
西日に映える谷道は帰りの楽しみとして、往きはどのコースを選ぶのか。

定番の奥ノ畑か、ツルベ谷から清水ノ頭、それともタイジョウからイブネ方面。
ずっと気にはなっていても上がる機会のなかった雨乞岳の西に広がる尾根。
ヤブコギネットのY川師匠がこの春に西尾根と真西尾根のレポをあげていた。

黄紅葉にこだわらず、歩きに変化をつけるなら、今日こそがその日にふさわしい。

石榑トンネルを抜けるとそこは近江鈴鹿、最近はすっかり観光地のようす。
寝坊して1時間ほど遅くなったので、鳴野橋付近の駐車地はしっかり埋まっていた。
どうやって車を停めるか苦労しつつ、もたもた準備して歩き出す。

地元の作業の方が入山されているらしく、林道ゲートが開いている。
Dsc02947

千種街道、林道の歩きはじめは長くて単調だがウォーミングアップと考えればいい。
Dsc02949

桜地蔵では、Y川師匠に習い、家でなったみかんをお供えする。
今日のコースの一部はそのY川師匠のレポを参考にするので願掛けでもある。

蓮如上人一夜宿跡の手前にある塩津橋が、今日の事実上の出発点になる。
Dsc02950

その奥ノ畑谷出合で右折し、奥ノ畑方面へ急崖を巻くように進む。
Dsc02951

奥ノ畑谷に落ちるその急崖が、雨乞岳西尾根の末端になる。

高度感のある細くてへつる道の崖には、なんと取り付きの足跡が見える。
ここで尾根に乗れば、雨乞岳までは悩まずに一直線に行ける。
でもそれだとあまりに安易すぎる、少しは工夫をせねば、と先へ。

へつり、回り込むように台地に上がり、最初の渡渉をする。
まずまずの水量の谷、これが奥ノ畑谷主流。

いつもはここら辺から黄紅葉の森が迎えてくれる。
安閑とゆったり歩いて行けば楽しみはむこうからどんどんやってきた。
そんな3年間の歩きに決別すべく、今日は変化をつける。

すぐに奥ノ畑谷は左右に分かれる。
Dsc02952

右が主流で、左がおそらく奥ノ畑谷右岸第1支流の一ノ谷だろう。

どちらが主流(本流)でどちらが支流なのかは流れる水量で決まる、らしい。
本流に流れ込む支流とは、どの程度の流れからいうのか、それがよく分からない。
ふだんは枯れ沢だが立派な谷の姿形をしているのもある、それも支流なのか。
すべての谷(沢)には名前がついているらしいけど、名札が付いていることはない。
沢ヤさんならあたり前に知っていることだが、自分は疎い。

奥ノ畑谷から分かれた一ノ谷にはすぐに入らず、奥ノ畑谷を渡渉して中州に入る。
基本、渡りやすいところ、歩きやすいところを選んで行けばいいのだろう。
ここでは真ん中のヤセたところを進めばいいのか、川原に下りた方が楽か、悩む。
楽をしようと無理に川原に下りたのに、上がっていくとその先でいっしょになっていた。

地形図でみる一ノ谷は、奥ノ畑ほどではないが、緩やかな等高線である。
谷や川原がじんわりと台地状に広がっていくと、ダイラを期待してしまう。
それほどでもないのだが、その先のどこかに一ノ谷畑があらわれそうにも思えて・・・。
Dsc02961

すると支流というか分流が出てきて、どれが一ノ谷本流だったか分からなくなる。
こりゃだめだ、早く尾根に逃げなければ西尾根のつもりが真西尾根になってしまう。
ちょうど左側の尾根が低く下がってきていて、取り付きやすそう。

道はもちろんないし、斜面なのできつい上りになる。
今日はよく見かける鹿さんが、あわてて逃げていった足あとが残っている。
Dsc02963

変な穴に気をとられたりして、よっこらしょで尾根にあがる。

おそらく西尾根。
ここまであっちへふらふら、また戻ったりで時間だけはかかっている。
尾根はヤセていて上りも急になるが、一本道なのでペースは上がる。

両側にひろがる樹林も黄紅葉のはじまりで悪くない。
Dsc02970

現在地がピンポイントでは分からないが、樹間越しに見える山姿などであたりをつける。

杉峠の位置で高度をさぐり、崩壊が際立って見えるイハイガ岳で方角とか。
Dsc02967

Dsc02968

それにしても、あの崩れようはなかなかのもの。

右手に出てきたえぐれたような斜面が地形図の崩壊地らしい。
Dsc02973

その縁を上がっていくと、ちょっとしたコバに出る。
Dsc02977

焚き火跡のようにみえた黒い部分は、小さなヌタ場だった。

振り返り、その右手をみると、下りでは確かに引き込まれるそうな尾根がある。

次の目標は展望台であり、見たわけではないが「雨乞岳のヘソ」である。

「ヘソ」は、右手むこうに見える真西尾根との間の谷で、特異は見つけがたい。
Dsc02976

遠くから見てそれらしく想像し妄想し、期待して接近しないと喜びはないのだろう。

丈の低い笹原が出てきて、斜面はさらに急になり、一歩一歩が重くなる。
Dsc02979

Dsc02980

雨乞岳にはどんどん近づいているのに、広くてなだらかなので山頂が分かりづらい。

左手だけを注意して見ていると馬酔木の茂みがあり、その先に突き出しがある。
展望台だから露岩のようなものを期待したがそうではなかった。
Dsc02981

でもそこから北側には、270度の眺望が開ける。

正面、杉峠のむこうにイブネ。
Dsc02983

左にはタイジョウ尾根の先に近江平野がひろがる、滋賀県の山なのだ。
Dsc02982

右手には、雨乞から杉峠に下りる途中の露岩があり、人影もはっきり。
Dsc02988

立派な展望台だが、巨岩ではないのがちょっとだけ残念。

山頂へは丈が低いとはいえ笹原が横たわり、適当に歩くとすこし泳ぐ。
Dsc02995

案の定、もがいている間に靴紐が両方ともほどけていた。

ちょっとしたヌタ場があり、綿向をバックにデジカメる。
Dsc02998

ついでに南に続く尾根や南雨乞も。
Dsc03004

山頂に少しだけ寄り、東雨乞方面を見る。
Dsc03002

雨乞では一番の休憩地だ。

杉峠へ下りながら、あらためて西側を見る。
笹原がひろがりどこでも歩けそうだが道もないところを下りるのは簡単ではない。

杉峠への下り、いつもは湿っていて滑りやすいが今日は乾燥していてよし。
でも足運びを慎重にしないと、隠れた湿った地面に思わぬ落とし穴がある。

団体さんが接近中、露岩ではアウトドア料理教室真っ最中。
Dsc03008

ちょっと場所を借りて、先ほどの展望台を見る。
Dsc03010

いつも見えていたのに意識したこともなかった。

杉峠は千種街道の交差点、誰かが必ず休憩する場所になっている。
Dsc03014

左折し、千種街道・藤切谷道に入る。
Dsc03017

峠近くからすぐに鈴鹿では有数の大木があり、美しい並木道になる。
落ち葉が積もり、黄紅葉が南西からの光を浴びて映える。

うわさには聞いていたが、一反ホーソの衰弱があまりに早い。
Dsc03022

テントを担ぐ一団、今夜はイブネらしい。
Dsc03021

いつもなんども足の止まる大シデ並木、黄紅葉はどうか。
Dsc03027

もともとロケーションがいいので、それなりに様になっている。

向山鉱山跡で昼食休憩とする。
Dsc03032

こんな静かに包まれるようなところでなんの不満もない。
Dsc03039


塩津橋でふりだしに戻り、周回を閉じる。
朝とは逆の光を浴びる。
単調な林道歩きもなんのその。
Dsc03044

Dsc03045

Dsc03046

作業の方は木橋のゆるみや導水管の漏れなどを忙しく修理されていた。

今日の反省

黄紅葉はそれなりに、ここは街道の雰囲気がいいので必ず来たくなる。
雨乞岳の西に広がる尾根、次回は真西尾根だが、第4支流が探せるのか。
とまあ、それなりに次回につながる課題や目標ができてよかった。
Dsc03049


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 7日 (火)

山歩き:秋の奥ノ畑から雨乞岳

山歩き:秋の奥ノ畑から雨乞岳

鈴鹿で紅葉といえば御在所岳、でも時期が長くてはずれがないのは千種街道。
藤切谷道には黄紅葉だけでなくシデやミズナラ、ブナ、カエデの大木が並ぶ。
西日に映える谷道は帰りとして、往きは奥ノ畑がいい、なんやいつもと同じか。
Dsc04703

【山行日】2017年11月5日(日)    
【山 域】近江鈴鹿:千種街道、藤切谷、奥ノ畑、雨乞岳
【天 候】晴れ時々うす曇り、稜線の風は冷たい
【形 態】一部往復の周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋付近の駐車地、起点
P7:50--8:49蓮如跡--奥ノ畑--10:17稜線--10:33南雨乞--10:53雨乞岳--
--11:18杉峠--12:00向山鉱山跡12:35--12:49蓮如跡--13:47P

近江鈴鹿へは石榑トンネルを抜けていくのが近道、そこからが遠いけど。
連休最終日の鳴野橋付近の駐車地はしっかり埋まっていた。
もたもた準備して歩き出す。
くだんの千種街道、歩きはじめの林道は長くて単調なのが惜しい。
黄紅葉が朝日に透け、落葉が積もって・・・でも残念、車のわだちがくっきり。
P1100704

遊びではない、鹿の食害を防ぐために立ち木にテープを延々と巻く作業の方々。
P1100705


蓮如上人一夜宿跡手前の塩津橋を渡り、奥ノ谷出合で右折する。
P1100707

最初こそ少し高度感のある細くてへつる道を通り過ぎると、黄茶色の森が迎えてくれる。
道は奥ノ畑谷に沿ってあるようなないような、何度も渡渉をくりかえしていく。
南へ、そして南東、東へと進むので、輝く朝日が導いてくれる感じだ。
P1100710

光が透けた葉や照り返す赤黄の葉は期待通りではあるがそれ以上でもない。

明るくなってくると奥ノ畑の下の畑。
P1100711

シダ類が増えていて、手入れの行き届かない畑になってる。
畑といえばこの夏と秋、雨後すぐに伸びるので毎日イヤになる草刈作業が続いた。

道はあるようでなく、たまに赤テープや踏み後が交差する。
下の畑をすぎるとふたたび茶黄の森に入り、緩やかに上がっていく。
P1100714

なにがあった?

谷の音はずっと大きくて、主流からできるだけ離れないように進む。

上の畑に来る、こちらは植樹もありってか。
P1100715

そしてふたたび黄葉の森に入る。

こんな歩きがずっと続くような、ずっと続けばいいような、そして右手に。
奥ノ畑の主、シオジの大木。
巨木(大木)はいくらデジカメってもその大きさが伝わらないのが残念。
P1100718

しばしシオジの大木と戯れたあとは慎重に方向を選ぶ。
P1100724

先々回は、清水ノ頭を目指すためにすぐに右手の急な斜面に取り付いた。
先回の昨年は谷にそってもう少し上流へ、頃合をみて上がり、清水ノ頭のすぐ近くへ。

だから今日はまともに、いわゆる奥ノ畑峠を目指す。

森の景色としては最悪だが、樹幹につけられた赤ペンキがそれを示しているようだ。
時にそれを見て、視界が開ければ周囲の稜線を見て進んでいく。
それにしても奥ノ畑谷の水量はいつまでも多く、元気に流れている。
右手に分かれていく枯れ沢もあったが、しびれをきらして眼前の尾根に飛びつく。

踏み後もあったのだが、急な尾根の低いササの下はジュクジュクに湿っていて??
途中で、目指した峠や清水ノ頭を横目にしながらがっくり、さらに上が長い。
P1100725

雨乞岳から奥ノ畑を目指すあわてん坊が勢いよく下っていった跡だったか。

たどりついた稜線は眺めのよいところ。
P1100730

もう、峠に下りて清水ノ頭へ上りかえす気力などなくなってしまった。

急登で汗もかいたが、通り抜ける風が涼しいというか冷たい。
いつまでも行動着だけでは震えが来る、シェルターというのを羽織る頃か。
昔、ヤッケとかマウンテンパーカーを着て山に登り、すぐに汗が出て暑かった。
それ以来、ほとんど年中、行動着だけで歩いている。
ファイントラックのドラウトエア長袖にユニクロのドライメッシュ半袖Tシャツ、ともに速乾。
ソフトシェルとかライトシェル、アウターというのを考える時季や年頃かも。

稜線では背後からの日差しが暖かいのがうれしい、帽子をかぶる。

まずは南雨乞岳へ向かう。
P1100731

絶好の展望休憩地には先客がいた。

清水ノ頭から大峠へ、そこからツルベ谷へ下りるという、お気をつけて。
P1100732

南雨乞の狭い山頂は展望だけでなく孤立感あり、日向ぼっこ良しの休憩適地。
まだ昼食には早い.
東雨乞岳から雨乞岳へ続く美しい稜線や、御在所岳・鎌が岳を見る。
Dsc04694

今日も東雨乞岳には人影が見える。

雨乞岳へは笹原の中、きれいな道筋が見える。
P1100733

最初こそよかったが、途中から外したようで笹の海に飲み込まれる。
P1100734

笹原を泳ぐではなく、もがき苦しみ、からまって抜けない足にふらつく。
もがいている間に靴紐が両足ともほどけてしまっていた。
こんな時は落ち着いて足元を見ること、笹の根元には疎や密があるのだから、と。

山頂に飛び出すと、ヌードルを食すたくましそうな若者たち、いつもこんなパターン。
P1100736

一応は山頂近くの池も見るが、何があるでもない。

杉峠への下りは滑りやすいので慎重に行く。
笹原に隠れた湿った粘土地面を見極め、急な斜面では足場を選ぶ。
独り静かに山を楽しむ、いいね。
P1100738

イブネに続く道。
P1100740

この連休もテント村が出現したことだろう、また行きたいものだ。

ススキの秋、樹林帯はすっかり冬支度。
P1100742

杉峠は山歩き人の交差点であり、誰かが必ず休憩している場所でもある。
P1100743

この杉峠からが今日の主目的で、千種街道、藤切谷道に入る。

すぐに鈴鹿では有数の大木の並木道、そして美しい道型。
P1100753

P1100752

落ち葉が積もり、黄紅葉が南西からの光を浴びて映える。

一反ホーソはどんどん弱っていくようで、痛々しい。
P1100757

大シデ並木ではなんども足が止まる。
Dsc04698

Dsc04701

Dsc04703_2

気に入った錦秋を切り取ろうとするがどこも同じ、じっくり味わえばいい。

それよりも道が荒れている。
P1100758

ごろごろの浮石が多いし、沢が広がって渡渉に苦労し、気がぬけない。

向山鉱山跡で昼食休憩とする。

いつものたそがれ場の奥に、お誂えの場所を見つけた。
P1100762

Dsc04705

今日のおかずはこれ。
Dsc04708

こんな静かな包まれるようなところでなんの不満もない、けど。

塩津橋で周回は閉じ、朝とは逆の光を浴びる。
Dsc04713

やっぱり千種街道、藤切谷道はいい。
Dsc04715

Dsc04717

単調な林道歩きもなんのその。
Dsc04710

Dsc04716

今日の反省

山の黄紅葉は中腹がそろそろで、千種街道・奥ノ畑は今週末が最盛期か。
自分の身の丈にあってはいるが、マンネリ感こじんまり観臭が強い。
メインが藤切谷道ならそこに到る道程にもっと新しい取り組みを入れるべきだと。
Dsc04702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月14日 (月)

山歩き:錦秋の奥ノ畑から雨乞岳

山歩き:錦秋の奥ノ畑から雨乞岳

ここにきて鈴鹿のあちらこちらからなかなかよい終盤の黄紅葉便りが聞こえてくる。
となると外せないのが近江鈴鹿の千種街道、そこに奥ノ畑からの雨乞岳を加える。
稜線は風もない青空、斜光が奥ノ畑と千種街道の黄紅葉に降り注いだ。
Dsc01579

【山行日】2016年11月13日(日)    
【山 域】近江鈴鹿:甲津畑、藤切谷、奥ノ畑、雨乞岳、千種街道
【天 候】曇りのち晴れ
【形 態】一部往復の周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋付近の駐車地、起点
P8:17--9:17蓮如跡--奥ノ畑--11:02清水頭--11:27南雨乞11:48--
--11:56雨乞岳--12:23杉峠--千種街道--13:20蓮如跡--14:15P

昨日は高校の同窓会で出身地に出向く。
Dsc01546

不参加の知人も多く、情報不明や鬼籍に入っていた方もいて複雑な気分。
46年前の姿と現在を結ぶために記憶を総動員、大変だが楽しい作業。
見て話せば昔日の素振りや考え方などその面影はどこかに必ず伺えた。
出席することにはかなり躊躇していたが、時に思い切りも大切かと。

さて久しぶりの近江鈴鹿、石榑トンネルを抜けていくそこは本当に遠い。

鳴野橋付近の駐車地はかなり埋まっていた。

準備して歩き出す。
P1070747

対岸の山腹が朝日に照らされ錦秋に期待を抱かせる。
P1070748

趣のある千種街道の歩きもはじめは林道で、それが長いのが少し残念。

黄紅葉は藤切谷にもしっかりと下りてきていて逆光に映えていい。

地元の軽トラックが追い越して行っては停車、ふたたび発車を繰り返している。
P1070750

最初の小屋のところでUターンして帰っていき、登山者の静かな世界になる。

千種街道のゆるやかに蛇行する道には落葉がしっかりと秋を主張していた。

蓮如上人一夜宿跡手前の塩津橋を渡り、奥ノ谷出合で右折する。
P1070760

最初こそ少し高度感のある細くてへつる道を通り過ぎると、黄茶色の森が迎えてくれる。
P1070761

道は奥ノ畑谷の沿ってあるようなないような、何度も渡渉をくりかえす。

南から南東そして東へと進むので、逆光の朝日が導いてくれる感じだ。

光に透いた葉や、きらきらと照り返す赤黄の葉に何度もはっとさせられる。
Dsc01548

カメラを向けて撮りまくるのだが、再生画像はさえないものばかり。

いつものカメラを数ヶ月前に落として壊したので、ずっと前の安物を使っている。
それが原因かと一昨日、通販で新しいのをようやく購入してそれも大事に持参。
その新しいのでも試してみたのだが、単純に自分の技術と知識不足だった。

明るくなってくると奥ノ畑の下の畑。
P1070768

シダ類が少し増えてきて、手入れの行き届かない畑になってる。

道はあるようでなく、たまに赤テープ目印や濃い踏み後が見られる。

下の畑をすぎるとふたたび茶黄の森に入り、緩やかに上がっていく。
Dsc01558

谷の音はずっと大きくて、主流からできるだけ離れないように進む。

上の畑に来る。
P1070779

そしてふたたび黄葉の森に入る。

そろそろあの主に会える頃だけど、見落としたのかな。
P1070785

心配は無用だった、右手の下方にはっきり、太い枝を広げた巨木があった。
P1070793

奥ノ畑の主、シオジの大木。

シオジといえばまっすぐに伸びた高木でこれは異なるが、樹皮はそのもののようだ。

巨木(大木)はいくらデジカメってもその大きさが伝わらないのが残念、ということで。
P1070791

しばしシオジの大木と戯れたあとは慎重に方向を選ぶ。
P1070796

先回は、清水ノ頭を目指すためにすぐに右手の急な斜面に取り付いた。

今回は谷にそってもう少し上流を目指し、できれば奥ノ畑峠へと。
でもそこはそれ、雨乞岳西尾根の崩壊地を見て、右手に稜線が見えた所で取り付く。
ゆるやかにケモノ道もあるようで(錯覚)、がしがしと上がっていく。
P1070803

稜線と見たのは手前の谷の左岸尾根だったが、なんとか詰めると峠には近かった。

清水ノ頭へは少し上がるだけで到着。
P1070809

展望のよいところで、この開放感がいつ来ても印象的だ。

奥ノ畑は眼下に見える。
P1070812

そこを後にして、雨乞岳方面に進む。

この歩きが自分にもだれにとっても気分がよいところで、だれもが撮る景色。
P1070813_2

笹が低いうちはいいけど、少しずつ背を上げると南雨乞岳へと近づいていく。

南雨乞岳へ到着、ここで昼食休憩。
P1070819

この狭い山頂(?)こそ展望良し、孤立感良し、日向ぼっこ良しの休憩適地。
Dsc01572

Dsc01573

日差しがきつくて帽子が必要だが、風もない日だまりには虫が集う。
Dsc01567

東雨乞岳から雨乞岳へ続く美しい稜線や、御在所岳・鎌が岳が見える。
P1070815

それにしても東雨乞岳には今日もたくさんの人が集っている。

さてと、笹の海を泳いで雨乞岳に向かう。

奥ノ畑では朝露で足元がけっこう濡れたが、ここの笹の海が大丈夫かな。
どうも濡れることはなさそうで、慎重に道筋を見つけていく。

ただ、にぎやかな人の声が聞こえる頂上直下こそ外して、がさごそもがいてしまった。
ばさっと山頂に飛び出したが、大人ばかりの団体さんで全く無視されてよしや。
P1070820

もがいている間に靴紐がほどけてしまっていた。

山頂となりの、先回はカエルの卵があふれていた池をちらっと見ていく。

へえ、ここから東雨乞岳がぽっかりと見えるではないか。
P1070826

ここから杉峠への下りは予想通り少し困った。

湿った粘土地面が滑りやすくて、急な斜面では足場を選んだ。
P1070832

杉峠からは今日のメイン、ふたたび千種街道に入る。
P1070834

すぐに鈴鹿では有数の大木の並木道、その美しい道型。

落ち葉が積もり、黄紅葉が南西からの光を浴びて映える。

一反ホーソは元気かな。
P1070837

また少し弱ったような。

大シデ並木ではなんども足が止まる。

気に入った錦秋を切り取ろうとするのが無駄な抵抗かもしれない。
Dsc01579_2

Dsc01583

でも下手な鉄砲でも数を撃てばなんとかなるかもしれない。

向山鉱山跡付近でたそがれる。
P1070846

これで満足しないとバチがあたるぞ。

今の人も、織田信長など昔の人も、危険だったかもしれないけど必要な道。

塩津橋で周回は閉じ、朝とは逆の光を浴びる。
P1070858

単調な林道歩きもなんのその。
P1070859

P1070862

イブネでテント泊した帰りの人の重い足取りがこの道にふさわしかった。
P1070865

聞くとイブネでは昨夜は15張りぐらいとのこと、テント聖地かいな。

今日の反省

山の黄紅葉は中腹まで下りてきて、千種街道・奥ノ畑はその真っ最中。
いい時期に、山域の選択も読みも当たり、充分に満足の歩きができて気分はいい。
秋の山歩き、出遅れ感が強かったけど、ここにきて文句はない。
スポーツクラブやゴルフ会に汗を流す同窓生を思い、異なる老年やそれもよし。
帰途、永源寺関連の観光客・車に我慢がまんの運転を強いられたのは仕方ないか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

山歩き:タイジョウからイブネ

山歩き:大丈から伊船

本日の目的はふたつ、久しぶりのイブネ詣と、千種街道の巨木と紅葉を見ること。
山域は近江鈴鹿だから、往きにタイジョウへの道で稜線に上がり、周回コースにする。
しかし、勘違いと思い込みと地図読みのミスで1時間のアルバイトをする、情けない。
Dsc08455

【山行日】2015年10月31日(土)    
【山 域】近江鈴鹿:タイジョウ、イブネ、千種街道
【天 候】曇り時々晴れ
【形 態】周回 単族 軽装
【コース】鳴野橋駐車地、起点
P8:12--8:51分岐--9:48コル--10:15向平西--11:06タイジョウ--11:50アゲンギョ--
--12:05イブネ12:24--12:54杉峠--千種街道--15:13P

まちがえて甲津畑の集落に入り込むと朝からたくさんの人々、しかも若い人を見かける。
観光バスを貸し切って、どこかへお出かけのようで、どんどん人が集まってくる。
登山口に近い集落は、いつでも静かなものと思っていたからびっくり。

鳴野橋に近づくと車はほんの数台で、紅葉の時季とはいえこんなものなの?
ちょうど出発しようとする人をみると、Kさんで、あらまあお久しぶりです。
でもKさん、会う時はいつもお連れさんや相棒がいる、不思議だ。

遅れて出ると前には大垣からの人がいて、出身地が同じなので懐かしさから少し話す。
Dsc08400

その方も千種街道の紅葉が目当てのようで、帰りは奥ノ畑へ寄りたいと。

面白いもので、コースは皆違っても帰りに再び駐車地で、顔を見合わせることになった。

橋をわたって最初の小屋が見えたところで道標に従い、タイジョウに向かう。
Dsc08524

石段が横に広がっているのは窯や鉱山ではなくて、段々畑のなごりなんだろうか。
Dsc08403

ゆるやかな道のような沢のような、ところどころテープがひらひらを歩いていく。
窯跡を左に見て、枯れ沢をわたると、勾配が出てくる。
尾根筋にあがったり、枯れ沢を横切ったり、ふらふらしながらどんどん上がっていく。
ひらひらテープや巻きテープ、200m標識が近づいたり離れたりで、戸惑ったり無視したり。
Dsc08409

それとなくコルらしきところが見え、右手にはしっかりとしたコブがあるのだからOK。
Dsc08411

少し時間がかかり過ぎたことを確認し、地形図を見る(この時点では間違いに気づいていない)。
ここからは北に向きを変えてやせ尾根を渡っていけば、タイジョウにたどり着けるだろう。

ということで、やせ尾根上の潅木をよけながら、アップダウンを越えていく。
それにしても、前方にもっと高い山頂が見えてこないとおかしいのに、ない。
Dsc08416

池になりそこねたヌタ場をすぎ、もうひとつコブを越えれば今度こそと思ったのに。

そしてたどり着いたピークの表示を見ると「向平西」。
Dsc08419

なんてことだ、まるっきり逆方向へ歩いていた。

タイジョウへの道を自分は、西から南のコルへあがり南のヤセ尾根を北上するもの、
と思い、その途中にはまだ見ぬタイジョウ池がある、と勝手に思い込んでいた。

あぶないことだ、思い込みや勘違いで道迷いから遭難、なんて一直線だなあ。
道理でここまで時間がかかりすぎていた、といつもくりかえす反省。

ここからは慎重に進む。
Dsc08426

うらめしく後方を振り返ると、無駄に往復した稜線が美しい。
Dsc08422

タイジョウに近づくと、苔むした岩がごろごろする庭園風があらわれる。
Dsc08427

ここは北側から巻き、北尾根にのってから上がっていくと山頂に到着。
Dsc08430

静かでどこかおもむきのある、ちょっとした広場。

ここからアゲンギョへの尾根道も間違いやすい。

だいたい地形図だと東尾根なのに、先の北尾根のすぐ近くに平行してある。

そして下降しながらゆっくり右カーブというか、東へ向かっていくのだ、間違いやすい。

その後、こんな大きなガレ場があったかなあ、とびっくりさせられたり。
Dsc08433

シャクナゲの繁茂するこのピークは落ち着けるなあ、と思ったり。
Dsc08439

むこうから来た三人組さんに「御在所はこちら?」と聞かれて、泡をくったり。

ゆったり高度をあげていくと広々としたアゲンギョで、そこで分岐を佐目峠へ向かう。

いつ来ても変らない、落ち着く通り道。
Dsc08441

あとはゆっくり、イブネ台地へあがればいい。

前方を大きな荷物を背負ったテント泊の方が、ゆったりのぼっていく。
Dsc08442

大きなザックに入りきらない荷物が外にはみ出ている、なんかすごい。
Dsc08443


イブネに上がる、広い。
Dsc08445

この開放感がなんともいい。

中心部に向かうと、もうこんな時刻にテントがはってある、気が早い。

とりあえず北端へ行き北部の山々を見て、そして銚子劇場を見る。
Dsc08452

Dsc08449

Dsc08454

Dsc08455_2

Dsc08456

ぐるっと歩き回るだけでよし満足。
Dsc08459

イブネから下りて、杉峠へぐるっと回っていく。

杉峠ノ頭にそこそこのブナがあり、そこにナタメではなくナイフの切りつけがあった。
Dsc08462

途中であった単独の若者もイブネでテント泊だそうな。
Dsc08463

杉峠で休んでいた四人組の若者もイブネテント組。
Dsc08467

そこから千種街道を少し下ったところの水場でも三人組の女性がいてテント組。

その内のひとりは明らかに自分よりずっと年配の方で、重い荷を背負っていた。

テント泊荷物を背負うなんて重くて無理、としている自分の情けないこと。

それにしてもイブネの人気はすごい、こんな時間でこうだから今晩はテント村ができている。

ここからは千種街道の巨木と紅葉を存分に愛でていく、るんるん歩き。
Dsc08470

時季もまずまずで、樹木が立派だから映える。
Dsc08476

Dsc08478

Dsc08479


向山鉱山跡付近、以前と同じところで、たそがれる。
Dsc08483

由緒ある街道は本当に味わいがある。
Dsc08504

Dsc08511

Dsc08514

Dsc08520


桜地蔵を過ぎた付近で前方に何人かの姿を認める。

なんとKさん御一行で、話している相手はY川さんではないか。

なつかしいというか、面映いような感覚。
Dsc08521


そんなこんなで駐車地に到着。
Dsc08525


帰りは最近ネットで盛り上がっている、渓流の里の道の駅に少し寄る。
Dsc08538

Dsc08531

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

山歩き:丁字尾根から新緑の御池岳

山歩き:丁字尾根から新緑の御池岳

花見はどうも不調、そこで新緑と山遊歩をゆったり味わうなら御池岳。
滋賀県側へも定期的に訪れないと道や土地勘が失われてしまう。
相変わらずの準備不足で、前夜にあわてて決定し、用意する。
Dsc05909


【山行日】2015年5月17日(日)    
【山 域】鈴鹿北部:君ケ畑、丁字尾根、御池岳、土倉岳
【天 候】晴れ
【形 態】周回 単族 中装
【コース】小又谷出合付近の駐車地、起点
P8:03--8:15取り付き--9:06丁字尾根中心--10:03御池岳台地--11:06奥の平--
--11:20幸助ノ池11:50--12:02台地--12:33土倉岳--13:18ノタノ坂--13:44P

石ぐれトンネルの手前にある竜ヶ岳、宇賀渓駐車場はしっかりとにぎわっていた。
ランドネ広告紙にも5月中旬には「大草原に放牧された羊の群れのよう」だって。
その前を通り過ぎて、わざわざ山の向こう側の奥地に進むのだから物好きだな。

蛭谷を抜け、君ケ畑を通り過ぎ、御池川林道をどんどん入り込む。
樹影が薄れ、川が広がり明るくなったところにある駐車地にはすでに数台の車が。
Dsc05791

抜けるような晴天なのに昨夜の雨か朝露か、駐車地も道も湿っぽい。
車から降りてあたりをうろうろし、何気なく靴先を見たら、ウェッ。

最近、山に入ると上からぶらさがっている毛虫さんがすぐに服に取り付いてくる。
かわいい尺取虫ほどの大きさで、指でぽんとはじいてすませてはいた。
しかし、足のつま先のコイツはかわいくないし、会いたくない。
朝のおだやかな気分からいっぺんに眼がさめてしまった。
今日はこれにも注意というわけか。

いらんことであわて、心乱され、もたつきながらも出発。
まずは林道を丁字尾根取り付き地点の・603付近まで歩く。
京都ナンバーの車が駐車していて、入口も踏み跡もわかりやすい。
コースとしては、ここから御池岳へ、帰りは土倉岳経由でPに戻るのが一般的だ。
京都ナンバー氏は往復なんだろうか、逆コースなんだろうか。

植林の中をどんどん高度を上げていく。
Dsc05792

時々、低潅木でわずかに蛇行するがわかりやすい道だ。

そして、木の密度が低いところで振り返ると、天狗堂が見られるって寸法。
Dsc05793

しばらくして尾根の肩に乗り、少し方向を変えると小ピーク・878に着く。
ここからは広い尾根をまさしく遊歩する感じ。

左手の西側は暗い植林帯で、右手東側はブナほか新緑で明るい樹林だ。
Dsc05797


樹幹越しの遠くに御池岳テーブルランドのボタンブチや天狗の鼻が見られる。
Dsc05800


丁字尾根中心の・918へは右へカーブしながらぐんぐん上がっていく。

今日はまずここで一仕事。

4年ほど前、ここら辺でシルバコンパスを落としたのでその捜索をする。
およそ見つけられるとは思わないが、せめてもの償いというか、罪滅ぼし。

あの時もそうだったが、この大木「おかあさんブナ」だって意識しないと見つけられない。
Dsc05802


それにしても倒木が多い。
Dsc05805


腰曲がりの木はどこなんだろう。
Dsc05806


自分の記憶が、いかにいい加減であてにならないか。

ここから御池岳へは、丁字の下半身部分を、たて棒ではなく、ぐっと曲がっていく。

一時話題になった例の遭難事件では、ここら辺からゴロ谷に下りたそうだが・・・。

右手にはすぐ眼下に小又谷の流れが見えている。
Dsc05816


向かう尾根はやせていて、シャクナゲの尾根になり、急なコブを越えていく。
Dsc05808


シャクナゲの花はほとんど咲いてなく、忘れたころにポツンとある。
Dsc05812


まあ、ひねくれ者もいないとさまにならない。

樹林が少し開けると、ボタンブチの岩場が違う角度で見られる。
Dsc05813


そして、ブナが増えてくると、「ブナ権現」に近づいていると感じる。

ここで、朝、駐車場でみかけた二人組の先行者に追いつく。
Dsc05817


地形図などの装備の準備もしっかりとした人たちで、着実に歩いている感じだ。

ここから御池岳へは急なのぼりになる。

これだけは避けようのないことで、踏み跡を追うだけでなく、自分に適した歩きに徹する。
とにかく高みを目指して登れば間違いはないので、気は楽だ。
逆に、先にある狭い尾根を目指して急坂の樹林帯を下るのは難しい、当然だけど。

コバイケイソウが繁茂している中、立ち木をつかみながら必死にあがる。
Dsc05823


手前が明るく開けてくると、御池岳テーブルランドというか、御池の台地に到着。
Dsc05827


ここからは苦しいのぼりはなく、散歩気分で自由に歩きまわれる。

この広々とした草原というか公園のような台地をお好きな方向へ進めばいい。
Dsc05829


天気がさえよければいつ来てもいいところで、広場恐怖症のねずみになった気分。

ということでまずは台地の縁を右手に向かい、大きく左回り(反時計回り)する。

この開けたところは、丁字尾根からはげたように見えていたところだろう。
Dsc05836

Dsc05841


藤原岳や茨川、南につづく鈴鹿の山々がぐわんと見渡せる。
Dsc05844


そして、丘のような樹林帯に入り、東ボタンブチらしいところを目指す。
Dsc05845


それにしても、少しうろうろするだけで同じように(?)歩いている人にどんどん会う。
この後もいったい何人の人に会ったことか。

以前は、最高点である丸山と奥の平、ボタンブチまで来たら引き返す人がほとんどだった。
でも今や御池岳に来たら、この広い台地を歩き回るのが常識のようになっている。

昨日、真の谷でテント泊した人は、河倉峠を目指してトラバースしたが途中で道を失ったと。
Dsc05833


なんともマニアックな地名を久しぶりに聞いたのでびっくり。

以前、真の谷からそのままトラバース道をたどれば土倉岳に行けると、すーたんと向かった。
うすい踏み跡はあってもガレ場ではずるずると落石するし、ずっと緊張感をともなった。
結局、途中であきらめて無理やり高みへのぼり、なんとか御池台地に辿りついたのだった。
地図の点線を追い求めて、同じようなことをやっている人はいるのだ。

次に会った若者にもびっくり。

「藤原岳へはどうやって行けばいいのか?」と、東ボタンブチで聞かれる。
谷をはさんだ向こう側を指差して、「あそこだ」と一応はこたえるが、それではとても。
彼は、藤原岳の頭陀が平を目指して急坂を下り始めようとしたから、あわてて付け加える。
「左へ、どんどん左へ」
Dsc05853


とてもたくましそうだし、度胸もありそうだから心配は無用だろうな、うらやましい限り。

ふたたび樹林帯の丘をのぼり、コバイケイソウ群落につかまり、抜け出そうと下り。
Dsc05846_2

そんなことをくりかえしながら、南峰とか東奥の平らしいところを越えていく。

奥の平には、さすがに休憩する人が多い。
Dsc05864

Dsc05867


その休んでいる人に「むこうへ行くと何があるんですか?」と聞かれる。

「うん、えーと、何もないよ。あてもない散歩と同じ」

ボタンブチや天狗の鼻はさすがに人が多い。
Dsc05869

Dsc05877


そこまで下っていく道だって、普通の山の山頂らしくなくって、それがいいと思うけど。
Dsc05872


丸山は省略し、ここからは戻りながら、休憩用に幸助ノ池を目指す。

池は、日差しを鈍く照り返しながら静寂を保っている。
Dsc05890


座るところがなさそうなので、まわりこんで外周のここで休もう。
Dsc05888


それにしても、見晴るかす波打つ尾根の新緑のすがすがしいこと。
Dsc05889


さて帰るとしよう。
Dsc05898


たらたらと土倉岳の下り口へ行く。

何もないけど丁字尾根下り口のとなりだから、いいだろう。
急坂をおりて細い尾根の中心をわたっていけば問題はないはず、と。
この急坂にもうっすらと踏み跡があるようなないような、適当にジグを切っておりる。
どんどん降りて行くと、尾根が細くしまってくる。
Dsc05912


更に下っていくので内心、おかしいと思い樹幹越しに左手をみると緑の壁がある。
やっちまったな、油断した。

下り口のミスと、ジグを切りながら右手に行き過ぎていた。
地形図で確かめると、丁字と土倉の間にはふたつ小さな尾根があるではないか、唖然。
戻るのもしゃくだが、左の緑の壁の高さまでは上がらないといけない。
自分のアホさをのろいながら、斜め上にトラバしながら進む。

なんとか土倉への尾根に出て、ここの下り口を思い出した、遅いけど。
樹林帯ではなくて、樹林と禿げた部分との境という分かりやすいところだった。
Dsc05915

丁度その時、タイミングを計ったかのように空から呼びかけの声がする。

「登山者のみなさん、気をつけてください」
Dsc05920


本当に、見透かされているな。

展望は開けないがすこしの空き地にある土倉岳。
Dsc05922


ここからは道がしっかりとしている。

それ以上にうれしいのが、美しいブナの林であること。
Dsc05924


植林帯を下るようになると、ジグザグに鉄塔巡視路がある。
これが疲れた足にはとてもやさしい道なのだ。

あわて者の登山者が、その間を無理やりショートカットする道を作っている。
それって、早いようで、時につんのめるから、そうとは思えない。

ノタノ坂に出る。
Dsc05930


昔の仕事道だから歩きやすいかと思えば、ちがう。
なぜかこの伝統的な道は狭くて急で、はしょらされる。

林道に出て、最後の難関というか、渡渉するところだが、すぐ下流に飛び石があった。
なるほど、上手に土木工事されてる。
Dsc05937


助かった。

準備はいい加減だったが、新緑のブナの杜を味わい、広い草原をなんとか遊歩できた。
なんか知らんけど、ありがたいことだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

山歩き:雨乞岳(ツルベ谷から)

山歩き:雨乞岳(ツルベ谷から)

黄紅葉を求めて鈴鹿は、二番目の高い山へ。
晴れの天気予報も、山では関係なし。
ササヤブコギで全身ずぶぬれ、風も冷たくて晩秋か。

033

【山行日】2012年11月3日(土)
【山 域】近江鈴鹿:雨乞岳、千種街道
【天 候】曇り、風強く濃霧
【形 態】一部往復、周回 単族 軽装
【コース】甲津畑、鳴野橋駐車地起点

P7:43--8:36ツルベ谷出合--9:12大峠--10:21清水頭--11:01雨乞岳--
--杉峠--12:08鉱山跡12:26--12:39蓮如遺跡--12:49出合--13:45P

明日4日の日曜日は大学駅伝で交通規制あり。

なんとか順調に、石ぐれトンネルを通り抜ける。
天気だけはずっと曇り、路面は雨で濡れている。
甲津畑から鳴野橋へ至る、駐車車両はまだ数台。
もたもた準備して長い林道を歩き始める。

001

石川県から来た人、奥ノ畑から雨乞という方、など。

ツルベ谷出合から標識に導かれ、谷に入る。

005

地形図の破線道ではなく、何度も渡渉を繰り返す。

紅葉はまずまず、少し寒くてしっとり感が強い。

006

随所に窯跡があり、鈴鹿はどこでも昔の生活が残る。

沢の流れはいつの間にかなくなり、峠へ上がる。

007

大峠はさびれた感じで、特にイハイガ岳方面はその感じが強い。

ここから稜線へは結構急な登りになる。
踏み後があるようで、あまりはっきりしない。
尾根に上がると右側、南側がガレていてヤセ尾根になる。
ヤセ尾根なので道ははっきりとしてくる。

013

天気はいっこうによくならず逆に風とガスが出てくる。

この露岩周辺の黄葉は見事で、展望もいい所なのに、惜しい。

016 018

狭い道にシャクナゲや馬酔木が絡んでくると少しやっかい。

徐々に尾根が広がり、黄葉もまあまあ、いい感じだ。

019

どこでも歩けるような、蛇行する道を進む。

地形図では南から東へ直角に左折するのだが、はっきりせず。

ただただ、だだっ広い黄葉の森をふらついていく。

027

右に植林帯があらわれ、ヌタ場もある、興醒めだな。

029

それとともに、ここまで夏服でも汗をかきつつ歩いてきたが、
ここら辺から汗も引き、ぶるぶる寒さも感じ、合羽を羽織る。

そして高度をどんどん上げていくとぱあっと草原に出る、はず。

030

残念ながらガスはますます勢いを増していた。

風が強いので、時折、視界が開けるがそれは一瞬のこと。

せっかくの清水ノ頭もただただふきっさらしの台地になる。

031

奥ノ畑方面を見下ろせるのだが、それも一瞬、はかないこと。

032

それ以上にやっかいなことが起こってきた。

霧雨に濡れた草原は裾と靴をどんどん濡らしていく。

稜線漫歩、視界全開、ルンルン軽快に歩ける道がこれでは。

033_2

ただ進むだけだが、もっと嫌なことが出てきた。
ササがしっかりと雨露をつけ、しかも勢いがある。
それは南雨乞への登りでもうんざりと感じたこと。

そこから雨乞本峰への15分間は最も悲惨な時間帯となる。
道は不明瞭で、ガスと風は強く、ササの背丈はもっと高くなる。
踏み後がはっきりしないから道を外す、激ヤブコギになる。
ササ海を泳ぐなんて気分にはまるでなれない。
胸までびしょぬれになり、冷たくて、気を抜くとずるっと滑る。
早くこんな時間は終われ、ああ、つまらん、本当にやっとれん。
話し声が聞こえてきた、ようやく終わりになるのか。
それはしっかりと雨乞岳山頂まで続いた。

飛び出た山頂には人がいた、しかもお湯を沸かしている。
こんな天気を嘆きつつ、人がどんどん集まってくる。
濡れねずみの自分は、靴ひもが両方ともほどけていた。

とてもここにとどまる気分にはなれず、杉峠へ下りる。

いつもは展望の良い露岩も、何の意味もなさず。
急坂なので慎重に行くが、よく滑ること、ずるずるだ。
濡れていることもあるが、靴の性能が落ちたのか、歩き方か。

ホントにつまらん、やっとれん。

杉峠に下りると、若者がふたり。

036

頂上の天気はどうですか、食べるところはありますか。

お答えするのも気の毒で。

千種街道に入るとガスもおさまり、しっとり感が出てくる。

037

そうだ、今日の目的は黄葉だ、ゆっくりと愛でればいい。

たらたらと下りていく。

驚くことに、こんな天気でもどんどん人が上がってくる。

みんな天気予報にだまされてきたのかなあ。

039

テント装備の人ともすれ違う。

041

向山鉱山跡の一角に落ち着ける場所を見つける。

047

そんないい場所は随所にあるのだが、まあここでいい。

053

最近は山歩きしていてもほとんど腹が減らない。
水だけこまめに飲むだけ。
でも、のんびりゆったりする時には火器もざぶとんも必要だな。

051 050 054

そんなことを痛感しながら、長い林道を歩いて戻った。

060

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年5月13日 (日)

山歩き:タイジョウからイブネ・銚子

山歩き:タイジョウからイブネ・銚子

雨乞岳へ続くいくつかの尾根で気になっていたのがタイジョウの尾根。
昨年の「銚子が口から銚子」ではるか対岸からこの尾根を眺めていた。
ついでに昨年できなかったイブネへの年参り。

093

【山行日】2012年5月13日(日)
【山 域】近江鈴鹿:甲津畑、タイジョウ・イブネ・銚子
【天 候】晴れ
【形 態】尾根周回 単族 軽装準急
【コース】甲津畑鳴野橋付近の駐車地

鳴野橋7:30--造成林道--向平南尾根--8:51P962--9:51タイジョウ--
--10:48アゲンギョ--11:05イブネ--11:27銚子11:54--熊ノ戸平--イブネ--
--12:37杉峠--千草街道--13:18蓮如上人旧跡--14:13鳴野橋

はじめてイブネに登ってから6年、毎年来ていたのに昨年は来られなかった。
ならばではないが、朝明ではなく近江から入山するのも面白そうだ。
できることなら、タイジョウの尾根からつめてみたい。
カクレグラもまとめて面倒みたかったが欲張りは禁物、まずは安全に。

近江鈴鹿は遠いので少し早めに家を出る、休日の朝の道路は順調そのもの。
石ぐれトンネルを抜けて永源寺ダムを見ると結構な水量で、秋とおおちがい。
甲津畑では集落の袋小路に入って引き返す羽目に、まだ学習できてない。
鳴野橋近辺にはもう数台なのか、ほんの数台だけなのかという駐車。
準備をし、橋を渡って、前回気になっていた舗装された林道を歩く。
未開通の造成林道だそうで、計画では杉峠を越えて神崎川へ抜けるという。
鈴鹿の奥座敷にどでかい穴を開けるおぞましい土木工事といえる。

対岸の林道岩ヶ谷線と高さをそろえてぐんぐんと上がっていく。

杉峠から渋川が、フジキリ谷を造っている。

003

落石は片づけられたのかほとんどなく、すたすたと進む。
が、ほどなく土が盛られて行き止まりになった。
西内本にある「沢を渡り、土手を越えて、斜面が緩く」なったら尾根に向かうのだが、
沢歩きを知らないので、すぐに尾根に逃げてよじ登ってしまう。

123

帰り、対岸の林道から撮る。白いガードレールの林道、右の尾根を上がった。

今日の上りのほとんどがこのP962向平南尾根だからうまく上がれればいい。
ヤブをかき分け強引に進むにつれ、尾根がはっきりとしてくる。

004

踏み跡らしきものもあらわれ、歩く先に赤テープが見えるようになる。

地形図を読み、コンパスで方向だけは気にしていたのだが、
まるで強引適当でも、一応正解と言われているみたいでよかった。

立木の間を抜けていくのは普通の尾根のぼりだが、馬酔木にはかなり邪魔された。

850㍍を越えた辺りで尾根が広がり丘陵状になる。
二次林の広場には、ふだんはヌタ場の臨時の池もあらわれた。

007 008

再び馬酔木が増え、急なヤセ尾根を上がりつめると稜線上のP962に出た。

少し開けた感じのいいピークだ。

009

カクレグラからの道が来ているかと思えばそんなにはっきりしたものはない。

そこからは稜線の下りになるので、方向だけは慎重に選ぶ。

谷を隔てた向こうには銚子が口から銚子に向かう尾根稜線が見える。

010

佐目子谷方面はガレているのであまり近づけない。

タイジョウまで稜線漫歩を期待したが、ヤセ尾根で結構気をつかう。
すぐに再び尾根は広がりいい雰囲気になるが、それもすぐに終わり。

014

向かう先のタイジョウがあまり見えないまま、ヤセ尾根を上下する。

017

黄色の注意テープがはためくガレた鞍部をすぎるとヤセ尾根の急な登りになる。

020

佐目子谷側は相変わらずガレていて、そんな急斜面に杉が直立する不思議。

021

いよいよタイジョウか。

022

なるほどタイジョウの手前には苔むした岩がごろごろしていた。

正面には立ちはだかるような壁岩があり、突破はきつい。

025

左手、北側に尾根があるのでそちらへトラバしつつ回り込んでいく。

シャクナゲの繁茂するところをつめていくとタイジョウに出た。

026

展望がない、とは聞いていたがそれも気にならない明るい雰囲気の頂上だ。

028

明るく開けているので落ち着いている。

山頂表示がいくつもあってにぎやかで、昨日つけられたプレートもあった。

029_2

広い山頂を歩きまわりながらゆっくりと杉峠方面へ下っていく。

シャクナゲ三姉妹。

034

踏み後にさそわれ気持ちよく明るい尾根道を下りていくと正面にはっきりとした山姿。
あれは雨乞と清水ノ頭ではないか?
しまった、コンパスを見ても真南に向かっていた。

戻って東方面の尾根をさがす。
これが簡単にみつかると思ったがみつけられず、どうもおかしい。
先ほどの北尾根と平行しているのが地形図にもあるからそれではないし・・・。
結局、少し北へ向かいつつ東に曲がっていく尾根が正解だった。

この「尾根の下りの最初の下り口をきちんとみつける」というのが自分の弱点のようだ。

さて、杉峠へ向かう尾根は今まで以上にヤセて木の根っこだけでもっている。

035

まるでクラシ北尾根のような感じ。

ただこの尾根のシャクナゲの繁茂はすごい。
途中の船底とも二重山稜ともいえるあたりは特にたくさん茂っていた。

040_2 036

ただ残念なことに咲いていたのはほんの少し、つぼみも少くて早いのか裏年なのか。

でも、ごくまれに咲いているから嬉しい。

042

アゲンギョに近づくと今度は二次林の美しさに目を奪われる。

045 047

ここまでが未踏ルートで、佐目峠への分岐からはよく知った所なのでほっとひと安心。

049

今日の目標は達成できた、あとはイブ・クラ・チョのトライアングルを楽しむとする。

佐目峠劇場であり、

051

イブネ台地の山上庭園を歩きまわり、

056 055

イブネ台地の向こうに雨乞岳を浮かべ、

058

御在所の舞台裏を眺め、

092

近江方面を見やり、

059

イブネ北端からクラシをさがし、

063

銚子サブステージを見下ろす。

062

ついでに、じっくり熊ノ戸平も歩く予定。

少し遠いが銚子まで行こう。まずは尾根伝いにわたる。

065

銚子へ行けばそこから、今日歩いてきた尾根稜線が見渡せるはず。

071

でもいくら見ても??? 樹林が邪魔して見えない。

仕方がない、ここ銚子で休憩だ。

眼前にイブネ劇場が広がる。やはりここは落ち着く。

073_2

昼食後は熊ノ戸平に下りていく。

最近、ネットで人気急上昇中。

佐目子谷の源流はしっかり水量がある。

076_2

ごろごろ岩も面白い。

083

イブネへと(イブネから)しっかり道ができている。

086

さて今日の仕上げは、杉峠から千草街道を下りること。

096 097

もう雨乞岳へ向かう気力・体力はない。

千草街道は昨年初めて通って、鈴鹿一番の巨木道と確信した。

100 105

その巨木並木を、歩きやすい道で、楽々見ていけるしあわせ。

114

ただ最後の林道歩きが長すぎて、クールダウンにはならなかった。

119

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

山歩き:奧ノ畑谷から雨乞岳

山歩き:奧ノ畑谷から雨乞岳

石ぐれ峠トンネルで滋賀県は本当に近くなった。
鈴鹿山脈へは、西の滋賀県側からも登山道がたくさんある。
今まで、西側の人のレポを読んでも分からなかった登山道や地名。
それ以上にレポに書かれたうらやましい記述の数々。
あこがれの地かそれとも隣の芝生なのか、自分の目で味わう。

056

【山行日】2011年10月29日(土)
【山 域】鈴鹿:雨乞岳、甲津畑
【天 候】晴れ
【形 態】周回 単族 軽装準急
【コース】岩ケ谷林道駐車地起点
登山口8:24--9:02小屋--9:27蓮如上人遺跡--奧ノ畑谷--10:48清水ノ頭--
--11:13南雨乞岳11:35--11:44雨乞岳--12:03杉峠--12:52蓮如上人遺跡--
--13:11小屋--13:48下山口

永源寺ダムは工事で干上がり、紅葉の名所、永源寺はまだまだ静か。
登山口の甲津畑を目指して進むが、なれない土地は難しい。
手前の集落に入り込んで間違え、イノシシ除けの柵で行き止まる。
御池川林道沿いの集落とは違って、こちらは現役ばりばりの町だった。
アスファルト舗装のきちんとした道を進み岩ケ谷林道手前の駐車地に停める。

001

すでに十数台の車が停まっていて人気の登山口のようだ。
林道に入ってからも舗装道路は500㍍ぐらい続くが、道は狭い。
植林のうす暗い道の左側は谷までかなりの高度である。
山がキノコの私有地で入山制限され、人の手がしっかり入っている。
随所に名所旧跡案内があるのもその表れか。

002

あの善住坊が隠れた岩らしい。

095

桜地蔵もそんな薄暗い植林の中にあり、レポで有名な羊羹は今日はなかった。

005_2

この林道歩きを時間短縮するためにバイクで入る、というのも合理的だな。

橋を渡って山道らしくなりかけた所に最初の小屋があった。

007

自由に使ってもよいとのこと、水場もトイレもある。

093

入口の戸の構造が少し疑問で、まむしに注意もうむむ。

大峠へ向かうツルベ谷出合付近からは明るくなり黄紅葉も見られる。

014

この千種街道は道型もいいし、落ち着いたいい道だ。

010 012

次の出合の雰囲気も良くて、すぐに蓮如上人遺跡だった。

017_2 018

ということでその手前に戻り、奧ノ畑谷へと入っていく。

野登山へ向かう一ノ谷とも、三国岳へ向かう阿蘇谷のようでもある。

道型は最初こそはっきりとしていた。

地形図には田んぼマークがあるのだからかつては段田があった?
土砂が流され堆積した扇状地ともダイラ地形とも。

022

周囲を稜線に囲まれ光がさんさんと振り込んでいい雰囲気だ。

025

奧ノ畑の下の田んぼ、そして離れて上の田んぼ。

020 023

沢の流れはずっと元気で、上の畑からどうしようか悩む。

そのまま詰めていけば、奧ノ畑峠へと向かうのだが。

ずっと右岸を歩きながら、右下の沢を見下ろすと、巨樹がある。

027

これはとても大きい。とても目立つ。この時までは今日一番。

奧ノ畑に来た人はおそらくみんな見ているのだろうが、レポでは見逃していた。

三重県側の鈴鹿ではあまりない大きさなのでしばし見とれる。

029 028

そこで沢を左岸に渡り、そちらから詰めていくことにする。

これがどうも間違いだったようで、すぐに行き場は狭まった。

だったら右岸に戻ればよいのに、そのまま急斜面の尾根に取り付く。

ここらへん、がまんができないというか、すぐ尾根上に逃げる自分の癖とも。

清水ノ頭の西方、北へ落ちる尾根で、そこを樹木ほか掴んで強引に上がっていく。
無理矢理の上がりで最後はカカトが本当に痛かった。

稜線に出ると、大峠からの道が来ていて、これは楽になって助かった。

033

すぐに清水ノ頭で、うわさに違わず気持ちのいい所だった。

稜線で四方に展望が開けるのだから当然といえばその通りなのだが。

ここからは稜線漫歩、これぞ尾根歩きの快楽ともいえる。

046

振り返れば綿向山やイハイガ、そのむこうに近江盆地。

045

予定を外した奧ノ畑峠から黄紅葉の奧ノ畑谷を見下ろす。

向かう先には雨乞岳の各ピークの稜線が美しい。

052

南雨乞への上りこそ背丈の笹を泳ぐが、頂では気分良く一服する。

遠くから登山者の声がひっきりなしに聞こえるから今日の雨乞岳は人気だ。

だったら、ここで休憩、昼食だ。

御在所岳、西尾根、鎌など初めて見る角度の稜線は楽しい。

054

いつもとは違う方向からの接近は新鮮で、山の見方が豊になる気がする。

しばしくつろいだ後、手強い笹ヤブを泳いで雨乞岳へ向かう。

ポンと頂に飛び出ると、やはり人がいっぱいだった。

東雨乞方面にはもっとたくさんの人出だ。

杉峠へ下りる道、これも展望が開け楽しいが、急なので気を付ける。

058

イブネ方面までしっかりと道ができている。

060

さて、杉峠からふたたび千種街道。

061

こちらも初めてのコースで、今日の楽しみでもあり課題でもある。

なるほどいい道型で、街道の樹木は大きい。

064

すぐにうわさの三番目の避難小屋。

065

まあいい所に立てられてはいるが、どんな使い方をするのだろう。

063

しかし聞いてはいたがその通りに千種街道は巨樹の街道。

067

この道を歩いていると、樹木は大きくて当然に思えてくる。

するとその大きさに慣れてしまって、怪童ブナすら見逃すわけだ。

歴史ある道だから年代を背負って樹木が大きくなるのは当たり前なのだ。

068

これが「一反ほうそう」、なるほどでかい。

069

この街道一番に非常事態が起こっているらしい。

最近訪れた秋狸さんが流行の虫にやられていると嘆いていた。

自分の初見がその痛ましい姿とはうむむ。

ここから向山鉱山跡までの並木と街道の素晴らしさは鈴鹿一だな。

だから黄紅葉も映える。

075 077 079

これだけは自分の少ない経験でも言い切れる。

083 084 089

大シデがあって、沢音が澄む。

090 088

なんともはや、しっかり目の肥やしになった。

082

そんな秋の千種街道歩き。

016

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧